無料ブログはココログ

« 6/4「バッキンガムの光芒」 | トップページ | 6/6 「あの素晴らしき七年」 »

2016/06/05

6/5 「センチメンタル・アドベンチャー」

BSプレミアムで放送された『センチメンタル・アドベンチャー』を見ました。
71w1ltk6ixl_sy550_


クリント・イーストウッドが息子とともに出ている映画です。 ロードムービーと説明してあったのでつい録画しちゃったのでした。
ラジオ局のオーディションを受けに行く叔父さんに目付け役&運転手として甥っ子がついていくんだけど、色々と「こんなことやっていいのー」って思っちゃう事だらけ。
柵を壊したり、飲酒運転したり、ニワトリ盗んだり脱獄したり・・・
でも詐欺師とかではなくちゃんと歌の才能があって酒場とかではそれなりに活躍していたってのは本当だった。
途中まで一緒だったじいちゃんと別れる時、「テネシーにおいで」って言ってくれたけどきっともう二度と孫には会えないだろうなぁって思っていたんだろうな。切ない。 アメリカって本当に広いんだなぁって思うよ。
入れ替わりにくっついてきた女。めっちゃうざかったー 結局はカリフォルニアまでついて来るんだろうけど私はあんな奴がものすごく嫌いだな。
結局結核のせいでラジオのオーディションは落ちたけどレコーディングは出来る事になって、命を削って録音したレコード、きっと売れるんでしょうね。印税は入らず1曲20ドルってまぁレコード会社は儲けただろうなぁ。
それでも残せるものがあってよかったと思う。いい人生だったよ。
あの後ホス(甥っ子)はどんな人生を送るんだろう。カリフォルニアで綿摘みだけで終わる人生はもう送れないだろうな。 しみじみ・・・
内容(「Oricon」データベースより)
「肺を病んだ飲んだくれのカントリー・ミュージシャン、レッドは、長年の夢であるカントリー&ウェスタンのラジオ番組オープリーのオーディションを受けるべく、ナッシュビルへ向かうことになり…。クリント・イーストウッド監督・主演で、実の息子のカイル・イーストウッドと共演した傑作ロードムービー。」
となっていました。

今日も結局早起き・ 洗濯物干した後英が見出したけど。まだ10時半にもなっていません。
ちょっと体をほぐしたら残っている本を読んでしまい、その後は図書館に出かけて、午後はお菓子でも作ろうかなぁ・・・・なんてちょっと思っています。
何もせず昼寝するって手もあるけどね(笑)

じゃあね

« 6/4「バッキンガムの光芒」 | トップページ | 6/6 「あの素晴らしき七年」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/63733434

この記事へのトラックバック一覧です: 6/5 「センチメンタル・アドベンチャー」:

« 6/4「バッキンガムの光芒」 | トップページ | 6/6 「あの素晴らしき七年」 »