無料ブログはココログ

« 7/28 飲みすぎかなぁ | トップページ | 7/30 今年のツール »

2016/07/29

7/29 「女王陛下の魔術師」

女王陛下の魔術師 ロンドン警視庁特殊犯罪課1』(ベン・アーロノヴィッチ著 早川書房)を読みました。
51iuxq1gbl_sy346_


舞台は19世紀頃、と勝手に思い込んで読んでいたら形態電話が出てきたのでおよ?っと思ったら現代でした。
ロンドンの警察に魔術師がいて、知っている人は知ってて幽霊や精霊なんかが起こす事件などわ扱っているの。でも担当はナイチンゲールという主任警部ただ一人。そこに見習い巡査から配属されてきたのがピーター・グラント。主人公だね。彼にも魔術の才能があったようで殺人事件の目撃者として幽霊に話を聞いたりしたの。
テムズ川の女神や男が実とかも出てきたけど、彼女、彼らはぱっと見人間で結構普通に暮らしているんだよね。 ピーターの同僚レスリーは殺人課に配属されたんだけど、ピーターと一緒にいたから霊に憑かれてしまい、顔がぐちゃぐちゃになっちゃうことに。でも死ななかっただけましなのかなぁ?
表紙のイラストはいけてないけど、話は面白かったです。シリーズ物ですが図書館にあるかなぁ?
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「二年間の見習い期間を終え、新米巡査ピーターの配属先が決まった。特殊犯罪課!第一希望の殺人課でこそないが、事務処理仕事よりはずっとましだ。意気揚々と上司のもとへと向かうが、主任警部のナイティンゲールから衝撃の事実を明かされる。自分は英国唯一の魔法使いであり、これから二人で特殊な犯罪―悪霊、吸血鬼、妖精がらみの事件を捜査するのだと!?かくて魔術師見習い兼新米警官の驚くべき冒険がはじまる。」となっていました。

何故かサロンパスローションを使うと咳が出てくる。 何かの成分が私に合わないのかしら?
しかし今日もまた暑い。 夜なのに30度以上ある台所。洗面所でも29度。
エアコン無しではやっぱ無理だねーー
熊本市内は夕方ものすごい雨。スコールだったよ。
でも家の付近は3時ごろパラッときただけだって。車もちょっとだけ汚れていただけ。
だから涼しくならないんだね。 多分熊本市内は今夜はちょっと涼しいはずだよ。
よかねーーー

じゃあね

« 7/28 飲みすぎかなぁ | トップページ | 7/30 今年のツール »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/63984593

この記事へのトラックバック一覧です: 7/29 「女王陛下の魔術師」:

« 7/28 飲みすぎかなぁ | トップページ | 7/30 今年のツール »