無料ブログはココログ

« 6/7 ユーロスター | トップページ | 6/9 歯医者ふたたび »

2015/06/08

6/8 「地球が寂しいその理由」

地球が寂しいその理由 (ハヤカワSFシリーズ―Jコレクション)』(六冬和生著 早川書房)を読みました。
Photo


どの本を東京出張に持っていくか悩んで、読み応えがありそうなこの本にしました。とにかく道中で読み終わり手持ちぶたさになるのが怖かったのですが・・・ 帰りは読むより寝てた、って感じであんまり読み進まなかったのでした。 飛行機で読書ってのは私には向いてないのかな? 旅行に行く時も一応持っていくけど本を読む時間あんまりないんだよね。
というわけでやっと今日読み終わりました。

久しぶりにJコレクションを借りて読みました。
AIだけど人格があるんだよねー 地球を管理している姉のアリシアと月を統括するエマ。エマは結構はっちゃけてて、アリシアは結構クソまじめ。
なんかね、途中で読むの中断したりしたからかそこまでのめりこめなかったな。 最近SFをほとんど読んでいないから脳がSFについていけないのかも。 かなしか~
タイトルはね、なんと月が地球から去ってしまうの。 月を飛行船として焼き尽くされる太陽系からだ出していくのよね。 なんかうーんと・・・結局オパールはどうしたの? 死んでしまったの? 他はどうでもいいけどオパールがベーゼンドルファー(ピアノ)で歌った「Fry Me to the Moon」は聞いてみたいなぁ。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「地球と月を統括する量子コンピュータのAI人格は、双子の姉妹だった。姉のアリシアは、崩壊寸前の地球環境と社会の維持につくす優等生タイプ。妹のエムは、ゴシップに夢中な月の脳天気ガール。人間を常に教導し畏怖されている姉妹だが、秘密の専用回線では毎日喧嘩ばかり。月のヘリウム3採掘権をめぐる姉の申し入れに対して、妹が出した条件はなんと地球のロックスターの月面公演依頼だった。万事がこの調子の妹にアリシアは激怒するが、エムには姉に告げられないある“秘密”があった―星間を行き交う罵詈雑言の応酬の裏で、地球圏全てを巻き込む壮大な危機が迫る…。ハヤカワSFコンテスト大賞受賞第1作。」となっていました。

いよいよ梅雨。でも土砂降りでなかったのは幸い。
今年も通勤時はしとしと降りor止むってのがいいなぁ。

じゃあね

« 6/7 ユーロスター | トップページ | 6/9 歯医者ふたたび »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/61715007

この記事へのトラックバック一覧です: 6/8 「地球が寂しいその理由」:

« 6/7 ユーロスター | トップページ | 6/9 歯医者ふたたび »