« 1/29 ノロ?! | トップページ | 1/31 「サクリファイス」 »

2018/01/30

1/30 「シャルロットの憂鬱」

シャルロットの憂鬱』(近藤史恵著 光文社)を読みました。
28111573_1


元警察犬、ジャーマンシェパードのシャルロットと飼い主夫婦のお話。短篇連作で6つ入っていました。
子供ができず、じゃあ犬を飼おうかってことになって飼い始めたのです。最初から犬好きって訳ではなかったみたいですが、飼い始めてからはシャルロット無しの生活は考えられないみたい。私は子供の頃は物凄く犬が飼いたかったのよね。本とか買って犬を飼うための調べものしていたけど、社宅住まいだったということと親が許してくれなくてとうとう飼う事ができなかったの。
今なら好きに飼える環境にはいるけどもうそんな気は無いな。
特に家の中で犬や猫を飼うなんて考えられない。臭いだろうし、毛だらけになるだろうし。人様の髪の毛だけで十分汚しちゃうからねぇ。犬や猫にそれ用のフードを買い与えるというのも、服を着せるというのもだめ。なんか受け付けない。人と同じもの食べさせていっちょけ、なんて思っちゃう。そこに関しては原始的、昭和的なんだなー
話は面白かった。ちょっとしたミステリ仕立てになっていたので余計に楽しめました。
【「TRC MARC」の商品解説】には
「シャルロットは雌のジャーマンシェパード。警察犬を早く引退し、池上家にやってきた。犬同士、飼い主同士、ゆるやかな連帯も生まれるが、なかには不穏な事件を持ち込む者もいて…。『ジャーロ』他掲載に書下ろしを加え書籍化。」となったていました。

じゃあね

« 1/29 ノロ?! | トップページ | 1/31 「サクリファイス」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/30 「シャルロットの憂鬱」:

« 1/29 ノロ?! | トップページ | 1/31 「サクリファイス」 »

無料ブログはココログ
2023年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

時間

  • 時間