無料ブログはココログ

2017/08/23

8/23 「風さん、高木さんのヨーロッパ紀行」

風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行』(山田風太郎・高木淋光著 出版芸術社)を読みました。
03420467_1


昭和40年に団体旅行でヨーロッパに行った二人の推理作家の珍道中。
高木さんは「白昼の死角」とかを書いていた作家で、音楽にも興味があったみたい。もともとこの旅行の目的はドイツのバイロイトの音楽祭に合わせたものだったらしく、風さんのほうは音楽に興味なくてなんとなく高木さんに誘われて行ったみたい。風さんのほうは「甲賀忍法帖」とか「魔界転生」の作者らしい。
高木さんのほうは「ぼくのヨーロッパ飛びある記」として出版していたとのこと。今回のこの本はその復刊にプラスして風さんの未公開日記が載っていたの。 上段に飛びある記が、下段に未公開日記が印刷されていました。同じ日の出来事だけど違う視線で書かれていて興味深かったです。 高木さんのはちゃんと読み物として完成してるけど、風さんのはいわゆる日記なのでもっと素直な記録。食べたものがしっかり書かれていて、機内食はイラスト、といっても文字で「テイ」「バタパン」「桃」「トマト」とか配置後とに書かれているの。私が旅行したときにつけているメモはこっちに近いよなーと思って見ていました。
50年以上前の海外旅行なので今と勝手が違っててすごく興味深かったです。
まず金額。8/3から9/4の1ヶ月間で689,000円。こう書くと今と変わらないんじゃ?と思うけど、大学の初任給が2万円の頃。 とすると今に換算すると・・・・・20万位だって。という事は10倍すると・・・・689万円!!!!どひゃひゃーーー
旅の途中で高木さんは壊れたカメラを修理するためタクシーで片道350キロをすっ飛ばしていったと書いてあったのだけど、ドンだけ掛かったろうか? 二人とも人気作家で死ぬほど金を持っていたんだなぁ。羨ましい。
子供の頃の海外旅行って「すばらしい世界旅行」とか「兼高かおる世界の旅」なんかのテレビでしか体験できなくてさ、よく見てたよねーー
昔のヨーロッパなのでまだ国ごとに通過が違い、毎回両替して、通貨の単位に頭悩ませて、手数料取られて・・・・って大変そう。 「ヨーロッパ合衆国が出来るまであきらめるしかない」みたいな旨が書かれていたけど、今はユーロだから楽だよー。 クレジットカードも便利だよーー そいでもってシェンゲン協定? 入国のたびにパスポートのチェックが要らない奴、あれもいいねーー
この人たちの旅はまず船でソ連に渡り、シベリア鉄道を通り、モスクワへ。今度行くところなのでしっかり読みました。まぁでもこのときと違ってロシアになってるしねー
その後はアムステルダムへ。飾り窓の話とかなんか海外に買いに行ってるって気分悪いなぁ。とは言え私もしっかり見物に行ったけどね。
あとやっぱり時代のせいか二人とも女性蔑視って感じはしたね。 そこまで気にはしないけどね。
そしてロンドン、パリ、ローマあれ?ドイツいつだったっけ?パリのあとがミュンヘンでオーストリアに行ってバイロイト、ジュネーブ、ヴェニス、ローマ、アテネ、そしてみんなと別れ2人旅となったフランクフルト、ベルリンだったよ。
私が行ったところも何箇所か出てきたけど、多分建物とかは50年位では変わらないんだろうね。食べ物とか日本人への対応とかは変わってきていると思うけどね。
そうそう、日本料理の評価があのころはめっちゃ低かったらしく、今の日本職ブームを二人が知ったらびっくりするだろうなぁと思いながら読んでいました。 この時代と今では日本に対する欧米人の評価はめっちゃ変わったよね。日本食、日本人の礼儀、道徳心めっちゃ評価良いよ。ただどんどんその素晴らしい道徳心は下がって行ってる気はするけどね。情けない日本人が増えてきた気がするよ。
あぁ私もヨーロッパ漫遊したーーーい。
そういえば昔読んだ少女漫画家のヨーロッパ旅行エッセイ漫画(?)と比べると見ているところや評価が違うよね~ あのコミック読んで余計ヨーロッパに憧れたものだもんなー
そうそう、女性の買物や集合時間の守れなさを嘆いていたけど、まぁそれはわかるなー 時間守らないやつがいるとツアーは大変だもんなぁ。

