無料ブログはココログ

« 7/20 ネットがー | トップページ | 7/22 「日本人の知らない日本語2」 »

2015/07/21

7/21 「わたしのイギリスあなたのニッポン」

わたしのイギリス あなたのニッポン』 (高尾慶子著 文春文庫)を読みました。
51j5s0c5ehl__sx328_bo1204203200_


なかなか言いたいことをはっきり言う、毒舌気味なおばちゃんのエッセイでした。
うんうん、そーだそーだ、とすっきりする部分もあったけどこの人が身近に、特に職場にいたら絶対嫌だって思っちゃいました。 怒りまくって怒鳴りまくる人は苦手だよ。
作者の言うように日本の街が電柱、電線だらけで広告が貼られまくって見苦しいっては思わないんだなぁ。その風景見慣れすぎてこれぞ日本、なんだよね。
でも「テレビ番組」の章で語られていたこと、2003年ではまだまだ日本は自国を卑下していたけど、日本のいいところをもっと知って、みたいな日本人妻とのおしゃべりの中で出てきたことは2011年のあと、すごーーく取り上げられるようになったね。インターネットででも日本のテレビ番組でも日本人の清潔さ、時間に正確な電車にどんなときでも行列を守り、山の中の自動販売機でも壊されずにちゃんと動いてる・・・とかそんなこと。
私が外国、ヨーロッパが好きなのはそれは非日常だからだろうね。いざ住むとなったら・・・やっぱ日本が一番なのかなぁ。北欧のように福祉の国で老後を過ごせるのはとてもいいだろうけど、でもそのためにはしっかり税金を納めなきゃなんないんだよね。
日本の政治家は赤ん坊だと書いてあったけど、日本はさ、明治時代がよかったのかも。
明治の人が生きて指導者でいた間がまともだった気がする。明治の人が死に絶えちゃったから日本の道徳も消えてしまっちゃったような気きがするなぁ。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「長年のイギリス滞在経験をもとにした、歯に衣着せぬイギリス批判、日本への叱咤激励。生涯最悪の職場、職業訓練学校の友だち、空き巣騒ぎと火事騒ぎ、留学生との出会い、英国と日本の姑、町の景観、自由と不自由などを綴る。」となっていました。

じゃあね

« 7/20 ネットがー | トップページ | 7/22 「日本人の知らない日本語2」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/61930889

この記事へのトラックバック一覧です: 7/21 「わたしのイギリスあなたのニッポン」:

« 7/20 ネットがー | トップページ | 7/22 「日本人の知らない日本語2」 »