« 6/17 あと少しだけど | トップページ | 6/18 眠いぞー »

2021/06/17

6/17 「ネヴァー・ゲーム」

今日ネヴァー・ゲーム』(ジェフリー・ディーヴァー著 文藝春秋)を読み終わりました。

51klxmwapl_sx347_bo1204203200_

また新しいシリーズ!これもすごく面白い。大どんでん返し!って言うイメージはあんまりなかったけど、犯人が誰なのかはちっともわかんなかったよ。まだまだ主人公のショウには謎がたくさんあるようだし、次の作品もできているようだし、めちゃくちゃ楽しみ!
ゲームをもとに事件が起こり、実は2人目の殺害がメインだ他のは目くらまし。
ショウの子供時代ってすごいなぁ。お父さんって本当はどうだったんだ?病気ではなかったのか?ふりだったのか?あぁとにかく楽しみ。
ただ今回出てきたスタインディッシュ刑事やマディー・プールはもう出てこないかな?スタインディッシュは今後も出てきてくれればうれしいど。 そういえばダン・ワイリーって最初はめっちゃ嫌な奴だったけど、最後はそうでもなくなったのでよかったよ。

【商品解説】には
「姿を消した人間を追跡する名人、コルター・ショウ。失踪人や逃亡犯に懸賞金がかけられると、彼は現地へ赴いて調査に着手する。つねに冷静に状況を分析する明晰な頭脳と、父に叩きこまれたサバイバル術で多くの事件を解決してきた。今回ショウはシリコンバレーに住む男の依頼で、失踪した娘を探すことになった。カフェを出たあと、忽然と姿を消した彼女は無事なのか? どこにいるのか? 非協力的な警察に悩まされながら調査を続けるショウは、事件の背後にはビデオゲームが絡んでいることを知る。
 被害者を誘拐し、『ウィスパリング・マン』というゲームを模倣して監禁する犯人〈ゲーマー〉。刻々と死の迫る被害者たちの居場所を突き止め、彼らの命を救うために知力と体力を尽くすショウ。犯人は誰なのか。単なる愉快犯なのか。あるいは何か隠された動機があるのか――? 
 懸賞金を求めて難事件に挑み、不可解な死を遂げた父の謎を追う名探偵コルター・ショウ。リンカーン・ライム、キャサリン・ダンスに続く新ヒーロー誕生。時限爆弾のようなサスペンスに意外な真相を仕掛けたシリーズ第1作。」となっていました。

 

帰りの最寄り駅に着いたら雨。 あらぁま、降る?ただ一瞬でした。

今日からレジギガスの伝説レイド。 なんと一戦目で色違いが出てうれしかったです。

明日は弁当なし。15分くらい遅く起きようか?(笑)

 

じゃあね

« 6/17 あと少しだけど | トップページ | 6/18 眠いぞー »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6/17 あと少しだけど | トップページ | 6/18 眠いぞー »

無料ブログはココログ
2023年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

時間

  • 時間