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「「忍法帖」の山田風太郎・「神津恭介」の高木彬光、2人の巨匠が敢行した抱腹絶倒のドタバタヨーロッパ珍道中!高木彬光の旅行記再刊行に加え、山田風太郎の秘密の旅日記を初公開。直筆イラスト・写真・その他新資料を多数収録。」となっていました。

じゃあね

2017/08/18

8/18 「横濱エトランゼ」

横濱エトランゼ』(大崎 梢著 講談社)を読みました。
Index


今年刊行された本。横濱が舞台で、主人公は高校3年生、進路が決まってバイトが出来る状態の千沙。
タウン誌の編集部をバイト先に選んだのは近所に住む片思い中のお兄ちゃんが仕事しているから。 舞台は横濱なのに読んでいるとついつい神戸と勘違いしてしまいました。似てるよねー 田舎者からしたら神戸と横濱。
異人館とかきくとやっぱ神戸だもんね。自身の被害にあったのも両方だよね。横濱が関東大震災ですごい被害にあったとは知らなかったです。
5つの話、5つ謎。面白かったです。でも大崎さんの中では興味度は低かった、かな?
横浜にもゆっくりたっぷり行って見たいなぁ。

【「TRC MARC」の商品解説】には
「元町百段、山手洋館、馬車道…。高校3年生の千紗は、タウン誌のアルバイトを通して横浜の歴史、不思議、そこで暮らす人々の想いを知る。ノスタルジックでハートフルな連作短編集。『メフィスト』掲載を単行本化。」となっていました。

今日は支社で会議。
営業所に迎えに来てもらって3人でランチへ。最初に行く予定だった店が今日はやすみだったのでさて、どこに行こうか? 結局3号線沿いの中華の店へ。 680円のマーボー茄子定食。 ごはんは大盛り、ろとろろスープ、ザーサイ、レタスのサラダともやしのなんか。私らの後に入ってきた客は全て男性。 ありゃーここはガッツリ系の店だったのかー いや、コスト的にとても良かったです。 ただ次は寒いときに行きます。
そして晩は28年度に全国一位になったのでその祝賀会。
とても美味しくいただきました。ただこの前の事があったので欲張って食べないよう、飲まないよう気をつけました。
お肉が最高に軟くておいしかったーー オレンジジュースもグレープフルーツジュースも濃くて美味しかったです。
デザートのブラウニーも本当はもっと食べたかったけど我慢したじょ~(笑)
ケータイしか持ってなかったので写真は無しです。
帰りも宇土までは乗せてきてもらいました。

あー、楽しかった。 明日は休みだしねー

じゃあね

2017/08/14

8/14 「クローバー・レイン」

今日行こうと思っていた展示会、月曜は休みだった。行く前に気づいて良かったーー
ということで今日も午前中からホケGO。
雨の予報だったのですがとうとう降り切らずに夕方。 蒸し暑いけど日差しがない分まし?
サンダーのレイドに行って久しぶりに捕まえました。今日までだったのでいい個体値のサンダーがゲットできて良かった~ 流れでルギアのレイドへも。 勝ったのにバグッて結局ゲットチャンスの画面に行かなかったの。 こんなパターン、初めて。 でもま、勝った後のご褒美の品まではもらえていたようなのでまぁしゃーないか。

ランチはお気に入りのワンコインランチ、焼肉炎で食べて、その後もうろうろ。
ジム潰す間とか私は読書。
読み終えたのがクローバー・レイン 』(大崎梢著 ポプラ社)
です。
25189962_1


