無料ブログはココログ

« 9/2 「はぐれ長屋の用心棒30 美剣士騒動」 | トップページ | 9/4 「声のお仕事」 »

2020/09/03

9/3 「はぐれ長屋の用心棒31 娘連れ武士」

昨日はぐれ長屋の用心棒31 娘連れ武士』(鳥羽亮著 双葉社)を読みました。

26303437_1

いきなり菅井が女の子に「お父上」なんて言われて物語は始まりました。久しぶりに大道芸での居合抜きやってたんだよね。
今回も跡継ぎ問題で命を狙われる話。強敵が現れ、最後は切腹したけどさ、いやー 怖い。
畳を汚さないように布団を敷いてそのうえで切腹、首を切り落とすでしょ。周りの壁や天井も血まみれになると思うのだけど、それはいいの? とか腕を切り落としたりとか、日本刀、本気で剣の達人がやれば簡単に切れちゃうものなのかしら? 怖いねぇ。
華町も菅井もへーきってのがまた怖いな。普段はそんな残虐な感じはないでしょ。
あと 今回は菅井の将棋相手ができて良かったねぇ。とはいえ、相手される人はいつも辟易しちゃうみたい。 かわいそう~

【「BOOK」データベースの商品解説】には

「はぐれ長屋に小さな娘を連れた武士がやってきた。訳ありの様子だが、武士のたっての頼みで父娘は長屋で暮らし始める。そんなある日、屈強な男たちが長屋に乗り込み、武士に襲いかかった。源九郎たちの助勢もあり、なんとか刺客を追い払ったが、それ以来、父娘を狙う影がちらつくようになる。大好評シリーズ第三十一弾!」となっていました。

昨晩は結構風がひどかったのかな?でも何の被害もない。

やっはり勝負は日曜かなぁ。月曜まで引きずるかなぁ?

すごーーーく警戒してるけど、来てみたら肩透かしだった、ならいいなぁ。

じゃあね

 

« 9/2 「はぐれ長屋の用心棒30 美剣士騒動」 | トップページ | 9/4 「声のお仕事」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9/2 「はぐれ長屋の用心棒30 美剣士騒動」 | トップページ | 9/4 「声のお仕事」 »