無料ブログはココログ

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016/03/31

3/31 「ティーパーティの謎」

今日はティーパーティーの謎』 (E.L.カニグスバーグ著 岩波少年文庫 )わ読み終わりました。
51q2kmfnj8l_sx327_bo1204203200_


そうかー、カニグスバーグは「クローディアの秘密」や「魔女ジェニファーとわたし」の作者だったのか。小学生のときに夢中になって読んだな、これらの本。メトロポリタン美術館とミケランジェロと私書箱、そして鍵しか覚えていないけど・・・・
この本もとてもよかった。ザ・ソウルズと呼ばれる子供達のグループがどのようにして結成されたのか、子供達にどんな事が起こったのかが書かれていました。私はね、ジュリアン・シンが一番好き。いじめられてもしっかりと生きてる彼はとっても素敵だと思います。彼が見せるマジックも、そして開いたお茶会も。その誘い方もとてもよかったし、お父さんもいい人だよねー
ソウルズで挑んだ博学競技会もひゃっほーって叫びたくなるほど気分良かったです。
彼らを選んだオリンスキー先生もすごく救われただろうな。 みんなが幸せになれてよかった、よかったです。
【「TRC MARC」の商品解説】には
「【ニューベリー賞(1997年)】6年生のノア、ナディア、イーサン、ジュリアンは仲のよい4人組。車椅子の担任の先生の応援を受けて、知識を競う大会に出場し、ついに決勝へ?。複雑な家庭の事情を織りまぜながら、4人それぞれが親友になった秘密を語る。」となっていました。

今日は晩はみんなで食事に。 宇土シティの熟成肉のお店にまた行って来ました。
おいしかったです。
ただ、食事の後に宇土の運動公園に桜を見に行きたかったけど、雨。 くー、雨。
明日の晩は引越し荷物をトラックに積んで出かけるのでどうか、どうか止んでいてほしいです!

じゃあね

2016/03/30

3/30 「真夜中のパーティ」

真夜中のパーティー』 (フィリパ・ピアス著 岩波少年文庫)を読みました。
51356503n6l_sx331_bo1204203200_


短編集でした。 子供たちが体験する日常の本のちょっと変わったことを取り上げて書いてあるのですが、だからどうよ、って思いつつもでも間違いなく「いい話」でした。
いい人がいっぱい出てきたよ。「キイチゴつみ」のお父さんくらいかなぁ、あまり良くない人って感じたのは。 「ふたりのジム」は読み応えあったです。あと「川のおくりもの」のダンの取った最後の晩の行動、そして翌朝川に行ったときの反応、なんかすごーーーくわかる~って感じでした。
【「TRC MARC」の商品解説】には
「謎めいたお隣さん。宝物の秘密の貝。子どもの日常生活におきる、小さいけれど忘れがたい不思議なできごとの数々。夢と現実の世界を行き来する印象的な8つの短編をおさめる。85年富山房刊の再刊。」となっていました。

天気予報では曇りのち晴れ。 でも雨降ったとよー  びっくりだわ。

眠い。3時にトイレに起きた後しばらく眠れなかったから。
今日は早く寝たい。でもミラクルナインが3時間・・・・ 見なきゃ(笑)

じゃあね

2016/03/29

3/29 「牛追いの冬」

牛追いの冬 』(マリー・ハムズン著 岩波少年文庫)を読みました。
51ycrwya45l_sx348_bo1204203200_


クリスマスの仮装、ノルウェーはそういうことをするんだね。知らなかったー 誰かわからないように遠くの農場を訪ねていくってあったけど、本当にみんなわからなかったんだろうか? ただいつもまじめな人っぽいお父さんが女装して子供達と訪ね歩くってのも楽しい催しだよ。
ちっちゃなマルタが肺炎になって大変だったけど、その後の態度は良くなかったわー 仕方ないのかもしれないけどね。 あと、学校の先生がいい人だったのも良かった。たまにさ、嫌な嫌な先生っているじゃない? 見た目は怖いおばさんでもいい先生だったってのがとても満足。
あとヘンリーはナルニアに出てきたいとこの子を思い出したよ。イトコっていつもあんな感じ? まぁよくも樽で転がって死ななかったものだ! いろんな腕白なことをしても昔はOKだったのがおおらかでいいよなー 今なら絶対ムリだろう。 なんか寂しいですなぁ。
色々不便だっただろうけど、やっぱり昔には昔の良さがみっちりだね。
あ、あとあっさりブタのイノシシ(名前)をクリスマスのご馳走に食べちゃうところも今ではないなぁ、って思っちゃったす。
【「BOOK」データベースの商品解説】には
「ランゲリュード農場の四人きょうだいは冬を迎えました。楽しいクリスマス、スキーやボーイ・スカウトごっこ…わくわくすることがいっぱいです。ノルウェーの美しい自然と愛情ゆたかな家庭から生まれた『小さい牛追い』の続編。小学4・5年以上。」となっていました。

今日は珍しく残業。といっても家には7時半ごろには帰っていました。
今日は上司と28年度の打ち合わせで残業だったけど、明日は資料の整理で残業になる予定。体力無いので力仕事はなるべくやらず口だけ動かそう(笑)

じゃあね

2016/03/28

3/28 「小さい牛追い」

小さい牛追い』 (マリー・ハムズン著 岩波少年文庫)を読みました。
51last1crl_sx350_bo1204203200_

借りてきましたよ。
読みましたよ。ノルウェーのお話だったのか。ローラの話に似ているけど、ローラより貧乏ではないようです。 山の牧場を持っていて、町の人~牛やヤギを預かって放牧して稼いでいるみたいです。子供たちが主人公なんだけど、本を読んだり空想するのが好きな長男のオーラ、「今」が良ければ先のことなんて!のエイナールという兄弟にインゲリドとマルタという姉妹の4人がランゲリュード農場の子供達です。毎日の暮らしが本当に生き生きと語られていて素晴らしいなぁって気分にさせてくれます。 今の便利な世の中が物足りなく感じちゃうんだよね。ただ実際今その生活を体験してみたい?と言われたら遠慮してしまうと思うけど。この本の中ではお父さんやお母さん目線から書かれている部分がほとんどないのだけどそこが児童文学なんだろうね。この農場の暮らしを親目線で書いちゃったらまた全然別物になっちゃうだろうから。
もともとは「ノルウェーの農場」って本だったのを2冊に分けて出版してあるとのこと。春、夏の暮らしがこの本で書かれていたので次「牛追いの冬」を早速読まねば。
挿絵も味があっていいなー
【「TRC MARC」の商品解説では
「ノルウェーの農場に住む4人兄弟は、両親と一緒に村中の牛をあずかり、山の牧場で夏を過ごします。豊かな自然の中で学び、働き、のびのびと生きる子どもたちの素朴な日常を温かく描く。」となっていました。

