無料ブログはココログ

« 11/9 いかんねー | トップページ | 11/11 懐かしい日々 »

2017/11/10

11/10 「晩夏の墜落」

晩夏の墜落』 (ノア・ホーリー著 ハヤカワ・ポケット・ミステリ)を読み終わりました。

28538040_1


飛行機事故に遭い命を失った人々についてものすごく丁寧に一人一人の人生を描いてあった。
プライベートジェットが墜落し、その中から奇跡的に生き延びた一人の中年の男と小山内男の子が助かったこの事故、美談にはなってもこんなスキャンダラスに語られることは無いだろうと思うのだけど、そこがマスコミの怖いところ。キャスターが視聴率を稼ぎ、自分の地位を守るためにあること無いこと吹き込んでこのヒーローとなっていい中年の画家、スコットを槍玉に挙げるんだよね。また、載っていた人々が大金持ちでその中の一人はもうすぐ財務省から起訴されようとしていた男だったから色々な憶測が飛び交い、事故の調査も運輸安全委員会だけに任せてもらえないんだよね。FBIとかも出てきてさ。
主人公のスコットはヒーローになりたいなんて望んでいないけど、でも人々からさげすまれれたり疑われたりするめにあっちゃうのは違うでしょ、って言いたいね。ものすごく理不尽。
この墜落の謎は解けるんだろうか?どうやって、誰が証明してくれるんだろうか、と気になりながら読み進めました。フライトレコーダーやボイスレコーダーってすごいねーー
結局事故の真相は降られた男の逆切れ。そりゃーなかばい、と思いつつ現実ってそんなもんかも、って思ったりもしたよ。
とにかく面白かった。映画化されたら見に行くよ。作り方さえ間違えなかったらめっちゃ面白い映画になると思うからね。あ、ファニーじゃないよ。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「【アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞最優秀長篇賞(2017年)】太平洋上に富豪たちの乗るプライベートジェット機が墜落。大半の乗客が死亡するが、乗り合わせていた画家のスコットは男の子を救い、生還を果たす。しかし彼には疑惑の目が向けられ…。迫真のサスペンス! 文庫版も同時刊行。」となっていました。

じゃあね

« 11/9 いかんねー | トップページ | 11/11 懐かしい日々 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/66027968

この記事へのトラックバック一覧です: 11/10 「晩夏の墜落」:

« 11/9 いかんねー | トップページ | 11/11 懐かしい日々 »