無料ブログはココログ

« 6/1 「随筆集 だれも知らない小さな話」 | トップページ | 6/3 Restaurnt MONNALISA »

2015/06/02

6/2 「ロマンス小説の七日間」

今日はロマンス小説の七日間 (角川文庫)』(三浦をしん著 角川文庫)を読みました。
51r53b7ez3l__aa324_pikin4bottomrigh


三浦をしんだったので借りてみました。 翻訳するという形で中世ヨーロッパあたりのロマンス小説とそれを翻訳している現代の女性、あかりとその半同棲相手の神名との話も読めてなんかお得でした。神名が突然仕事を辞めて、その事をあかりだけ知らず、他の人たちは辞めたがってることやそのあと世界を旅することなんか知ってたってことで喧嘩しちゃって・・・ そりゃそーよね。なんか悲しいたい。 しかしその反動もあってか翻訳をせず、何故か創作を始めちゃうあかり。おいおい、大丈夫か、ってつい思っちゃいました。 まぁそれはそれで面白い話を読めたからいいかー
ストーカー騒ぎもあったけど、その対象のまさみちゃんって子は好きくなれないなぁ。


「内容(「BOOK」データベースより)
あかりは海外ロマンス小説の翻訳を生業とする、二十八歳の独身女性。ボーイフレンドの神名と半同棲中だ。中世騎士と女領主の恋物語を依頼され、歯も浮きまくる翻訳に奮闘しているところへ、会社を突然辞めた神名が帰宅する。不可解な彼の言動に困惑するあかりは、思わず自分のささくれ立つ気持ちを小説の主人公たちにぶつけてしまう。原作を離れ、どんどん創作されるストーリー。現実は小説に、小説は現実に、二つの物語は互いに影響を及ぼし、やがてとんでもない展開に!注目の作家、三浦しをんが書き下ろす新感覚恋愛小説。 」
となっていました。

今日は仕事の後支社で打ち合わせ。
雨とは知ってたけど思った以上に降ったなぁ。
明日があるのでいつもより早く終わったものの、1.2分の差で8時半のJRが出た後。 次は9時だよ。30分も待たなきゃなんないなんて、勿体無い、時間が。 おまけに持っていった本、10分もせんうち読み終わってさ、あーあ。 電車に乗って座れたのはよかったけど、松橋-八代間が大雨のため徐行運転。 着かない~ 駅に。
やっと降りる駅に着いたら雨は小雨。おいおい!
家に帰り着いたのは10時でした。 支社で手2時間じゃん。もったいねー 時間。
でもま、一応家族に聞いたら大雨だったらしいよ。
今は風が凄いっす。 明日、大丈夫かなぁ? 電車、もし走らなかったらどーしよ。
飛行機は大丈夫だと思うのだけど・・・どーだろ?
頼むば~い!

じゃあね

« 6/1 「随筆集 だれも知らない小さな話」 | トップページ | 6/3 Restaurnt MONNALISA »

」カテゴリの記事

コメント

大丈夫だった?たった今NHKニュースで八代の大雨見て、もうビックリしてー。明日の出勤も気をつけてね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/61686384

この記事へのトラックバック一覧です: 6/2 「ロマンス小説の七日間」:

« 6/1 「随筆集 だれも知らない小さな話」 | トップページ | 6/3 Restaurnt MONNALISA »