今朝の出勤から新型ヴィッツ、ヴィッツ・ジュエルです。
新車臭かった~ 久しぶりにメーターがまん前についているのでスピードメーターとか時計とか見難かったです。まぁ慣れればOKなんでしょうけどね。
保険も乗せ換えて・・・傷つけないよう気をつけて載らなきゃね。

昨日から食べすぎ気味。 全く、加減を知らんよねー 脳みそ腐ってるばい(笑)

じゃあね

2016/03/27

3/27 花見再チャレンジ

今日はいつも行く宇土の運動公園へ行ってみました。
でもって懐かしい本家かまどやで弁当購入。
20160327_172240_2

390円の天丼弁当です。 天ぷらは良かったけどご飯が・・・なんだか米粒を感じられない残念なご飯でした。ご飯はやっぱほっともっとのほうが美味しいな。
で、肝心の桜。 くー、やっぱまだまだ。
20160327_172243


昨日はせめて天気が良かった分ましだった?
20160327_172244

来週あたりがいい?それとも週中? 

去年失敗したから今年こそは!と思っていましたが、さーーどうなるかしら?

じゃあね

2016/03/26

3/26 花見?

まだまだ満開には程遠いけど、ちらっと花見に行ってきました。
20年ぶりくらいに八代城跡に行ってみたけど....
思った以上に桜が少なかったな〜


いく前にほっともっとで弁当を買っていったの。


とり天弁当、450円です。ご飯が少なめだったな〜
やっぱり花見は宇土の方がいいな〜
明日、行けたら行こう!
じゃあね

3/25 「モナドの領域」

モナドの領域』(筒井康隆著 新潮社)を読み終わりました。
Index


筒井さん、筆を折ってもう書かないのかと思っていたら図書館で見つけたので借りて来ました。そういえばまた書き出したとも聞いたような聞かなかったような・・・・
最初はミステリーかと思いました。バラバラ死体と言うか腕が一本見つかるんです。で美男子の警部上代が出てくるのでこの人が主人公だと思って読み進めていくと・・・違いました。これはSFですね。あ、そうだ筒井康隆ってSF作家だったね。納得。
難しい話、哲学的な事ががいっぱい出てきたけど、なんとなく概要だけ掴んでスルー。でも面白く読めました。神様より上の存在のGODと呼ばれるものが憑依した結野先生、なんか私の頭の中では何故かスラムダンクの安西先生だったです。
この世のすべてがモナドの領域で起こっていることなのかー戦争も災害もテロも、喜びも悲しみも全てGODの決めたことかいな。
ま、何も知らずにのほほーんと生きている今が幸せなんだな、私。
今回の出来事はいくつもある世界と世界の綻びをつくろうための作業だったんだね。 記憶が消えちゃうのってちょっと寂しいねぇ。
そうそう、アート・ベーカリーの動物のパン食べたい!!
【商品解説】では
゜著者自ら「わが最高傑作にして、おそらくは最後の長篇」と宣言する究極の小説、ついに刊行! 河川敷で発見された片腕はバラバラ事件の発端と思われた。美貌の警部、不穏なベーカリー、老教授の奇矯な振舞い、錯綜する捜査……。だが、事件はあらゆる予見を越え、やがてGODが人類と世界の秘密を語り始める――。巨匠が小説的技倆と哲学的思索の全てを注ぎ込んだ 超弩級小説。」となっていました。

昨日腰に痛み止めの注射を打たれ、その後よく揉んでもらったものの・・・いつまでも痛いなぁ、痛み止めが痛いんじゃダメじゃん、と思いつつずっと揉んでいたのですが・・・お風呂に入ったとき気づいた。私が揉んでいたのは机やキャビネにぶつけてず黒くなっていた打撲の跡だったよ。 そりゃー痛いはずだわ。看護師さん、濡れ衣きせてごめん(笑) 大体が場所も腰にしては下のほうだなぁとちらっとは思ってたんだけどさ、ほら、昨日はきつくてぼーっとしてたから。腰と太ももの違いに気づかんだったんよ(^-^ゞ
今日はまぁまぁ大丈夫でした。 しっかり食べれたので良しとしよう。ただ頭が痛くてねー 何故だろう? でもこれも夜、和楽器バンドのDVD見ていたらいつの間にか治っていました。

じゃあね

2016/03/25

3/23 「校閲ガール ア・ラ・モード」

校閲ガール ア・ラ・モード』(宮木あや子著 角川書店)わ23日に読んでいました。
51r1dwaxal_sx343_bo1204203200_
よくみもせず借りてきてしまったが、実はシリーズものの2冊目にあたる奴だった。それも外伝?っほい奴。 どうも本編の主人公はオシャカワこと河野悦子みたい。 でもこの本はその悦子の周りにいる人々にスポットを当てた短編集です。 校閲ってくらいなので舞台は出版社。最初の森尾さんがファッション雑誌のエディターだったのでついドラマ「ファーストクラス」を思い出してしまいました。貝塚くんだけはイマイチだけどほかはなかなかいい人たちみたい。米岡くんはアグリーベティに出てきたあのマークを思い出しちゃうね。 好きだったなぁ、マーク。
チャンスがあればア・ラ・モードではない校閲ガールも呼んでみたいです。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「ファッション誌編集者、校閲部の同僚、文芸編集者、大御所作家…出版社・景凡社の面々と周囲のオモテウラ満載。」となっていました。

