無料ブログはココログ

« 12/3 「踊る猫」 | トップページ | 12/4 お食事へ »

2020/12/03

12/3 「恋する狐」

結局1日で『恋する狐』(折口真喜子著 光文社)読み終わりました。

6151bdene8l_sx349_bo1204203200_

この本も蕪村が通しで出てくるお話が詰まっていました。 でも俳句が無い話があったな。
前の本には丸山応挙が出てきて、今回のには若冲が出てきたので、せんじつ読んだ西條奈加さんの「ごんたくれ」を思い出してしまいました。
今回いい話がいっぱいで、切ないけど良かったです。

【「TRC MARC」の商品解説】には

「皆が浮かれ、賑やかに踊るやすらい祭り。商家で歓待を受けた蕪村が機嫌よく帰途につくと、草むらから若い公達が現れ…。画家で俳人の与謝蕪村が出会った、愛おしい人々と、いたずら好きの物の怪たち。全9編を収めた妖異奇譚。」となっていました。

 

じゃあね

« 12/3 「踊る猫」 | トップページ | 12/4 お食事へ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12/3 「踊る猫」 | トップページ | 12/4 お食事へ »