今回の主人公彰彦は大手出版会社千石社の編集者。
なんだか久しぶりに出版関係の物語。でもこの本は謎解きではなく、1冊の素晴らしい物語に出会い、それを本にしそしてうずめることなくちゃんと売る、っていうまでの話なんだけど、珍しく恋愛から身・・なのかな?
本をうるための書店の人々の物語、そして売るための営業の人々の物語を読んできて今度は作者ではない作る側の話。 いやー普段何気なく手にとって読んでいる本にも本当にさまざまな人々が絡み、色々な出来事があり、一生懸命の末に届いているんだねぇ。
今回の本もよかったよー ちゃんとなおちゃんに届いていたってのがわかってもう本当に嬉しかったしほっとしたよ。 借金の話、嘘じゃなかとだろか?と疑った私、恥ずかしいぜ。
彰彦もいい友達がいて、職場の人にも恵まれているように感じたけど、てそれって彼がまじめに一生懸命仕事しているからだよね。なんでもなーなーでやってたらそれなりなんだろうなー
読んでいてさ、もしドラマ化したら和歌王子は絶対千葉雄大くんだーーーって思ったのは私だけではないと思うよ。うん。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「過去の人とされていた作家の素晴らしい原稿を手にした若手文芸編集者が、いくつものハードルを越え、本を届けるために奔走する?。あちこちに熱い思いが迸る、小説が届くまでの物語。『asta*』連載を単行本化。」となっていました。

じゃあね

2017/08/12

8/12 「誰にも探せない」

誰にも探せない』(大崎梢著 幻冬舎)を読みました。
27704067_1


まさか埋蔵金の話とは思いませんでした。 埋蔵金と言っても徳川でなく甲府の武田軍、穴山梅雪の埋蔵金で、六川村という戦後すぐに廃村になり、その場所がいまだかつて謎とされていて、その村のありかを主人公の晶良が小学生の頃から伯斗とともに探していたの。 それが大学生になって急にそれまで音信不通だった伯斗が晶良のところに現れ、六川村を探そうって言って来るの。実はなんとまぁオレオレ詐欺が絡んできていてさー
伯斗は関係ないのだけど、その金を横領して逃げたって情報が入ってきてなんとその金を隠す場所が六川村と聞いていてもたってもいられなくなって晶良んとこにきたみたい。ばあちゃんとの思い出の場所だったんだよねー

【「TRC MARC」の商品解説】には
「埋蔵金探し、それは僕たちだけの冒険のはずだった。なのに、なぜか殺人事件に発展し…。誰が味方で、誰が敵か。手に汗握る青春ミステリー。『GINGER L.』連載に加筆し単行本化。」とありました。

そういえば今朝は珍しく外の風が涼しくかんじられました。
昔は夏休みでも朝のうちは涼しかったなぁ、と思い出させるような日でした。
日中はやっぱ暑かったけどね。
明日は、今夜はどうだろう?