じゃあね

2016/03/24

3/24 点滴

3時過ぎにトイレに起きた後、4時半前に目が覚めて眠れなかった。
それでも特に眠いと思わず会社へ。
朝礼が始まる頃胃が痛くなってきて、それ以外にもものすごくきつくてふっらふら。
とうとうギブして所長に病院に連れて行ってもらったのでした。 
病院で尿検査するとき初めておしっこが出ないという体験。 自分でびっくりしました。 いつもなら絶対すぐ出るのに! 時間かけてなんとかちょーーっとだけ。 その後も受付前のトイレでげーげー吐いたのですぐ診察してくれました。といっても患者は1人2人いたかいないか位だったけど・・・
血液検査して痛み止めの注射して点滴。 いやーそのどれも痛かった。点滴でこんな痛いって下手糞ーとおもいながらもベッドでぐったり。
ここで寝たらきっとすごく楽になる~と思っていてもずーっと先生や患者や看護師さんたちがしゃべっているのを意識してました。 眠れない。 とうとう点滴も終わり、まあ痛みは取れたのでぽくぽく歩いて会社へ戻りました。
天気が良くて寒くなくて良かったー
その後もぐったり元気のないまま。 多分弁当を食べなかったということもあるのでしょう(笑)
今日は所長が会議なので戸締りしなきゃなんなくて、そうでなきゃ午後は帰ってたな。
ま、でも座ってるだけで仕事できるのでなんとかなりました。 痛みがないのが一番。
最終的には5時20分ごろみんな帰ってしまったので当初の予定より早く帰れました。最後の人が来るまで駅まで送ってくれたので助かった~
帰ってからベッドで少し横になって、晩御飯はしっかりおじやを食べました。
明日はきっと全快のはず。
サッカー見てたけどお気に入りの岡崎くん、清武くんそして麻也が点取ったのでごきげんさ(笑)

そうそう、うちのチューリップ、なんとか紫があったばい。でも予定では違う色・・・・






やっぱり次は空港で買おう。

あ、ベルギー、すごいことになってるね。 全くなんでこんなことをする? テロでしか人々に訴えられないのか? 違うでしょ。ねぇ。

うーん・・・・ 平和な世界にならないものか

じゃあね

2016/03/23

3/23 「なつかしい本の記憶」

なつかしい本の記憶―岩波少年文庫の50年 』(岩波書店編集部編 岩波少年文庫 (別冊)) を読みました。
61mxj0yebnl_sx327_bo1204203200_


ユニークな三組の兄弟達の対談、なかなか面白かったです。さいしょの「「ぐりとぐら」や「いやいやえん」の作者、挿絵で有名な中川姉妹。彼女たちの対談を読んで読みたくなったのが「小さい牛追い」調べたらせんちょう図書館にあったので借りてこなければ!
通して思ったのがやっぱり岩波翔ねんん文庫はいいなぁ、ってこと。私も何冊か持ってるよね。ただせっかくならおんなじ装丁にして欲しかった。途中で変わるのは本棚に並べてみて綺麗ではないのだよねー 私が最初に手にしたのは多分友達から誕生祝にもらった「ツバメ号とアマゾン号(下)」なんだけど、その時の装丁が好き。 最後に買ったのは「小人たちの新しい家」だと思うのだけど、それは違っていたんだよね。並べると1冊だけ違うの。嫌だなー
そうそう、思ったのは初めて出来た甥っ子への誕生プレゼントは岩波少年文庫にしよう!ってこと。ハードカバーの本にしようと思っていたけど、邪魔だよね、きっと。 小学校に入るまでは絵本を、小学校に入ったら岩波少年文庫を無理くり贈りつけてやる!と思いました。
それにしても石井桃子さんは偉大だなぁ。 最初のモルディブが天気悪くて実はよかったなぁ。あの時石井さんの小説の一部が載っていたyomyomを読んでいなかったら人生損してたな。
amazonの内容説明では
「ユニークなきょうだい対談(中川李枝子・山脇百合子,池内紀・池内了,岸田衿子・岸田今日子),斎藤惇夫講演「岩波少年文庫とわたし」ほか,雑誌のエッセイ等を収録.楽しい読書案内.」となっていました。

今日は仕事が終わってバスに乗って街まで出てコンタクトレンズ手に入れて来ました。やっぱり眼鏡よりいいです。
天気予報は曇りのち晴れだったのに、ちっとも。 曇っててどうもこっちでは雨が降ったようです。車、濡れていたもの。そして肌寒かったよ。 明日はどうなのかねぇ。

じゃあね

2016/03/22

3/22 甥っ子が生まれた!

昨日から陣痛が始まったって事は聞いていたけど、今朝早く無事甥っ子が生まれました。
丁度2度目のトイレに起きて時計を見て「5時22分かー あとどんだけ寝れる?」って思っていたところに「ぼこぼこぼこ」って音。 ん、これは確かipadに何かが届いた音。 お、生まれたばいね、と思って手にとって見るとスカイプで初心が届いていました。 産まれたてとは思えないほどしっかりとした赤ちゃんの写真。
「おめでとー」とだけ打ち込んでまた寝たのでした。
3人兄弟なのだけど、すぐしたの弟は独身のまま1月に亡くなり、とにかく甥っ子、姪っ子と呼べる存在が誰もいなかったのでめでたいことですなぁ。
私自身はいっぱいいたよね、イトコ。 えーと何人だっけ? 父方が6人? 母方は・・・11人か12人。昔はそーだったんだよね。 親の代までは子沢山だったから。 今は本当に少なくなったですねー
母達は明日、会いに行くらしいけど私も予定では一緒に行こうかと思っていたのだけど、まさかの高知行きだったので行くのはやめました。 今度の土日くらいゆっくりしないとその次の土日は引越しでまた高知だよ、予定では。
今度和楽器で福岡行くときは友達やらなんやらと一緒に行くので無理だから・・・5月、母の喜寿祝のときに初対面かなー すくすくと元気に育っておくれ!
出産祝いの手配もしなきゃなぁ。

そーそー、今日は家族Bの送別会ということでさっき街まで送っていって、帰りに回転すし食べてついでに明日発売の和楽器バンドのDVD、予約?しとこーかーってツタヤに立ち寄ったらもう売ってた!!
一番安い奴、DVD2枚組みを買ってきちゃった(^-^ゞ
見るぞーー(笑)

あ、そうだ。チューリップ。オランダで買ったチューリップ。いろんな種類の買って実家にもわけてやっていたのになんと!なんと!!全部同じだった!!!
それも「黒」とか「青」とかうたってたやつも、形がおしゃれな奴もすーーべて 小学校の李下の時間にみんなで育てるような何の変哲も無い赤いチューリップだった。
うそだろ・・・


こっちは友達にやった奴




じゃあね

3/22 「息子に贈ることば」

今朝、とうとう伯母さんになってしまいました。 弟に子供が生まれたのです。 男の子。
そんな日に丁度読み終わったのが息子に贈ることば』(辻仁成著 文藝春秋)です。
31kfo7qmsel_sx339_bo1204203200_


