無料ブログはココログ

« 5/21 「わが殿 下」 | トップページ | 5/23 「チア☆ダン」 »

2020/05/22

5/22 「怒り一閃 はぐれ長屋の用心棒24」

今日ははぐれ長屋の用心棒24 怒り一閃』(鳥羽亮著 双葉社)を読みました。

03524172_1

タイトルは菅井の心。 剣術指南に訪れていた松浦藩で菅井の居合にほれ込んだ佐々木という若い藩士が菅井から居合を学ぶべくわざわざ長屋に引っ越してくるの。菅井もすごくかわいがり指導していたのだけど、松井藩のお家騒動に巻き込まれ目の前で切られてしまい、命を落としてしまうのよ。かわいそう。菅井がかわいがる人、なかなかずっといるってことないんだね。
で、絶対に敵を取るってことでいつものように長屋の仲間で敵を探し出し、最後はちゃんと敵を討つの。 あの菅井が将棋をしたくないというほど落ち込んじゃうって、本当に佐々木をかわいがっていたんだね。かわいそうだったなぁ。

【「BOOK」データベースの商品解説】には

「島田藤四郎の推挙で陸奥松浦藩の剣術指南となった華町源九郎と菅井紋太夫。ほどなくして、松浦藩の門弟二人が斬殺され、華町と菅井も同じ下手人と思われる牢人たちに襲われる。さらには、菅井を師と仰ぐ若い藩士が殺害される。弟子を斬殺された菅井は怒りに燃え、源九郎とともに下手人殱滅に立ち上がる。大好評シリーズ第二十四弾。」とありました。

 

通勤時の電車の乗客、確実に増えてきたね。

まあ行きも帰りも座れるからいいけどね。

帰ってから食事の後八代まで出かけてレイドバトルした後2時間くらい街を歩き回っておりました。ゆっくりだったから歩数としては6000歩くらい。一日の合計、万歩超えました。

疲れた~

明日は休みだからゆっくりしよーっと。

 

じゃあね

« 5/21 「わが殿 下」 | トップページ | 5/23 「チア☆ダン」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5/21 「わが殿 下」 | トップページ | 5/23 「チア☆ダン」 »