無料ブログはココログ

« 7/9 「六人目の少女」 | トップページ | 7/11 朝飯は・・・ »

2015/07/10

7/10 「ザ・ドロップ」

ザ・ドロップ 』(デニス・ルヘイン著 早川書房)を読みました。
512hg5qa26l__sx285_bo1204203200_

「ミスティック・リバー」も「シャッター・アイランド」もこの人が書いたんだ。読んだことはないけど映画は見ました。 
主人公のボブ。彼は悪者?それとも善人?普通の人? 社会的には悪人かもしれないけど、地域的に見れば普通の人で善人・・だと思うな。
ナディアってどんな女なんだ? よくわかんないねー まぁボブを裏切らないで欲しいなぁ。
刑事もいとこも結局何? 天使のように良い奴は一人も出てこないんか? なんてね。
ロッコっていう犬とボブがいつまでも仲良く過ごしてほしいわ。
しかしこんな界隈で暮らせば私とかも悪人になるのだろうか? それとも一番に殺されちゃうのかな? 
映画は日本で公開されないのかな? 飛行機でとかはやってそう。
【「BOOK」データベースの商品解説】には
「バーテンダーのボブがその子犬を拾ったのはクリスマスの二日後のことだった。仕事からの帰り道、たまたま通りかかった歩道の横のゴミ容器から、弱々しい泣き声が聞こえたのだ。子犬を抱き上げ、近くのアパートからナディアが姿を見せた時、孤独な負け犬だったボブの人生は変わった。殻から抜け出し、人生に希望が見えたのだ。だが、組織が所有する彼の勤め先のバーに強盗が押し入ったことから彼にも火の粉が降りかかってきた…ボストンの裏町に生きる人々の姿を巨匠がムード充分に描き、映画化された傑作ドラマ。 」となっていました。

やっと週末がきました。
明日は休み。嬉しいねぇ。

じゃあね

« 7/9 「六人目の少女」 | トップページ | 7/11 朝飯は・・・ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/61869232

この記事へのトラックバック一覧です: 7/10 「ザ・ドロップ」:

« 7/9 「六人目の少女」 | トップページ | 7/11 朝飯は・・・ »