ツイッターのつぶやきをまとめてエッセーにしてある本でした。
前にこの人のエッセーを読んだときはみぽりんと結婚していたときだったので感慨深かったのですが別れてしまったので残念な気持ちで読みました。 息子に対しての思いとかがいっぱい綴ってあったのですが、あぁここにみぽりんはいないんだー
それから前のエッセイでは前の奥さんとの子供にはなにもしてやれなかったみたいなことが書いてあったと思うのですが(勘違い?)十くんにたいしてはめーーーいっぱい父親してるんだよね。すごいなぁと思いつつ、他の子供はそれを読んで嫉妬しないのだろうか?寂しくないのだろうか?などの重いがチラチラ浮かんできながら読んだのでした。
フランスの同時テロのときの様子とかも書いてあってね。丁度その時辻さんは子供を預けて日本に帰ってきていたときだったらしいのでそらそら心配しただろうなぁ。
「ま、いいか」ではなく「よしとしよう」って思うようにするのはホントいいなー、と思ったので私もまねしてみるなり。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「日々、壁にぶち当たりながらも自らを鼓舞し、父と子の生活の中から息子に送り続けたメッセージ。父とすべての息子たちへ、勇気と希望の湧いてくる言葉の贈り物。2010年4月?2015年12月のツイッターをもとに書籍化。」となっていました。

じゃあね

2016/03/21

3/21 精霊の守り人始まった~

19日からNHKで「精霊の守り人」のドラマがいよいよ始まりました。
出かけていたので今日、やっと見ることが出来ました。
最初に話を聞いたときは「2016年の春、えらい先の話やなぁ」と思っていたのですが始まっちゃいましたねぇ~
テーマ曲、アニメではラルクだったので実写版でもラルクに、それか和楽器バンドにやってほしかったのですが、いきものがかりに決まった、みたいなことネットで見て残念だなぁと思っていたら・・・・ 曲が無かったので逆にほっとしました。
綾瀬はるかちゃん頑張ってたと思います。 ドラマもなかなか、原作には書けない大人の駆け引きとかもなんか匂わせて・・ 私的には合格です。
あ、そうそう、ロケ地に熊本の菊池が!! あのトロガイがいたところは菊池渓谷よね?
来週も楽しみ~

今日はのんびり。
あ、そっだ。朝コンタクトレンズをつけようとしたら左のレンズ割れてた~
くー、面倒だ。明日行かなきゃ、コンタクト屋。

そーそー、秋のヨーロッパ旅行で買ったカップに入れてお湯を入れてマカロニ、っての やっと食べました。

とても残念なやつで残しちゃったよ。すごーーーく楽しみにしていたのになぁ。

じゃあね

2016/03/20

3/20 高知より帰って来ました

つ、疲れた・・・
温泉に入り、食事も済ませてきたので家に着いたのは22時前でした。
朝は5時過ぎに目が覚め、(その前に1時、3時と目が覚めてたけど)ネカフェを6時過ぎに出て、すき家でいつものまぜのっけを食べ、ひろめ市場で土産(鰹のたたきとか)を買い、8時に出発。
12時半に愛媛県三崎港から行きと違うフェリーに乗って13時45頃大分県の佐賀関に着き、そこから車を走らせジョイフルで昼ごはん食べ、クレアでコーヒー豆を買い、カレーを食べ、古保山温泉に入り、エブリワンでソフトクリームを食べ、ガソリンを入れて帰り着いた・・・ってところです。
さすがアクア、行きに大津の先で満タンにした後、いつもの小川のGSで給油するだけですみました。
さー、まともにベッドで寝るぞーーー

じゃあね

2016/03/19

3/19 高知にいます

今、高知のインターネットカフェにいます。
ホテルがどこも満室でとれずに仕方なく・・・
昨日9時40分に家を出て、2時40分の臼杵からのフェリーに乗って、八幡浜に着いたのが朝の5時前。そこから高速を使い途中に休憩を挟みつつ高知に着いたのは朝の9時まえでした。
いや〜
疲れた!
10時から不動産屋を2軒周り、なんやかんやでアパート決め、ベスト電器で家電を注文し、18時半過ぎに疲れ果てこのネットカフェにたどり着き、一眠りしたところです。
12時間プランというのがあるようですので、朝6時過ぎまでここにいて、その後はファミレスで時間を過ごし、買い損ねていたお土産を買って帰ろうと思っています。
あー、なんてハードなんじゃ〜
ちなみに車の窓から見えたはりまや橋〜




じゃあね

2016/03/18

3/18 雨だ

今日は支社で会議。
なのに雨だったー でも他の営業所の人が寄ってくれたので車で行くことができました。よかったー
ランチは水道町カフェで500円のワンプレートランチ。 冷凍のコロッケと鶏肉の焼いた奴。
おいしかったっす。

で、今から高知へ向けて出発です。
11時頃出かけようかと思ったけど、早目に出てフェリーの港で仮眠とろうってことになったのでした。
無事にたどり着き、いいアパートが見つかりますように!

じゃあね

2016/03/17

3/17 「ひでおと素子の愛の交換日記」

ひでおと素子の愛の交換日記 』(新井素子・吾妻ひでお著 角川文庫)を読みました。



図書館から借りた本が終わったので読む本が無いのに前日準備するのを忘れ朝から本部屋からさっと手にしたものをもって行ったらこれでした。
すごーーーーーく久しぶりに読みました。
新井素子が19歳から22歳まで、女子大生の頃書いたエッセイです。
時はダイコンの頃。そして昭和。そして電電公社!!
色々と懐かしいですわ。 新井素子も変わっているけど吾妻ひでおも変わっていて、でもちゃんと2人とも結婚したっ(てる)てのがなんかすごいなぁと思っちゃいました。

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「新井素子19歳。明るく正しい、東京練馬の牧歌的生活をエッセイに書いている。だがそれが、ひとたび吾妻ひでおの手にかかると…。「素子はかわいそうなみなし子少女です。いじわるなナメクジの家にもらわれていきました」???美少女、センチメンタルジャーニー、まんが修行。天才少女と奇才漫画家が、笑いと脱力満載、豪華絶品コラボレーションを繰り広げる!文庫復刻版オリジナル漫画&あとがき付。」となっていました。ただ、これは復刻版の商品解説で私が持っているのは昭和62年版です(^-^ゞ

今日、四国へ行くときに見たり聞いたりするために録画したテレビ番組をDVDにダビングしていたから録画四損ねてしまったけど、TBSのモニタリング、ものすげーー面白かった。 特に熊本のおとーさんたち!
おー、わろたわろた!!
録画し損ねたのもったいね~(笑)