じゃあね

2017/08/08

8/8 「よっつ屋根の下」

よっつ屋根の下』(大崎梢著 光文社)を読みました。
27994766_1

最初に息子が主人公の話。 銚子の田舎に引っ越してきたときのことだけど、最初は父親の仕事をタクシー運転手って思い込んで読んでいたので医者と知ってびっくりしてしまったよ。引っ越した理由も医療ミス起こした本人かと思いきやそうではなく医療ミスを内部告発した正義の人だったのに左遷されてしまい、奥さんそして小学生の娘は田舎についてきてはくれなかったの余よね。悲しかー
で、次の話は父親が主人公。なんともう5年経ってました。奥さんとの出会いの話でさ、奥さんのことを知ってみようと思うところまで。
そして奥さんが主人公の話。お嬢様だったけどなんと自分の父親が札幌に愛人となんと奥さんと同じ年の娘がいるってことを知りガーンときて、そして祖父ちゃんになんとかこっちが本当にいい娘って認めさせたくて必死に頑張ることになっちゃうのよね。
それから次が娘の話。1話でまだまだ小学3年生だったから彼女が主人公の話なんてないと思っていたのでちょっと意外。でもやっぱり父親と離れて家族がばらばらになって暮らすってことはねぇ。
そして最後。もう子供も大学生になってでもみんなが一緒の家に住むって簡単に済ますことなくしっかりと自分の道を進みつつ、みんなのことをしっかりと認め合ってそしてしっかり理解しあってのばらばらな生活。これもありなのかな? 10年以上離れ離れに暮らしても離婚しないってすごいね。本と、ご主人、奥さんにくっついてフィンランドに行っちゃえばいいのに!と思っちゃいました。 ハッピーエンドでよかったーー
【「TRC MARC」の商品解説】では
「父の転勤をきっかけに、親子4人はそれぞれに思い巡らす。家族と自分は、どっちが大事? ひとつじゃないけど、ひとりじゃない?。家族でいるのが大変な時代の、親子4人の物語。『小説宝石』掲載等を単行本化。」となっていました。


わーい、明日から夏季休暇だ!!
そして今日からサンダーのレイドバトルが始まり、私が帰った頃には家族Aが2匹捕まえていました。
家族Bが高知から帰ってきたので一緒にサンダーのレイドに行きなんとか捕まえる事が出来ました。
明日はルギアを捕まえに行く予定です。 
でもって水俣にも行こうかね。

じゃあね

2017/08/07

8/7 「ねずみ石」

ねずみ石 』(大崎 梢著 光文社)を読みました。
03501301_1


今回の大崎さんの本はひとつ前の「片耳うさぎ」と同じ装丁。
主人公は中学生のサト。4年前の村の祭りの日に起こった殺人事件がメイン。その後一人殺されてしまって、あやうく2人殺されるところだった。
祭り、よくよく考えたんだけどこれって一から考えたのかなぁ?それとも元になる祭りがあったんだろうか? 村人達、特に大人がすごく気合いいれて楽しんでいる様子がよくわかったし、子供もねずみ石を探す小学校の頃までは盛んに参加し、中学校になったころはなんとか雑用から逃れようと逃げ回ってる様子とかがなんかとってもよくわかってすごくリアリティあってよかった。
セイや修ちゃんとの関係やシゲ兄、タマさんとの関係とかも色々あってずんずん読み進めていけた。刑事の雨宮も最初のシーンからすごく悪者っぽく書かれていたけど実際は良い奴だったんだね。
やっぱりこの人の本は面白いです。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「真ん中にひと文字「子」という漢字が入った灰色のすべすべとした楕円形の石。神支村の子どもたちが祭りの夜に探す「ねずみ石」は、願いをひとつだけ叶えてくれる?。中学一年生のサトは四年前の祭りの日、一時行方不明になった。その夜、村で起きた母娘殺人の犯人は未だに判明していない。親友セイとともに、祭りを調べていくうち、サトは事件の真相へと迫っていく。」となっていました。

台風は来なかったのでJRが遅れる事はなかったけど、病院に寄っていったので会社に着いたのは9時ジャストでした。
胃の薬をもらってきたのだ。 昨日からあまりまともに食べていないので力が入らない。
帰り、辛かったー でもなんとか頑張っていつものJRに乗れた。よかった、すいていて座れて。
夏休み万歳!だね。
明日はもっと元気になってますように。

