« 3/12 帰りに温泉 | トップページ | 3/13 「Fukushima50」 »

2021/03/13

3/13 「きりきり舞い 旅は道づれ」

朝、きりきり舞い 旅は道づれ』(諸田玲子著 光文社)を読み終わりました。

 

タイトルから言うとどこか旅にでるんだろうと思ったものの、十九は中風だったけん無理でしょ、舞と尚武の新婚旅行? 色々と想像したのですが、なんと十九も一緒に、というかいつものメンバーで舞のにいちゃんちにいくんだよ。

もちろん道中はいつものごとく大騒ぎ。金もないのに大盤振る舞い。借金も屁でも無いっての、うーんやっぱり苦手。でもま、1巻より、2巻、2巻より3巻が面白かったかね。

【「TRC MARC」の商品解説】には

「ひょんなことから十返舎一九とその娘、舞は、一家総出で江戸から駿府へ。これぞ本家本元「東海道中膝栗毛」。戯作者・十返舎一九の一家を中心に、関わりあう奇人変人たちが巻き起こす大騒動を描く。『小説宝石』掲載を書籍化。」となっていました。

じゃあね

« 3/12 帰りに温泉 | トップページ | 3/13 「Fukushima50」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3/12 帰りに温泉 | トップページ | 3/13 「Fukushima50」 »

無料ブログはココログ
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

時間

  • 時間