じゃあね

2016/03/16

3/16 「忘却の声 下」

忘却の声 下』(アリス・ラプラント著 東京創元社)を読みました。
51tpesgptal_sx341_bo1204203200_

ネタばれです。


















そうか、殺したのはフィオナだったんだ。でも事故だよね。その時すぐ通報していたらそんな罪には問われなかったかも。で、指を切断したのはあとからやってきたジェニファーがフィオナを守るため、彼女が首にかけていたメダルをアマンダが握り締め死後硬直のせいで手を開くことが出来ず取り戻すにはそうするしかなかったからなんだね。
下巻ではジェニファーは施設に入っているの。息子のマークはどうしようもないね。お金をお母さんにせびりまくり、大切にしていた美術品を持ち出したりして。 でもそのマークがおかしくなったひとつは父親のジェイムズが寝取ったんだね。フィオナはジェイムズの娘ではなかったし、お金についてもあくどいことをしてきてたし、そんなこひんなをアマンダは調べ上げそれで脅してきたんだよね。いい人って言っていたけどやっぱりアマンダは癖モンだったんだなー
ジェニファーはどんどんひどくなり、でも医学的な事はすごく覚えていたりして、そこがこの病気のすごいところだね。時代も場所もわからなくても専門的な事はしっかりと覚えている・・・すごい謎な病気。ぱっぱっと頭の中が入れ替わっていくのか、パッパッではなく間、空白が遭ってそうなるのか・・・・・・
それを想像で書いたのか、観察して書いたのか、どっちなのかなぁ? 取材してだろうなぁ。
【商品解説】では
「殺人の容疑をかけられたまま、認知症は進行していく。そして断片的に浮かび上がってくる親友との思い出。死んだ夫との会話。手がかりは、消えゆく記憶のなかにあるのか――。」となっていました。

今日はアクアで駅まで。気温は7度ありました。
ブーツではなくティンバーで行ったのでした。
朝と帰りの気温差があるので服装が難しいよねー

結局先日買ったヴィッツ、ローンは嫌なので家族Bの代わりに一括で払ってしまいました。
あー、これでコペンもS660もさようなら~だよ。
古いヴィッツは人に譲る予定。
4月からはアクアとジュエル(ヴィッツ)の2台持ちになります。 保険も入れ替えたり色々とやることいっぱいだなぁ・・・

じゃあね

2016/03/15

3/15 「忘却の声 上」

忘却の声 上』(アリス・ラプラント著 東京創元社)を読みました。
51t7rcwn3fl_sx341_bo1204203200_
あらー これも東京創元社なんか。私、ホントこの出版社好きね~
認知症の人が主人公のミステリ、と思って借りてきたの。 認知症の探偵? 事件を解決?みたいな。 でもうーん、上巻を読む限りでは事件を解決するなんてことはとても難しそう。本当に病気なんだもん。主人公のジェニファーは。それもどんどんひどくなっていってるみたい。
作者は認知症になったことがある・・・訳は無いよね。でもそれならどうやってジェニファーの考えてる事がわかるんだろう? 認知症になれば本当にこの本に書いてあるような感じなんだろうか?恥ってものを感じなくなるだろうか? 暑さや寒さも今ひとつわからず、でも肉体は対応するので風邪ひいたり火傷したりしちゃうってことなのか? 前にトルコ映画だったかな?「パンドラ」っていうのを見たけどそれが認知症のおばあさんが出てくる話だったんだよね。それまで認知症になったら回りは大変なんだろうけど、なった本人は何もわかんなくていいばっかりじゃないの?なんて思っていたけど、やっぱり本人も辛いんだなぁってを感じたの。 ずーーーっと忘却の彼方にいればまた違うけど、時々今の自分が把握できたり、時代は少し違っていても周りにいる人が自分にとって誰なのか(子供とか友だちとかご主人とか)わかったときとかは病気であるということを悲しく思ってしまうんだろうね。
友だちだった近所に住むアマンダって女性が殺されて、指を切断されて見つかったという事件の容疑者としてジェニファーが警察に疑われているのだけど、次第に悪化していく病状と、犯人にさせないためにと子供たちは施設に入れて法的にも罪を逃れられる体制に持っていこうとしているところで上巻は終わったんだよ。 ただジェニファーが思い出したり、感じたりすること、ノートに書いてある介護士のマグダレーナの文章、娘のふぃおなさやマークの言葉を合わせていくと色々な秘密が見えてくるのよね。 マークってめっちゃ怪しいんだけど・・・
下巻ではどうなっていくんだろうか?
【「BOOK」データベースの商品解説】には
「わたしはジェニファー。わたしは六十四歳。わたしは認知症。ノートにその日にあった出来事を書いている。ある日、貼ってある新聞の切り抜きを見つけた。「アマンダ・オトゥール(75)が不審死。右手の指が四本切断されていた」。アマンダは親友だった。彼女を殺した覚えはない。でも警察が会いにきたし、ノートからは事件当日のページが切り取られている―。親友の殺害容疑をかけられた、認知症を患う女性。彼女の独白とノートに書かれた文章、介護人や娘たちが記した伝言の断片で綴られた衝撃作! 」となっていました。

天気が良い日でした。
明日はちょっと曇るのかな? でも今、洗濯中。 最近は寄る洗濯して干しておくって事が多くなったな。
昔はいつも朝から洗濯して干して会社に行ってたけどね。

じゃあね

2016/03/14

3/14 「アルファベット・ハウス」

アルファベット・ハウス』 (ユッシ・エーズラ・オールスン著 ハヤカワ・ポケット・ミステリ) を読みました。
51ayvyefz2l_sx285_bo1204203200_