じゃあね

2017/08/04

8/4 「片耳うさぎ」

片耳うさぎ』 (大崎梢著 光文社)を読みました。
02912527_1

出版関係の話ではない大崎さんの本でしたが楽しめました。
小6の奈都がお父さんの事業の失敗でお父さんの実家に引っ越してきたのだけど、その家かめちゃくちゃでっかいお屋敷、日本家屋らしく、そこに一人でいるのが怖いっていうのが出だし。でも読み進めていくとお屋敷には何人も住んでいるのよね。それなのに一人って何?って思っちゃったけど、でも古い日本家屋で一人で寝たり夜一人でトイレに行ったりするのは生まれたときからずっと住んでいるならともかく引っ越したばかりだとやっぱり心細いんだろうね。
結局隣の席の男の子のお姉ちゃん、中学生のさゆりが泊まりにきてくれる事になって・・・・
お屋敷には秘密があって、人間関係も色色と複雑で、でも子供目線から書かれているから判りやすくて読みやすかったです。
雪子伯母さんの出生の秘密や家のカラクリ、そして最後の最後でさゆりの秘密も暴かれてすごく楽しめたです。やっぱ大崎さん、面白いね。続けて借りていこう。 重くないのがいいや。
【「BOOK」データベースの商品解説】には
「あっちもこっちも謎だらけだけど、私、思うのよ。これら全部がすべてきれいにつながる瞬間があるんじゃないかって。蔵波奈都は小学六年生。引っ越してきた父の実家は、古くて大きなお屋敷で、どうしても馴染めない。しかも、このお屋敷には不吉な言い伝えがあるというのだ。弱った奈都が頼ったのは、ひとりの謎めいた女子中学生だった…。優しい読後感が嬉しい、傑作ミステリー長編。」とありました。

じゃあね

2017/08/03

8/3 「名探偵の掟」

名探偵の掟 』(東野圭吾著 講談社文庫)を読みました。
01325420_1

いやー面白かった。
なにがかと言うと主人公の大河原番三警部と名探偵天下一大五郎の二人が時々小説を離れて推理小説のお約束について色々と述べる部分がおかしくてねー 密室はいやだーーとか、ダイイングメッセージとかバカらしいとかアリバイが鍵となる奴とか・・・12の事件が起こりそのたびに二人で「今度はこれですね」とかとにかく二人が小説世界を離れた機に交わす話が面白かったです。大河原は間抜けな警部を演じなきゃなんないんで「ふぅ」と思いながらも毎回的外れな犯人を捕まえたり、天下一も仕方なく謎解きをしたり・・・ 
いやー、楽しめました。  東野圭吾の作品を久しぶりに読んだけど、楽しめるね。あんまりにも映像化されすぎてちょっと敬遠していたのでもったいなかったな。 次は「どちらかが彼女を殺した」を読むべきかな?でも私、最後の探偵の謎解き場面、好きなんだよねー しっかり考えるのはかっだるいし、それこそこの本の中で二人が会話してたとおりの読者だよ。「私もこいつが犯人だと思ってたよー」とか「この配役だからこの人が犯人ね」ってさ。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「密室トリックにはじまり、ダイイングメッセージ、アリバイ崩し、バラバラ死体と、ミステリになくてはならない難事件に挑む名探偵・天下大五郎。ミステリの常識をくつがえすストーリーの行き着く先は? 再刊。」となっていました。


今日も夕方ファイアーのレイドバトルに参戦したけど、勝ったけどゲットは出来ませんでした。残念。
明日は営業所の慰労会があるのでレイドバトルは不参加。
また土曜・日曜にかけます。 台風来なきゃいいなー

じゃあね

2017/08/02

8/2 「ときめき百人一首」

今日はときめき百人一首 (14歳の世渡り術)』(小池昌代著 河出書房出版)わ読み終わりました。
28283270_1


中学生向けの本だけあってわかりやすいというか子供向けと言うか・・・ よくわかったけど「○○だわ」とか「○○じゃないかしら?」なんて書き方ぞっとしちゃいました。
あ、「秋の田の~」の歌、天皇が田の稲を刈り、その時露がついて袖が濡れたと思っていたけど、仮の小屋の屋根が粗くふいてあるからそこから夜露が降りて寝ていたのに濡れちゃった、らしい。 そりゃ~知らんだったよ。
小6のときに覚えたはずの百人一首だけどやっぱり忘れているのもあるねー まぁ完全に記憶がないのは一つもなかったけどね。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「恋する気持ち、人生の深淵、四季折々の感動を味わうための百人一首入門。詩人・作家の著者が、ドラマチックな名歌それぞれに訳詩を付けて紹介。さらにその歌をどう読むかを解説し、出典歌集、わかりにくいことばの説明も掲載。」となっていました。

暑いねー ぬっか~
今日は噂では39度だったそうな。
ミヤネ家が取材にきとったー」って便のおじちゃんが言いよりました。
体温より高い。っていうかもう家に帰って寝る、もしくは病院に行って点滴受ける温度じゃん。
同じ39度でもグラナダくらいカラッとしてたらなぁ・・・・
日陰に入ってもやっぱ空気がどんより、じっくりしてて辛い。
とは言え帰りの橋の上ではちょっとだけ風が吹いてまだなんとかなりました。
駅までたどり着く前に遭難するかと思ったけど、大丈夫でした(笑)

帰ってすぐファイヤーのレイドバトルへ。
13人集まって戦い。 バグったりしたけど戦いには勝利。ただしゲットは出来なかったよ。まぁ昨日家族Aが1匹はとったのでよかったですがー
あと1匹は欲しいので、明日もまた1回だけチャレンジ予定。 定刻に帰れますように!
そうそう、みおちゃんにドラクエをセットで貸してもらえるよう話をつけました。 ただ時期は来年でも再来年でもとにかくやりつくした後でいいからーってことで(^-^ゞ 
いつかは回ってくるでしょう。

じゃあね

2017/07/29

7/29 「最後の晩ごはん2」

今日は最後の晩ごはん 小説家と冷やし中華』 (椹野 道流著 角川文庫)を読み終わりました。
26517182_1


今回も美味しそう。巻末には酢豚と中華コーンスープのレシピつき。
海里が元芸能人だということがばれてしまい、ワイドショーや雑誌記者が店の前に押しかけてしまい大変なことへ。でも乖離がしっかり五十嵐海里として今の自分の立場や考えを昼間のワイドショーで生告白したことでなんとか乗り切ったよ。よかった、よかった。
今回の幽霊は小説家の淡海先生に憑いていた少女。淡海先生が冷やし中華を食べれないことを解決したのが妹の幽霊が作ったちょっと失敗した冷やし中華の再現でした。
劇団ばーさんずも出てきて、今回も楽しめました。このシリーズ、続きもあったので借りてこようと思います。
【「BOOK」データベースの商品解説】には
「兵庫県芦屋市。この街に、定食屋「ばんめし屋」はある。夜のみ営業、メニューは日替わり一種のみ、幽霊すらも常連客…。この不思議な店で、元イケメン俳優の五十嵐海里は、ただいま料理修業中。芸能人としての挫折を乗り越え、常連客で小説家の淡海とも仲良くなり、順風満帆、と思いきや、後輩の若手俳優・里中李英が店を訪れたことで、再び嵐に巻き込まれ…。人の優しさと美味しいごはんに癒される、泣けるお料理青春小説。」となっていました。

今日は朝こそ8時台に起きたけど、のんびりとすごしました。
掃除洗濯で汗びっしょりになり水のシャワーを浴び、その後はエアコンの入った部屋より出ることなく過ごしています。
暑くて・・・・昼ご飯もインスタントの焼きそばをちゃちゃっと作っておしまい。
2時半頃からは昼寝していました。
買物や図書館、映画に行かなきゃなんないんだけどなぁ・・・
今日は今から買物だけ行こうかな。
図書館は明日ですね。 映画は・・・わかんない。いけたら今日、そうでなければ明日だなぁ。
ルギアもフリーザーもゲットできたのでポケGOは夜ちょこっとうろうろでいいのかも。
8/1過ぎたら次はファイヤーだな。

じゃあね

より以前の記事一覧