無料ブログはココログ

« 12/13 外食 | トップページ | 12/15 チャージ休暇1日目 »

2015/12/14

12/14 「ひみつの校庭」

今日はひみつの校庭 (ティーンズ文学館)』(吉野万理子著 学研プラス)を読みました。
51hvrqfyqkl__sx338_bo1204203200_


さすがにティーンズ用、昼休み半ばで読み終わってしまった。もう一冊持っていくべきだったなあ。
小学生の男の子葉太が主人公。
葉太の学校では一年生のときに自分の木を決め、その観察をノートにずっと書いていくってなってるの。ほとんどの子が一年生の最初の頃だけ書いてほっぽってしまうのだけど、たまにまじめに書いて2冊目を校長先生にもらいにいくとなんと鍵をくれてフェンスで仕切られた先の校庭に、珍しい植物がいっぱいある植物園後に入れるようになるの。で、そこには死んだはずの人が植物の世話をしているんだよね。実は葉太のお父さんも。
ちっとも幽霊らしくないけど実は幽霊なんだよね。
47年目にして花を咲かせたアオノリュウゼツラン、そーそーメキシコでテキーラの元になってるのがリュウゼツランだったね。 もやしもんにも出てきたわね、確か。暖かい温室だけでなく乾燥用の温室?もあるってのがすごいねぇ。
観察ノート、私だったら続けられるかしら? やっぱり木の種類次第?

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「葉太の学校では、入学すると自分の木を決めて、卒業までの間、観察ノートをつけることになっている。もともと自然が多く、昔、植物園だった校庭はフェンスで区切られ、半分は、元園長の庭に。ある日、校庭の奥に木戸があることを知った葉太。その先にはふしぎな植物と、思いがけないひみつがあったのだ―。ノートとかぎがつなぐ、植物ファンタジー。」となっていました。

明日から休み~ しあわせ~(笑)

じゃあね

« 12/13 外食 | トップページ | 12/15 チャージ休暇1日目 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/62871130

この記事へのトラックバック一覧です: 12/14 「ひみつの校庭」:

« 12/13 外食 | トップページ | 12/15 チャージ休暇1日目 »