無料ブログはココログ

« 4/15 「未来の二つの顔」 | トップページ | 4/16 「床下の小人たち」 »

2020/04/16

4/15 「未来の二つの顔」

やっと未来の二つの顔』(ジェイムズ・P・ホーガン著 東京創元社)を読み終わりました。

51vezmqxgxl_sy346_

久しぶりに読んだ。
ラストは覚えているぜ、と思って読んでいたのに全然違った。さすが私。
「ウォーゲーム」かなにかと間違えていた。びっくりだ。
ただ、ラストがハッピーエンドなのはいいねぇ。
しかしこの本が書かれたのは1983年かー AIってのが今ほど浸透していなかったんだろうな。あ、そうそう日本で開発されたドローンってのが出てきたのが単純にうれしかったです。
しかホント、人間は人生の4分の一くらいかけて先人の知識を学ばなきゃなんないけど、機械だったら一度覚えたら忘れないし、故障も修理できるし、最初から知識を持たせて作ることもできるしねぇ。機械の方が優れている気がするなぁ。いつか逆転された世界が来るかも。

「ハードSFの第一人者ホーガンが、卓越した科学知識を傾けて描くコンピューターSF!
レイモンド・ダイアー博士は、ニューヨーク市立大学で人工知能の研究をしていたが、月面の工事現場で起きた重大な事件のために、その研究の中断を申し渡された。コンピューターが誤った判断を下したため、五人の人間が危うく殺されるところだったのだ。人工知能研究の重要性を信ずるダイアーは、コンピューター管理システムの安全性を確かめるべく、宇宙空間に植民地として建造された巨大宇宙ステーションにおける壮大な規模のシミュレーションを提案した……。/解説=坂村健」とのことでした。

 

明日からはまた違うシリーズ。違うジャンルの本を読もう。

 

じゃあね

 

 

« 4/15 「未来の二つの顔」 | トップページ | 4/16 「床下の小人たち」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4/15 「未来の二つの顔」 | トップページ | 4/16 「床下の小人たち」 »