無料ブログはココログ

« 10/29 涼しくなったー | トップページ | 10/31 「るろうに剣心 京都大火編」 »

2015/10/30

10/30 「怨讐星域Ⅱニューエデン」

怨讐星域Ⅱ ニューエデン』(梶尾真治著 ハヤカワ文庫)を読みました。
Photo


ノアズ・アークの船内での出来事、約束の地エデンでの人々の出来事が書いてありました。それこそ次の話になると何十年も過ぎていて、でもしっかりと繋がっているのよね。世代が移り変わるたびにニューエデンはどんどん文明が進んでいくのねー 戦争がない世界が出来ているのがすごいよね。ただ、最後のほうはちょっと怖い。いよいよ船がエデンに到着するまで10年くらいって所になってさ、惑星のほうでは船が着いたら乗っている奴らを許すまじ、粛清してやるー みたいな運動が高まっているだよねー 嫌だなぁ、争いってなれば。
なんとかお互いが幸せに出会ってそして生きていって欲しいのだけど・・・
さぁラストの3巻、どうなるんだろう?
あ、でも転送を開発したイアンがすごく遅れて星に着いたってのはあら~でしたね。
どっちにしても彼女には会えなかったけど、でも誰かいい人は出来たんだ。後で子孫が出てきたから。 船のほうでは実の息子から子孫が続いているようだし。 両方の子孫がきっと3巻では出会うよね?
あと今回も山歩きの様子が書かれた作品があって、カジシンの趣味だろうなー、とほほえましく思ってしまいました。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「滅びの地球から脱出した、2つの人類。その1つは宇宙船ノアズ・アーク内で、結婚して子を産み育てながら172光年先を目指していた。いま1つの人類も、星間転移で到達した約束の地・エデンにて世代を重ねながら、新たな文明社会を築いていた。最初の転移者から数えて第5世代のタツローは、入植を祝う降誕祭の準備に奔走する日々。彼はやがて、歳月を超えて受け継がれたノアズ・アークへの憤怒と憎悪に直面するが…。」となっていました。

朝からヒートテックとカーディガン。ちょっと肌寒かった? 9月の旅行先と同じくらいかもしれません。朝の気温。
なんとなく帽子がほしくなるよねー 来週からニット帽かなぁ? 前髪、きらなきゃな。

週末だーー
天気はイマイチみたいだけと、冬の羽根布団はこの前打ち直したばっかだから部屋の中で少し広げるだけで大丈夫だと思う。 ベッドはヒーターが入って寒くないけど、でも夏の羽根布団より冬用にしたほうがいい感じだよねー、 そろそろ。
衣替えも冬物を出し切っていいかもね。 半袖とかは完全にしまっちゃおーっと!

じゃあね

« 10/29 涼しくなったー | トップページ | 10/31 「るろうに剣心 京都大火編」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/62581444

この記事へのトラックバック一覧です: 10/30 「怨讐星域Ⅱニューエデン」:

« 10/29 涼しくなったー | トップページ | 10/31 「るろうに剣心 京都大火編」 »