「特捜部Q」の作者の本ということで借りてみました。
読みながらあ、この作者の話は結構辛かったというのを思い出し、この本も最後は悲惨な結末になるのでは・・・とひやひやしながら読み進めました。 第二次世界大戦の中、イギリス人だったけどドイツの国に飛行機が墜落し、なんとか生き延びるために列車に逃げ込み、病人のふりをしなんとか生き延びようとするシーン。戦時中とは言えあまりにもひどい。 でもそれが戦争なんでしょうね。
友だちを見捨ててこなければならなかった、その気持ちを抱いてずーーーっと生きてきて・・・第二部ではまたドイツに戻り友を探すという話。 いやーあの悪魔の3人が死なずに生き延びていたとは・・ ジェイムズも生きていたけどやっぱり廃人みたいになっててね。ペトラも付いていてくれたけど、でもでも本当に悲惨な30年だったなぁ。
読んでいて「あぁ携帯電話があったら・・・・」でも時代はミュンヘンオリンピックの頃。まだドイツは東西に分かれていたし、形態電話なんて全然普及していない頃。
残されたページがどんどん薄くなっていくと あぁこの人は死んでほしくない、お願いだからハッピーエンドにして・・ とにかくそう願いながら読みました。
死なないで、と思った人はありがたいことに誰も死ななかった。でもなんか読後感は重い。また2人仲良く親友に戻って「あはははは、あはははは」なんて(笑)って生きていくわけには行かなかったんだね。 戦争さえなければこんな親友に亀裂が入ることはなかったろうに。多分、多分・それともいつかは亀裂が入っていただろうか? 誰にもわからないですよね。
今丁度ドラマ「刑事フォイル」を見ているけど、これも第二次世界大戦があってるときのイギリスの話。たまに捕虜となったドイツ兵の話とか、偵察の飛行気乗りの話とか出てくるのでこの本を読んでいて情景が想像しやすかったです。
言葉さえ話さなければイギリス人がドイツ人のふりをするのもたやすいんだろうね。日本人がドイツ人の振りは難しいだうけど。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「英国軍パイロットのブライアンとジェイムズはドイツ上空で撃墜された。かろうじて脱出し傷病を負ったSS将校になりすますが、搬送先は精神病患者に人体実験を施す通称「アルファベット・ハウス」だった。そこに軍の財宝を着服した悪徳将校4人組が紛れ込み、虐待が横行する。ブライアンだけが命がけの脱走に成功するが、やむなく残したジェイムズのことが気がかりだった。28年後、ジェイムズを探しに訪独したブライアンは、町の名士として偽名で暮らす悪徳将校らを発見するが…。人気作家が描く友情と愛憎の物語。」となっていました。

じゃあね

2016/03/13

3/13 発券

4月29日の和楽器バンドのライブ、チケットの発券が今日だったのです。
よーーく注意書きを見ることなく動いてしまい、実はこの前ふと思いついてセブンイレブンに発券に行ったらまだ期日が着てないといわれてしまいました。
調べたら今日から、ってことだったので13日になってすぐ(つまり夜中だ)セブンイレブンへ。
でもレジで色々やってもらったけどだめ。まだ期日が来てないって。
家に帰ってもう一度ちゃんと調べたら今日の朝10時からでした。あー、バカバカ。
さすがに同じ店には行けず違うセブンイレブンで無事発券して来ました。
近くにセブンイレブンがいっぱいあってよかったよ。

じゃあね

2016/03/12

3/12 色々と

今日は忙しかった。
まず1週間早く病院へ薬をもらいに。あ、その前に洗濯ね。
そしてネットでアパート探し。4月から高知に住む家族Bのため。不動産屋に連絡とったり・・
午後は頼まれて洗濯機をん買い換える人のお供。ついでに家族Bの家電探し。
帰ってきてネットで家電探し。 19日に高知まで行くためフェリーを調べたり・・・
19日に着くには18日の夜10時過ぎに出て、臼杵港を2時40分に出て、八幡浜に5時に着き、そこから車で3時間半・・・全く、なんて不便なところ!!
まぁ仕方ない。
折角だから楽しもう!

じゃあね

2016/03/11

3/11 いつ?

昨日から何かおかしい・・・と思っていたけど、今日お風呂で手見てびっくり!
左足の甲に三角に打撲のあとが・・・ ず黒くなってる~
なんとなく痛かったんだけど、いつそうなったか記憶にないのでありました・・・・
いつぶつけた? いつ打たれた?
うーん・・・?? 謎だ(笑)

じゃあね

2016/03/10

3/10 青天の霹靂

急に起こった話。
4月から色々と変わりそう。 仕事絡みでは無いのだけどね。
うーん・・・色々とお金が要りそうで旅行も行けなくなるかなぁ2年くらいは。
ま、悪い事では無いのでよいよい。 それはそれで楽しもう。

じゃあね

2016/03/09

3/9 四十九日

今日は弟の始終九日の法要でした。その後納骨もするということで仕事を休んで大牟田へ。
お寺が大牟田にあるんですね。
11時からということで早目に出かけたのに、ナビにセットしたお寺が同じ名前で待ったく別のところにあったので結局ギリギリになっちゃった(^-^ゞ
久しぶりに雨。
法事は無事終了。 ただ思ったよりすごく短かったのね。
食事を街中の店に予約していたのですが、予約時間は13時。終わったのは11時半!
結局お店に無理言って12時過ぎにはお店に入れてもらいました。
お店は味市場大木炭火亭。ジャズが流れてて素敵な雰囲気でした。お料理は・・・
まずお刺身





次のが変わってました。

アスパラ、モズク、山芋。その下に茶碗蒸し。茶碗蒸しの中には岩のりや梅干が! 美味しかったです。熱くは無かったですね。



そしてギョウザ。これは2人前。にらが入っていたけど食べやすかったですし、キャベツが多く入っていたのかな?


次はグラタン。ホタテとエビ入り。美味しかったけど私にはちょっと味が薄かったです。

次は春巻き。アスパラ、チーズ、カニカマが入っていたかな。パリパリしてて美味しかったです。

タラの西京焼き。付け合せのダイコンの漬物は食べなかったです。


そしてお肉!自分らで焼きながら食べるので焼き方自由。美味しかったです。


ご飯はタケノコご飯! 上に載っているのはからし醤油に絡めてある菜の花かな。タケノコご飯、春だねぇ~


最後はデザート。あまり甘くなくて締めにはよかったかな。
私はウーロン茶だけど父や弟、従弟はビールにワイン、飲んでいました。
父はずーっと禁酒していたらしく、久しぶりに飲めてよかったですねぇ。
私らはそのまま帰ってきたのですが、残りの6人はおばの家に場所を移し飲み会突入のようです。泊りらしいので飲酒運転になる事は無し。 いっぱい飲んでください。

私らは帰り久しぶりに三加和温泉に寄って来ました。
普通ならまだ勤務中の時間に風呂。 あぁ贅沢!
明日は雨も止むみたいなのでよかったー

じゃあね

2016/03/08

3/8 「紙の動物園」

今日は紙の動物園 (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)』(ケン・リュウ著 早川書房)を読み終わった。
41cpmgurtxl_sx286_bo1204203200_


