無料ブログはココログ

« 11/26 「他人の墓の中に立ち」 | トップページ | 11/29 「007 スペクター」 »

2015/11/27

11/27 「ニレの木広場のモモモ館」

今日はニレの木広場のモモモ館 (ノベルズ・エクスプレス)』(高楼方子著 ポプラ社)を読みました。
Photo


久しぶりに高楼さんの本を読みました。
モカという小5の女の子が引っ越してきたばかりの町で集合場所を勘違いして集まった同じ年のモモ、一つ年下の男の子カンタと仲良くなり、3人で壁新聞を作ることになり、途中からリッくんという小6の絵が好きな男の子、コータという中一の男の子も加わって物語りは進んでいきました。
大泥棒が出てきたのだけど、それがあると急に作り話になっちってちょっと残念。でも話のつくりは良く出来ていました。
カンタの大叔母さんのところに行ったコータの生活はとても素敵だったわ~
壁新聞、実を言うと好きではないの。でもそれを作るとき、みんなで集まってわいわいやるあの時間、空間って本当に楽しくて人生の宝物なんだろうなーっては思いました。子供の頃のクラスメートではなく、年も性別も違っているのにいい仲間ってのはすごく羨ましいなぁと思いました。
最後に実は彼女たち、学校ではいわゆるいじめられっこなタイプで苦労していた、みたいなことが書いてあったけど、あぁそうだったのか、と。だからお母さんが友達が出来たと聞いて喜んでたんだなぁと。大人の立場の気持ちもちょっとわかりました。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「ある土曜日の朝、ニレの木の下でぐうぜん出会った、5年生のモモとモカと、4年生のカンタ。初めて出会った3人なのに、その日のお昼まえには、壁新聞“モモモ館”作りに夢中になっていた!本物の仲間に出会った瞬間からかがやき始める子どもたちの時間!」となっていました。

寒い、寒い。
最高気温12度、最低5度。
ついこの前まで20度だったとよー 
でもま、今日はちゃんとコート着ていったのて寒くなかったっす。
明日も寒そう。とうとう冬が来たなぁ。

じゃあね

« 11/26 「他人の墓の中に立ち」 | トップページ | 11/29 「007 スペクター」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/62761880

この記事へのトラックバック一覧です: 11/27 「ニレの木広場のモモモ館」:

« 11/26 「他人の墓の中に立ち」 | トップページ | 11/29 「007 スペクター」 »