短編集です。 作者が中国人だったので読む気は無かったのですが、森下一仁さんの2015ベストSFでこの本がいい、という投票があったため読んでみることにしました。
タイトルになっている「紙の動物園」そして2つ目に入っている「もののあはれ」丁度この2作が通勤の電車の中で読んだのですが、2つともラストは涙が出てきてとても困りました。 ただとってもよかったです。
「紙の動物園」は最後、母親からの手紙に息子への愛が溢れまくって、その母親をずっと無視してきた息子の気持ちと無視され続けてきた母親の気持ち、どっちも感じることが出来てじーんときてしまったのでした。 「もののあはれ」はなんと日本人が主人公。読んでいてこの話は絶対東日本大震災を見た後に書いたのだなぁと思いました。震災のときの日本人の凛とした態度がきっと外国人に与えたであろう日本人に対する見方、になっていたと思います。 主人公は久留米に住んでいたので同じ九州ってだけでなんかほっこりきました。 それでも最後、自己犠牲の中ヒーローとなっていったヒロト。あー、もうやっぱ泣けてくる。
15の話が載っていたけど、「文字占い師」は重かった。最近拷問とか政治の駆け引きとか続けて読んでいたのでもうしばらくは要らないって気分。 宗教、主義、思想、そんなセンシティブなことは一人で思っている分には全然良いんだけど、人に強要したり違う人を排除したり、そうしたがるからやっかいなのよねーー 丁度池上彰のテレビを見た後だったので台湾の事や共和党のことなどちょっと知識があってよりわかりやすかった。 リリーが父親に言ってしまった「制海権」。正直に家の中に落ちていた手紙を読んでしまったって父親に話していたら甘さんもテディもあんなことにならずにすんだのだろうか?
テッド・チャンと比べるとテッド・チャンの方がより好みのように思えたのは中国色が少なかったせいかなぁ? ケン・リュウは物心がつくまで中国にいた後アメリカに家族で引っ越して大きくなっていったらしいけど、日本についても何度か出てきた。いいときもあれば悪者のときもあっった。中国についても出てきた。あと不老不死を目指す話も。 「円弧」なんか切ないねぇ。
ものすごくたくさん作品を作り出しているようだけど、今後見かけたら必ず読むかどうかは微妙です。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「ぼくの母さんは中国人だった。母さんがクリスマス・ギフトの包装紙をつかって作ってくれる折り紙の虎や水牛は、みな命を吹きこまれて生き生きと動いていた…。ヒューゴー賞/ネビュラ賞/世界幻想文学大賞という史上初の3冠に輝いた表題作ほか、地球へと小惑星が迫り来る日々を宇宙船の日本人乗組員が穏やかに回顧するヒューゴー賞受賞作「もののあはれ」、中国の片隅の村で出会った妖狐の娘と妖怪退治師のぼくとの触れあいを描く「良い狩りを」など、怜悧な知性と優しい眼差しが交差する全15篇を収録した、テッド・チャンに続く現代アメリカSFの新鋭がおくる日本オリジナル短篇集。」となっていました。

今日までは暖か。
明日は休んで法事。でも天気が悪そうね。

じゃあね

2016/03/07

3/7 ぬくい

三寒四温というものの、今日も暖かかったねぇ。
会社ではシャツ一枚でOKでした。
朝からカーディガン+ジャンバーで行き、帰りはカーディガンはリュックの中に入れて帰ってきたのでした。
明日までは暖かそう。でも法事のある9日はまた寒くなりそうねぇ。
お寺って寒そう・・・・

じゃあね

2016/03/06

3/6 ネコカフェ

家族Aが昔から猫が好きだったんだけど最近テレビやネットで見たノルウェーフォレストジャンとかいう猫にはまってしまってさ。 昨日はペットショップで子猫を見たけど、今日は熊本市内の猫カフェにどうもそいつがいるらしい、と行って来ました。 といっても私は特に猫がすきというわけではなく、逆に食べ物のところに動物ってのはあまり良しとしない人なので車の中で本を眺めて待ってました。行ったのは猫好きな家族AとB
でも残念ながらお目当てのノルウェーなんたらは昨日出勤したので今日は休みとのこと。



いたのはノルウェーなんたらとの雑種のこの子でした。



なかなか良いではないですか。
この種類、珍しいことに子猫より大人のほうがかわいいというかカッコいいというか・・・とにかく子猫がかわいいのは当たり前なのでいかに大人になってからもかわいいorかっこいいかが問題だよね。その点合格だなぁと思うのでありました。
昨日行ったペット屋さん、犬はたくさんいたけど猫はたった6匹(今日行った別のペットショップは猫はたった2匹)6匹の中にノルウェーフォレストジャンもおりまして、お値段17万なにがし。
ほー、モルディブに1回行けますなぁ。
その後もお金、食料etc.掛かるよねー
飼うってことは 多分無いと思うなぁ。

しかし今日も暑かった。 予報では17度だった最高気温、やっぱり25度越えてましたよ。
雨も降らなかったしね。週末、また寒くなるってのが信じられないほどでした。
明日は天気どうかなー

じゃあね

2016/03/05

3/5 不覚

今日知ったよ、福岡からのKLMオランダ航空、今年の正月で運休してた!!
あちゃ~ いつかは無くなると思っていましたが・・・
よかったー、去年の旅行で使っていて。

で、今年の5/8から今のとこ夏路線のみだけどフィンランド航空が福岡-ヘルシンキの運航を始めるんだって!
ひゃ~ こりゃあ利用しなくっちゃ!!
あ、でも今年の旅はモルディブだったー
来年も運行してくれるかなぁ?
もし運行してくれたら来年の旅はヘルシンキ経由じゃ!
色々と考えるだけで 楽しみ~
来年の旅先、どこにしようか(今から)迷っていたけど、使う飛行機会社は決まったぜ(笑)

・・いつになったら憧れのルフトハンザに乗れるのかしらねぇ(笑)

じゃあね

おぉ!! 「精霊の守り人」 19日からだってーーーー
プリプリが番組に出るというので予約してたんだけど、その番組が終わった後予告編が流れた~
いつもNHKって見ないから・・・あー、よかった!

じゃあね

2016/03/04

3/4 予約

10月に弟夫妻がとーきょーから遊びに来るのだけど、軍艦島に行ってみたいということだったので予約を入れました。
軍艦島に行くツアーをやってる会社は調べたら4つくらい見つかったのだけど、10月の予約をやってたところは「軍艦島コンシェルジュ」ってとこだけだったのでそこに頼むことに。
1週間前見たときは行きたいと思っていた日の午前中は満席で午後は48席空きがあったのだけど、今日見たら空きは28席に。人気あるね~~ 
もともと世界遺産になる前に行ってみたい、行こう!って家族が言ってたんだけどなんかぼーっとしてるうちに世界遺産になっちゃって、「ならもういーや」なんて言うからそのままになってたのでした。
今回はいい機会だったよ。 天候次第では上陸できなかったりするらしいので、天気が良くて時化ないよう今から祈りましょう。

じゃあね

2016/03/03

3/3 「エチュード春一番」

今日はお雛様だね。 何もしないけど。

エチュード春一番 第一曲 小犬のプレリュード』 (荻原規子著 講談社タイガ)を読みました。
51bxpegl4sl_sx350_bo1204203200_
女子大生に成りたての美綾が主人公の物語。家族がロンドンに行っちゃって一人で家に残り大学生活をスタートさせるんだけどひょんなことから犬、パピヨンを飼うことになってね。で、実はその犬、八百万の神が憑いていたの! なんかすごく斬新な神様だったー 人間の格好をして下界で暮らしてみるのが目標で今はその準備期間なんだってー 色々情報集めたり、人間の姿を構築したりしかいう考え、へーーでした。 神様だったら「ひょいっ」って感じで人間にでも犬にでも化けれるのかと思っていたから。 パピヨンはモノクロって名前をつけられたのだけど、たまに美綾に話しかけてくるときのモノクロの考え方や見方はなるほど人と違って色々と意外でした。そうね、人間だけが他の生き物と違うところってたくさんあるよねー
結局この本では久しぶりに会った小学校の頃の同級生の有吉にいいように引っ掻き回されたって感じだったのですが、美綾はマジ鈍感すぎだなー 澤谷の気持ち、何でわかんないかなぁ? まぁ高校からの友だちの愛理ちゃんももうちょちっと早く諭してやればよかったのにね。
大学で見かけたモノトーンのイケメンがキット神様だろうと思っていたけど、大当たりだったね。
神様の準備が整い、人型になったらいわゆる世間から見た場合「同棲」になっちゃうのかしら。あーら、大変ねぇ。 次の巻はどういう展開になるのかな?
hontoの【商品解説】では
「「あなたの本当の目的というのは、もう一度人間になること?」
大学生になった春、美綾の家に迷い込んできたパピヨンが「わしは八百万の神だ」と名乗る。はじめての一人暮らし、再会した旧友の過去の謎、事故死した同級生の幽霊騒動、ロッカーでの盗難事件。波乱続きの新生活、美綾は「人間の感覚を勉強中」の超現実主義の神様と噛み合わない会話をしながら自立していく──!」となっていました。

朝からまたペットボトルのお世話に。でも時間が無くて水を半分しか入れていかなかったのでフロントガラスの左5分の1くらいはしばらくは凍ったままだったよ。
でも昼間になると暖か。 帰りもいい感じでした。
明日はどうなのかな?
そーそー、上司の奥さんがインフルエンザになったよ。 ひゃ~ 私にインフルを持ってこないでねー

じゃあね

2016/03/02

3/2 「ミレニアム4 下 蜘蛛の巣を払う女」

月曜の帰りに図書館によって借りてきたミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下)』(ダヴィド・ラーゲルクランツ著 早川書房)を読み終わりました。
61ucajbxrql_sx346_bo1204203200_


面白かった。まだまだ続けられるよねー このシリーズ
「後で思い返すと うんぬん」って記述が何度かあったけど、そこが前3作の作者と違うなーなんて思っちゃいましたが、リスベットや見返るの性格とかは壊れてなくて安心。でもさ、ワプスの由来がアメコミってのがちょっとねー 私がアメコミ好きでは無いので余計かな。
謎が解け、アウグストも幸せになれそうなのがよかったー 色々ありながらみんなが納まるところに収まってよかったって感じ。 たださ、アンドレイだけは可哀想。サラエボで悲しい体験をしたのに、人生の最後に拷問を受け、辛い目にあってしまって本当に可哀想。これってカミラの冷血さ、残酷さ、嫌な女さをみせつけるためなのかなぁ。マジ嫌いになるもんね、あの女を。 リスベットと妹のカミラ、これからこの妹との戦いが再開するんだろうね。子供の頃はどっちかというとリスベットの負けって感じだったからぜーーーったい今度はあんな女叩きのめしてほしいよ。ただ殺人者にはしたくないから最後の最後は自滅してほしいな。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「NSAのネットワークに侵入したのはリスベットだった。彼女はある目的のため、この犯罪組織を追っていたのだ。犯罪組織のリーダーはサノスと呼ばれていた。一方ミカエルは、セルネル社が『ミレニアム』編集部から彼を追い出そうとしていることを知るが、さらに衝撃の事件が発生する。万全の警備システムを設置し、自閉症の息子と暮らすバルデルの家が襲撃されたのだ。警察の捜査が開始され、リスベットと連絡を取ることに成功していたミカエルも独自に調査に乗り出す。だが、今度はバルデルの息子に魔の手が伸びてきた。全力で息子を護るミカエルとリスベット。やがて一連の事件の背後に、リスベットの知られざる過去が大きく関わっていることが明らかになる。そして、リスベットに犯罪組織の暗殺者たちが、さらにはNSAの追っ手が迫る!」となっていました。

あーーーー 甘いものが食べたい! チョコレート、板チョコ1枚買っちゃって一人でむしゃむしゃ食べちゃおうかなぁ(笑)

じゃあね

2016/03/01

3/1 「鈴華ゆう子のただいまIBARAKI」

初めてネットで生放送見たわー 和楽器バンドのゆう子ちゃんがやってた「ただいまIBARAKI」が一夜限りで帰ってくるというので見てみたのー テレビと違い録画して戻しながら見るってことが出来ないから(私が方法を知らないだけかなのかも)、ひっさびさにお風呂をぱぱっと済ませて時間にはパソコンの前に座ってました。
そのままでは見れずYouTubeで見たのですが、途中で回線が止まることなくきちんと最後で見れてよかったわー
以前「内村さまーず」がねっと配信するってニュースが流れたときはネット環境が適してなくて見る事が出来ず悔しい思いをしたけど(今は地上波で見てるけどね、随分遅れて)まぁヒカリではないに城診る事が出来てよかったよ。
それでも回線やプロバイダーを選べない、という田舎に住んでるのは悲しいなぁとおも浮けどね。

今日は昨日より冷えたらしい。でも朝は風が無く青空だったせいか昨日より暖かく感じたんだー
明日は・・・えー、-3度? おいおい 頼むよー あ、昼は13度? 全く・・・

まぁそあいう季節なんだろうね。

じゃあね

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »