無料ブログはココログ

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015/05/31

5/31 フエヤッコ逝く

なんと突然飼っていたフエヤッコ(海水魚)が亡くなってしまったよ。
なんの前兆も無かったのに・・・
どうしたのかしら?
昨日、わさわざフエヤッコ用に細かい粒の餌を買ったのに。
昨日でかける前に死んでいたら新しいフエヤッコをきっと購入していたので(いいのがいたらしい)家計には優しかったけどやっぱ悲しいな。なんで死んだかがわかんないから特に。
水槽がまた寂しくなります。そういえば隠れくまり実もいつの間にか2匹が1匹になっていたんだよ。

最近は餌やりすらしなくなってしまったので(私がしなくなっただけでちゃんと毎日餌は与えてます)同じ部屋にいながらちょっと疎遠気味だったのでショックは小さいけれど・・・残念。

3日の日のために羽田から永田町までの交通手段を調べているけど、いーっぱいありすぎて訳わかんない。
調べるたびに違う路線や乗換駅が出てくるんだよ。 で、何故乗っている内に線の?名称が変わってる。それもわからーーーん
途中の駅で降りてランチしようかとも思ったけどやっぱりわかんないからとにかく永田町まで行っちゃっててきとーに食べたほうがいいみたいだね。
全く、よっぽど海外のほうが迷わずすむよ。
ま、でも日本人なのでいざとなったら駅員さんに聞きまくればいいだけさーね。
なんてったっておのぼりさんだけんねー(笑)

じゃあね

2015/05/30

5/30 バーガーキング!

福岡にバーガーキングがあると知って我慢できず出かけて来ました(笑)
朝ごはんは最近相方がめっちゃ気にいってるすき家のまぜのっけ朝食、320円。
時間が10時ごろだったので昼ごはんはちょっと遅めに。
バーガーキングはイオンモール香椎浜にあるので着いてすぐバーガーキングの確認だけしてお腹減らすためにうろうろ。
ついでだから今度東京に着ていく服探し。 くー、置いてある服を見ると「こんなでっかい服!」と思うのに試着するとパツパツ。シルエットがイメージとまるで違う! くーーーー
入る服を売っててくれ~って感じでした。

そしてバーガーキング。
考えてみればバーガーキングを食べるのは8回目くらいだけど日本で食べたのは初めてだ~
ワッパーと照り焼きワッパー(ジャパンバーベキュー)をセットで食べました。
うー、この味この味! 肉が違うよね~
美味しかったー
結局帰りにも買って帰った。 最初食べた時のレシートにワッパージュニアの半額券が付いていたのでワッパージュニアも買って帰った。土産だー(笑)
結局今日だけでバーガーキングに4320円! 笑っちゃうよ。 お支払いがワオンだったのはよかったっす。5%オフならもっと良かったのにねぇ。

その後第2の目標、魚の餌を買いに南風苑まで。餌代5000円。 これで何ヶ月もつのだろう?約半年かな?

ついでなのでイオンモール福岡へも。 街中は駐車場代がかかるし、おしゃれな店だと高いしサイズ無いし(笑)
結局そこで服とか買っちゃった。 

そして帰りは牧のうどんでやわらかいうどんを食べて帰りました。

明日は食料品の買物だー
天気がよければ洗濯だー

じゃあね

2015/05/29

5/29 「今日もいい天気」

今日もいい天気』(新井素子著 廣済堂出版)を読みました。
Photo

新井素子の8年前のエッセイ集です。
なんか読んだことあるような、無いような・・・って感じだけど読んだことはなかったです。
お猫さまってあのファージかぁ。 そっかー 気付かなかったよ。そっか、そっか。
しかし素子さんもご主人も碁にはまりまくってますねぇ。
私には無理。考えるの苦手~(笑)
家も折角建てたのに色々と問題が多かったのね。少なくとも建築会社がいいところでよかったね。
あと結露問題。うちも結構ひどかったけど最近気にならないなぁ・・・ 何故? 単に「気にしなくなった」のかしら?(笑)

内容(「BOOK」データベースより)
「うわぁぁぁ、携帯電話が鳴った!」人気SF作家の素顔がのぞく、どこから読んでも笑えるエッセイ集。
となっていました。

また読書データを書き込んでいるソフト、バグらせちゃって書き込めなくなっちゃった。うー、昨日のデータに「”」が入ってたのを見逃してしまったからだーーー がっくり
そしてキーボードを落としたら書いていた文章が消えまくってしまった。トホホ

今日は人間ドックに行ってきました。
ちょっと心電図で不整脈が見られたけど特に気にする必要は無いようです。

じゃあね

2015/05/28

5/28 「吉祥の誘惑 採薬使佐平次」

吉祥の誘惑 採薬使佐平次』(平谷美樹著 角川書店)を読みました。
Photo


今回はクスリの犯罪の話。
吉原で元気にするクスリを飲んだお客が死んでしまったの。花魁を身請けする寸前だったのにかわいそーねー せめて身請けしたあと亡くなったらかったのにねぇ。 そしてアヘンの害も出だしてね。佐平次によく相談に来る同心の省吾んちのマサちゃんまでかどわかされてアヘン中毒にさせられて大変だったの。色々調べていくうちになんとイギリスの商船まで出てきたー びっくり。
なんか本当に江戸の世を治めるってのも大変なのねー やっぱりどこか歪んでるじゃん。徳川の家でも将軍の仲間はいい思いするけど、同じ徳川でも尾張のほうは虐げられてたり、外様大名は貧乏だったり、外国との付き合いもなんやかんやで難しい。なんでも自由ではなかったしね。 町民達もいいときにはいいんだろうけど、やっぱ辛いことも多かっただろうな。 吉原が最初に出てきたのでこの本読んだら「仁」を思い出しちゃった。ありんす言葉とかね。
しかし本当に江戸時代の人って歩くんだねぇ。 陸奥って青森だよね? 歩いていくなんて、考えられーーん
【「BOOK」データベースの商品解説】ニハ
「吉原で、御大尽の肥前屋が亡くなった。持病などはなかったが、なぜか遺体の側には、宝相華の模様がはいった薬包が落ちていた。同心の省吾は、薬屋を調べ始めるが、薬包の中身の正体は分からない。そこで、植物に詳しい採薬使・佐平次の所へ相談を持ち込む。佐平次は、その頃花街で流行っていた、惚れ薬や性欲剤などではないかと推測して、花街にある薬屋などに、話を聞きに行くことに。そして、吉宗へ報告しに行った佐平次は、花街での四十~五十代男性の“病死”が多発していることを知る。薬包の中身を調べていくうちに、「抜荷」の存在に気付いた佐平次が追うと、それは長崎奉行と繋がっていき―!?植物学のスペシャリスト、正体不明の『薬』に挑む!!新解釈時代ミステリ!!シリーズ最新作!」となっていました。

これで借りた佐平次ものは終了。
明日は人間ドックだよ。 9時までしか食べれない。と、慌てて弟がディズニーランドに行ったからと送ってくれたクッキーをぺろりと食べてしまっちゃった・・・・ 結構大きな缶だったのに・・・・

明日は病院に直行、その後ごはんをどっかで食べて営業所へ。
何時ごろになるかなぁ?

じゃあね

2015/05/27

5/27 「将軍の象 採薬使佐平次」

昨日、今日で『将軍の象 採薬使佐平次』(平谷美樹著 角川書店)を詠みました。
Photo


何故江戸時代に象? と思ってちょっと調べてみましたが、どうも実話らしい。それも結構な実話だね。象使いの名前とか女象使いもいたとか史実と同じ。なぜ平谷さんはこの話を佐平次と絡めて書こうと思ったのかなぁ?まぁでも書いてくれてよかったよ。じゃないと知ることも無かったろうから。
最後が悲しかったー 老中たちが飢死にすればよかったったい。勝手に象を手配して、勝手に何人もの人が死んで、勝手に象ば殺して、最後は放り出して飢死にさせるなんて、悲しくてたまらんです。聖天はなんも悪い事しとらんとにたい。
象道中、長崎から江戸まで、大変だったろうなぁ。ずっと歩きなんて昔の人はすごいや。
ただ、将軍が象の薀蓄を語っただけで将軍に認めてもらおうと勝手に動いた奴、質素倹約を掲げているのに、象のためにものすごいお金を使うことになってしまう大名達の不満、それを阻止しようとする鯨方の動き、それだけを見るとそーーんなに間違ったことじゃないのかも知れないけど、結局は浅はかな考えがみんなを巻き込んでぐじゃぐじゃにしちゃったんだね。 ホント、切ないわ。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「長崎港に象が2頭到着した。輸入する直前に白紙になったはずの契約。誰が何の目的で象を輸入したのか。吉宗は不信感を覚える。世話係を命じられた佐平次たちは、江戸へ、象を送り届けることに…。採薬使佐平次シリーズ第2弾。」となっていました。

今日は蒸し暑かった。
明日は雨なのかなぁ?

じゃあね

2015/05/26

5/26 蚊帳

日曜日にナフコに行ってとうとう蚊帳を買いました。
ベッドの上だけに吊るせばいいや、と思い買ったのは4.5畳用。 お値段5637円。
でも5000円分はギフト券使ったので637円で買った気分。
吊るすには枠を作らないと無理かなぁと思ってましたがなんとかつるすことが出来ました。
写真が下手です。
P11204771


でもこれで網戸にして寝ても蚊に刺されず眠れるはず!
あ、でも昨日は暑かった分ベッドのヒーターが入らず、冷たいやら、しいた毛布が暑すぎるやら、体調がイマイチだったから厚くなったり寒くなったりで何度も目が覚めてよく眠れませんでした。
でもその割には朝の目覚めもよく、風邪具合もいい感じ。
さすがに夕方はきつくなって定時に帰宅してしまいましたが・・・
今夜は早めに寝ようかなぁ? でも早く寝ると逆に夜中に目が覚めて眠れなくなったりするんだよねー
ま、いいかー いきと~に

じゃあね

2015/05/25

5/25 「採薬使佐平次」

採薬使佐平次』(平谷美樹著 角川書店)を読みました。
Photo


江戸時代のものが読みたくて図書館うろうろしていたら平谷美樹さんがこんなの書いてた。 私のイメージではSF、それも私の好きな時間物。 時代小説も書いてたの?
シリーズっぽかったのだけどどれが1巻かよくわからないまま
一番シンプルなタイトルを選んでみました。
時代は八代将軍吉宗。採薬使という諸国を旅して薬草等を採集・研究した者達の一人、佐平次が主人公。将軍より直接命令を受けて活動する間諜=御庭之者いわゆる御庭番って書いてあったけどうーんと、忍者ってこと? あまりにも乏しいその辺の知識。悲しか~
御庭番とか聞いたことはあるんだけどなぁ。 ど町人の話しか読んでないからよう判らんのかな? いわゆる時代劇のイメージだね。
最後の大捕り物のところで電車が駅に着き、家に帰ってきて続を読み終えたのはご飯食べてお風呂入って洗濯物干したりしたあと。 なんか残念だよ。一気に読みたかったー
しかこの本にも蝗害が出てきた。 彩雲国物語とは違って稲に害するウンカの害だったけどね。 その蝗害をなんと吉宗をよく思っていない尾張徳永の宗春が学者や浪人達を使って広めてたって恐ろしい話。将軍の立場を悪くするためなら百章が何十万人も死んでいいんかい! 全く怖いなぁ。 民のことを全く考えず、自分のことだけしか頭に無いんだね。 もしくは考えても自分の家臣、武士の位の者たちまでしか。そんなやつが将軍でなくて良かったよ。 しかし飢饉って怖いよね。飢饉で思い出すのは昔読んだ本宮ひろしのマンガ「大飢饉」確かそれに泥粥?ってーのが出てきた気がするんだよね。
今の日本で餓死者が出るってのは特殊な限り考えられないけどちょっと隣の国ですら、まだ餓死者って出るんだよね。 アフリカとかの国にも。 早く餓死者の出ない地球になればいいのに。でもずーーーーーっと未来になるとまた餓死者が増えて人間は滅ぶのかもね。少なくとも私は既に死んでいるだろうけど。

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「大川で惨死体が上がった。吉宗配下の御庭番にて、採薬使の佐平次は探索を命じられる。その死体が握りしめていたのは、昇降図と呼ばれる代物で、温度を測るものだった。一体何のために使うのか…。同じ頃、西国では蝗害が広がり、ほかの採薬使仲間は原因を究明すべく、江戸を立つが…。 」となっていました。


もう大丈夫か?と朝から風邪薬を飲んでいかなかったのはちょっと失敗。ちょっときつかった。
朝まで飲んでいけば治っていたかも。まだちょっと鼻水出るし声も変。
早く帰ってきたかったけどちょっと時間くって1本遅い電車で帰ってきました。
シルバーシートに座ってきちゃった。体がきつかったから許して~って感じ。

じゃあね

2015/05/24

5/24 パーマ

東京さ行くけん身なりば整えなん、というわけではないのだけど、いつもよりちょーーーっと早くパーマ屋さんへ行ってまいりました。
その前に図書館に行って今週分の本を借りました。先週は1日1冊ペースだったので借りていた本ほぼ読み終わっちゃったんだー。
パーマ屋さんは4時に予約入れてて6時15分ごろ終わりました。
まためーいっぱい切ってもらったので次は12月だね(笑)

朝はドンよりだったけど昼からは予報どおりいい天気。
夏の羽根布団干したので今日から使います。でもカバーが1つ見つからないのだ。どーしよう?

じゃあね

2015/05/23

5/23 「ひとりぐらしも9年め」

ちょっと前にひとりぐらしも9年め (メディアファクトリーのコミックエッセイ)』(たかぎなおこ著 メディアファクトリー)を読みました。
Photo

その前にみおちゃんから『ひとりぐらしも5年め』も借りて読んでいたのだ。
1


なんか「そーそー」と思ったこともあったのに、忘れちゃった(^^ゞ
【「TRC MARC」の商品解説】では
「ひとりぐらしも9年目。もう、初々しい気持ちも忘れがちな今日この頃だけど、ときにはふと、ちょっとさみしくなってみたり、ちょっと不安になってみたり…。そんな日常をマンガやイラストで綴る。」となっていました。

今日は熊本市内に出て買物したり昼飯食ったり。
クレアで服を探すも体に合わず(笑)
やっぱり余分に付いた5キロの肉は大きすぎるのであった。
どーにかせねば・・・いいつつ、タリーズで杏仁バニララテを飲んでいた。
ダーメだこりゃ(笑)

じゃあね

2015/05/22

5/22 「雪と珊瑚と」

結局一日で読んでしまっちゃった雪と珊瑚と』(梨木香歩著 角川書店)
03530127_1


久しぶりに梨木さんの本。エッセイ以外ではちょっと判りづらいフシギな話が多かった印象だったのでこの本はとても読みやすかった。
まさかタイトルが人の名前とは思わなかったけど。
でもやっぱり梨木さん。最後の方で美知恵からの手紙はうぐっと思ってしまった。 雪の夜泣きにもいいことばっかじゃないんだ、って。主人公の珊瑚は子供の頃ほとんど親に構われず育児放棄された中なんとか育ったきていたのだけど、子供が出来て結婚してすぐ離婚してと結構ハードな人生を過ごしているのだけど、でも淡々としている感じ。「赤ちゃん、お預かりします。」の張り紙とくららさんに出会わなかったらカフェを開くことも、色々な人とちゃんと付き合っていくこともなかったかも。
しかしこの本にも美味しそうな料理がいっぱい出てくるなぁ。私の嫌いな食材も多々あったけど、それでも食べてみたい、つて物が多かったな。ただ珊瑚が開いたカフェはうちの近所じゃ無理だろうね。そうそう、アレルギーに易しいパン屋も出来たのにすぐ潰れちゃったもんね。都会だからこそ出来る店、求められる店なんだろうなぁ。 この辺じゃ質より安さだもんねー 自然はその辺にいっぱいあるし。
でも珊瑚、ガンバレー 店を広げていくより、ずーーーっと続けていいお客さんがいっぱい付く店になって欲しい。雪が大人になってお嫁さんになって出て行っても珊瑚はずーっとそのカフェでおばーちゃんになるまで幸せに暮らして欲しいなぁ。ってそう思いました。

【「BOOK」データベースの商品解説】 では
「珊瑚、21歳。生まれたばかりの子ども。明日生きていくのに必要なお金。追い詰められた状況で、一人の女性と出逢い、滋味ある言葉、温かいスープに、生きる力が息を吹きかえしてゆく―。シングルマザー、背水の陣のビルドゥング・ストーリー。」となっていました。


後ろの窓を開け、ブログを書こうとしていたら外からなにやら人の声。 地震の警報が流れていたのでした。
テレビをつけたら本当に地震のようで。 奄美大島あたりで大きい地震って珍しくないかな? 被害が無ければいいのですが。


昨日の晩から鼻水。朝起きたら頭痛。 声も変になって、風邪?
折角明日は休みなのに。

じゃあね

2015/05/21

5/21 「なぜ絵版師に頼まなかったのか」

なぜ絵版師に頼まなかったのか  明治異国助人奔る!』(北森 鴻著 光文社)を読みました。
Photo


明治になって10年ちょっと経った頃から10年くらいのお話。主人公の冬馬は松山の田舎から丁髷を結っているという理由で東京大学で政府から招待されているドイツ人のベルツ先生の最初は住み込みの給仕、そのあと住み込みの書生、そして助手みたいになっていくの。
その中で色んな事件が起こって、というか先生達が好奇心満々で事件に首を突っ込んでいくのよねー
貝塚のモームさんとか本当にいた人たちが出てきたよ。
戦争へ傾いていく危うさもちらちらと見せつつ、西洋化へ向かっていく時代がでてたねー
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「葛城冬馬、十三歳。明治元年生まれの髷頭の少年は、東京大學医学部教授・ベルツ宅の給仕として働くことになった。古式ゆかしき日本と日本酒をこよなく愛する教授は、比類無き名探偵でもあった。米国人水夫殺害事件、活き人形が歩き出す怪事…数々の難事件を冬馬の調査をもとに鮮やかに解決してゆく。史実を絶妙に織り交ぜながら綴る、傑作ミステリー。」となっていました。


今日は仕事の後営業所の食事会。
食べて帰ってきました。家に着いたのは10時半。
疲れたな。

じゃあね

2015/05/20

5/20 「あつあつを召し上がれ」

あつあつを召し上がれ』(小川糸著 新潮社)を読みました。
Photo


短編集。 美味しい食べ物が出てくる。登場人物とかのつながりは全く無し。
あっと言う間に読めちゃった。昼休み、外でランチだったのでよかった。それでも帰りの電車が出たくらいに読み終わったよ。
「バーバのかき氷」認知症になったばあちゃんと孫とカキ氷の話。怖いなぁ私もいつかああなるかなぁ? 親が認知症になって色々と忘れたらやだなぁ。
「親父のぶたばら飯」この話が幸せでとっても良かった。外見はきったない中華料理屋。でも料理は最高! そこで亡くなった父さんの話が出て、プロポーズして・・・ いいねぇ。
「さよなら松茸」打って変わってこっちは別れ話。寂しか~
「こーちゃんのおみそ汁」すごい、こーやって出汁とるんだー いつか私もやってみようかなぁ?と思っちゃいました。
「いとしのハートコロリット」これも切なかった。まさかボケ老人の話とは。 最初外国人で日本に嫁いできた老婦人の話かと思って読んでいたの。パーラーって聞くと資生堂?みたいな。 違ったんだ。悲しいなぁ。
「ボルクの晩餐」これ、本当に豚との話? 出てくる料理はめっちゃ美味しそうだけど、でもフシギな話だよ。
「季節はずれのきりたんぽ」お父さんが亡くなって残されたお母さんと娘の話。ガスレンジできりたんぽ鍋をする母子。なんかねー なんかよかったです。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「一緒にご飯を食べる、その時間さえあれば、悲しいことも乗り越えられる?幸福な食卓、運命の料理とのふいの出会いを描き、深い感動を誘う、7つの物語。」となってました。

今日は支社で研修。 Sさんに車で拾ってもらい、一緒にランチしました。
6/3に東京に行く事になったのでどの飛行機で行こうか?とか宿泊どうする?とか、色々と打ち合わせ。
結局4人で行くけどJAL派は私だけだったので一人別行動っぽくなりそうです。 ANAのほうが時間はぴったりなんだけど、マイル、JALのを集めてるので・・・
3日は終わった後あっこちゃんと遭う約束しました。 久しぶりなので楽しみ~
品川のホテルに宿を取り、(飛行機代のみよりホテルパックのほうが1万5千円近く安くなるのだ)翌日は10時の飛行機で帰り、営業所へ出勤する予定です。
SUGOCA、使えるよね? 今から色々と調べなくっちゃ。
あ、折角なのでパーマ屋さんにもいっとこかな。

じゃあね

2015/05/19

5/19 「どや!大阪のおばちゃん学」

どや!大阪のおばちゃん学』(前垣和義著 草思社)を読みました。
Photo


いやー面白かった。
大阪のおばちゃん、言われて見るとホント彼女らは国際的だねぇ。日本の外交をおばちゃんにさせれば中国や韓国にも負けずに堂々といけるんじゃない?
最近テレビ「モニタリング」で関西と東京で色々なものをただで取っていい、どうなる?みたいなコーナーが面白くて見ているけど、そのテレビとこの本の中身がぴったりだったよ。
しかし読んでいると私自身の「大阪のおばちゃん度」がすごーーーく高いようで、怖い怖い。
【「TRC MARC」の商品解説】には
「オレオレ詐欺撃退率全国1位。この交渉力、生活力、人心掌握力はあなどれない。最強と言われる「大阪のおばちゃん」のパワーの秘訣に迫る。大阪のおばちゃん度チェックリスト付き。」となっていました。

朝所長から「明日は何時に出ますか?」と聞かれ???
ありゃー明日が支社行きの日だったか~ ずっと先だと思っていました。
おまけに今日は午後から外がすっごく明るくてなんだか時間の感覚が狂ってしまい、便をきた差側のにーちゃんに「早かったねー」と言ったら約束の時間より20分過ぎていた時間だったよ。完全に1時間ずれてた~
帰りも5時に帰ったけど歩きながら「本当に帰っていい時間だよね? 早退にはならないよね?」と不安でした。
いつもの電車でかえって来たから間違いなかったようです。
一日ぼーっとしていた感じで・・・・ ミスしてませんよーーに!

じゃあね

2015/05/18

5/18 「タルト・タタンの夢」

今日はなんと昼休みに読み終わってしまったのですがタルト・タタンの夢 』(近藤史恵著 東京創元社)を読みました。
Photo


ついつい同じ作者の本を探して借りてみました。 とても良かったです。読んだ後東京創元社と知り、やっぱ合うなぁと思ってしまいました。
フランス料理の店が舞台。でも気取ったコース料理というより家庭料理を出す店。ビストロなんですねー 勤めだして2か月のギャルソンの高築が物語を語って、7つの話が載っていました。
どれもおいしそうな料理が出てきたけど、料理そのものよりやっぱりデザートのほうに目が行っちゃうなぁ。 タルト・タタン もしできるのであればシナモン無しのタルト・タタンを思いっきり食べたいよ。ただ金子さんの俳句にもあるようにめっちゃ高カロリーだろうけどね。ほんわかミステリです。殺人事件とかそういうのではなく、お客様のちょっとした謎をといていく話でした。あれ? 謎を解くのってシェフの三舟さんだったかなぁ? 今日読んだのに・・・
でも面白かったです。まだまだ続きが出ればいいのに、って思いました。

【「BOOK」データベースの商品解説】には
「商店街の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マル。シェフ三舟の料理は、気取らない、本当のフランス料理が好きな客の心と舌をつかむものばかり。そんな彼が、客たちの巻き込まれた事件や不可解な出来事の謎をあざやかに解く。常連の西田さんが体調を崩したわけは?フランス人の恋人はなぜ最低のカスレをつくったのか?絶品料理の数々と極上のミステリ。」となっていました。

昨晩から2回くらい目が覚めちゃった。2度目に覚めたのが5時45分。目覚まし、ちゃんと6時にしていたよねーと思って手にとって見たら土曜日に変更していたまま、「7時15分」になっていました。 ひゃ~ もし時計を水再度寝ていたら完全に遅刻でした。くわばらくわばら!
ちゃんと6時に起きて7時20分に出勤しましたよ。

夜、21時過ぎてからすごーく風が出て来ました。 雨が無いだけマシ?
今日は土砂降りを覚悟していたけどしょぼしょぼがちょっと強いくらいの雨ですみました。ラッキー

じゃあね

2015/05/17

5/17 ドライブ

今日は時計の電池交換が出来たという連絡を受け小川まで出かけた。
けれど天気が良くきもちよかったのでイオンモールへ行く前にちょっと山のほうまでドライブしようということに。
宮原から山へ向かいなんとなく走り、白滝公園ってところでちょっと車降りて鍾乳洞へ。 超短い鍾乳洞まで足を運び(20メートルくらい?)先日の雨のせいか水がジャージャー出ていて階段で水しぶきを浴びまくってしまったよ。鍾乳洞っぽくはなくなんかただの手を入れてある洞穴でした。 ライトアップ用に100円入れるようになっていたけど(100円入れると20分ライトが着く仕組み)先に人がいたのでお金は出さずチラッと行ってさっさと戻って来ました。急に行ったのでカメラとか持っていかなかったのは残念。
川とか山の緑とか、鳥の声とか・・・自然を満喫しましたぜ。
1時ごろ五木村あたりで川向こうに水車のオブジェ?を発見。 うどん屋さんみたいだったのでそこでお昼ごはん。もともとうに豆腐っていって豆腐の味噌漬けを取り扱っているお店。うどんは伊勢から取り寄せているふわふわの麺とい付きの甘い汁で「五勢うどん」って言うんだって。 私好みの麺、嫌いなネギは自分で入れるタイプだったので無しで済ませることが出来大満足! んでもって地鶏か年寄り鳥だろうと思われる固いカシワ肉が入って400円でした。 カレーうどんは500円。どっちも美味しかったです。
食べた後五木の道の駅まで行き帰って来ました。
帰り道、何故か行きと違う道。 途中から完全に山道。ずーーーーーっと行きかう車に出会わず、なんと猿に遭いました! 道を横切る猿。初めて見た~
とにかくいい季節。 鳥の鳴き声と言い、緑たっぷりの山といい、ホント家のそばにこんな自然。幸せなんだろうねぇ。 でもぎゃきに、木々がたっぷりの自然はちっとも贅沢に思えないのよねー その分海の綺麗さには憧れるけどさ。あと都会か(笑)

思った以上にいい天気が続きました。 明日は雨? どうなのかなぁ。

じゃあね

2015/05/16

5/16 「モップの精は深夜に現れる」

モップの精は深夜に現れる』 (近藤史恵著 文春文庫)を読みました。
Photo


今回もほんわかミステリーです。
1巻目よりちょっと長めで、主人公が違う話が4つ入っていました。
もちろんそのどれにもキリコちゃんは出て来て謎を解決してくれました。人妻になったはずなのに4羽以外は人妻感ゼロ。でも清掃という仕事が大好きなキリコちゃんはキリコちゃんのままでした。
「悪い芽」主人公は冴えない中間管理職の栗山さん。思春期の娘に嫌われてしまい落ち込んでいて、仕事でも誰もお茶も入れてくれず新しい部長のことを思って胃がしくしく。そんな時にキリコに出会い最初は清掃員の癖にチャラチャラした格好しやがってー的なやなオジさんだったけど、キリコと話すうちにいい人が出てきたよ。 娘ともうまく付き合えそうだし仕事のごたごたも回避できそうでよかった、よかった。
「鍵の無い扉」ちいさーーな会社の編集兼ライターのくるみちゃんが主人公。なんとココでは殺人事件が起きてしまうの! まぁ差いつは無かったんだけどね。やっぱりキリコに出会い、「くるみ」という自分の名前にかわいさだけでなく堅い殻に守られていて、でもしっかりと芽を出し樹になっていくっていう面を言われておぉとなる感じ。やっぱキリコちゃんはいいわぁ。いくら仕事でもやっぱりきつくても頑張ってやりがいがある仕事と、きつくて嫌な思いしか残らない仕事だったら無理にやる必要ないよねーなんて思ってしまったよ。吉上の仕事、断ってよかったー
「オーバー・ザ・レインボー」ひの主人公はモデルの葵。二股掛けられていたと知ったのはもう一人の彼女が妊娠してでき婚するって聞いてから。ホント早目にそんなダメ男と別れてよかったよ。 どんな仕事にも色色と悩みは尽きないけど、その仕事が「好き」って感じることができるのはいいよねー
「きみに会いたいと思うこと」ここにきてやっと大介が出て来ました。キリコが梶尾って名乗っていたからまだ離婚はせずちゃんとけっこんしてるんだけーってのは判っていたけど、ちゃんとおばあちゃんの介護して本と、キリコちゃんは若いのにいい子だよねー 頑張るよねー 大介がキリコちゃんに対して申し訳ないとか言う感じの気持ち持っちゃうの、わかるわー なんやかんやでちゃんと会ってしっかり話せてよかったー おばあちゃんも1巻でいきなり出てきたときには気難しくてちょっと悪いイメージしかなかったけど、しっかりキリコと仲良くなっていたのでほっとしたよ~ しかし男ってだめねぇ。
続きもあるみたい。読みたいな。
【「BOOK」データベースの商品解説】には
「大介と結婚した掃除人キリコは、短期派遣の清掃の仕事を始めた。ミニスカートにニーハイブーツの掃除のプロは、オフィスに溜まった人間関係の澱も死角も見逃さず、電器メーカーの子会社に編プロ、モデル事務所の謎を鮮やかに解き明かす。夫・大介が探偵役となる最後の謎は、キリコ自身。読後感温かなミステリ。」となっていました。

朝から病院に薬を取りに。 待っている間読みました。
その後買物して図書館に寄って帰ってきました。
雨が止んでよかったー
昼からは洗濯。 夕方まで乾くのは無理かなぁ? でも日がさしてきたぞ! 頑張れ~~

じゃあね

2015/05/15

5/15 「天使はモップを持って」

天使はモップを持って』 (近藤史恵著 文春文庫)を読みました。
Photo


大いなる勘違いでこの本を借りました。
1.作者が男だと思っていた。あとがきを読んで「え、女性だったの?!」とびっくり
2.「歩いたあとには、1ミクロンの塵もおちていない」という説明文を読み、リンカーン・ライムのような微小証拠を元に推理して謎を解き明かす掃除婦が主人公、と思っていたのですが、もっとふんわかしたミステリでした。
キリコちゃんは若いのに好きな仕事に誇りを持ち、毎日ぴっかぴかにビルを磨き上げているんだよね。 彼女のように仕事すればめーいっぱいご飯食べてもお菓子食べても痩せたままでいられるのかーなんてつい全く違うことに感心してしまったよ。 あと、掃除がいい!って思ったきっかけが「バグダット・カフェ」をみたからってところで最近私もあの映画を見ていたのでなーんか嬉しかったよ。さすがにまだストーリーはしっかり覚えていたからね。
8つのストーリーが入っていましたが、うちセクハラ親父とキリコにアタックする人を見下した嫌な男の話にはむかついたねぇ。
あ、そうそう解説は新井素子だったのでなんか得した気分でした。

hontoの内容説明では
「社会人1年生・梶本大介の平和なオフィスに起こる、8つの事件。首をおとされたぬいぐるみ、会社にひよこ…頭をひねる大介を尻目に、あざやかに事件を解決するのは、20歳そこそこの掃除スタッフ、キリコ。ビル1棟をたったひとりで担当、しかも「歩いたあとには、1ミクロンの塵も落ちていない」という掃除の天才・キリコは、ミニスカートにポニーテールが似合う、キュートな女の子でもある。いったい何者? と大介は惹かれていくが…スイートなミステリー。」となっていました。

今週もおしまい。
明日は休みだ わーい、わーい!

じゃあね

2015/05/14

5/14 「バニー・レークは行方不明」

バニー・レークは行方不明 』(イヴリン・パイパー著 早川書房)を読みました。
Photo


ニューヨークに出てきたばかりでまだ友だちもいないブランチが始めて娘のバニーを保育園へ連れて行き、夕方迎えに行ったら娘がいなくて大騒ぎする話でした。
最初はもしかしたら果物屋の男の子がさらって行ったのでは?なんて思わせといて、途中からバニーという子は元々いなくてブランチの空想上の出来事、ってにおわせ始めるの。それにはへーって感じでした。途中、ダメな保母を首にした話があったからこいつが犯人か?なんて思ったけど、ブランチの空想ってのがほんとなのか?なんても思いつつ物語は進んでいくんだよね。一回ブランチは精神的にやられてるのか?って思うとすることなすことまともに思えなくなっちゃうのが怖いところだね。
終わり方がまた微妙。 彼はどっちを選ぶのだろう?
しかしブランチのかーちゃんは嫌な奴。まぁ昔人だから仕方ないのか? そういえばこの本、最近のと思っていたら1957年のだったよ。びっくり!

【「TRC MARC」の商品解説】では
「保育園から幼い娘が消え、母親は狂気の淵に。特異なムードのサスペンス。オットー・プレミンジャー監督の名作映画の原作を本邦初訳で贈る「ポケミス名画座」第2弾。 」となっていました。

今日は夕方から雨。 でも最寄り駅に着くまでは降らなかったので傘ささずにすみました。
明日は無理かな? 傘がいるだろうなぁ。でも1日行けば休みだもん。がんばろーっと!

じゃあね

2015/05/13

5/13 「あまねく神竜住まう国」

あまねく神竜住まう国』(荻原規子著 徳間書店)を読みました。
Photo


読んだら萩尾望都の「あぶない丘の家」の2巻が読みたくなって帰ったときに本部屋から持って上がりました。そう、この本の主人公は源頼朝なのです。彼が15歳のとき、伊豆に流されたときの話なんです。そうかー、15歳か。あとがきを読むまでもっとおっさんかと思ってました。しっかりしているので。今時の、もしくは自分が15歳のガキだった頃に比べればまぁなんて大人。
そしてこの本には草十郎と糸世が出てくるのでありました。なので「風神秘抄」の続といっていい本なのです。しかーし、そう、私はしっかりとストーリーを忘れていたのでありました。 くー、悲しい。
でも10年前だもの。仕方ないよね。最終的に草十郎に糸世のしがらみというか縛りが解けたのがよかったー ハッピーエンドだよね。
頼朝はこれから嫌な奴になっていくのかなぁ? あ、なんでだろ?寄りともわ悪人に感じているのは。いつから? あれ?変なのー
あと荻原さんは気にいっているみたいだけど私はやっぱりこの表紙は辛い。

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「伊豆の地にひとり流された源頼朝は、まだ十代前半の少年だった。土地の豪族にうとまれ、命さえねらわれる日々に、生きる希望も失いがちな頼朝のもとへ、ある日、意外な客が訪れる…かつて、頼朝の命を不思議な方法でつなぎとめた笛の名手・草十郎と、妻の舞姫・糸世の運命もまた、この地に引き寄せられていたのだった。北条の領主に引き渡され、川の中州の小屋でともに暮らし始めた頼朝と草十郎。だが、土地の若者と争った頼朝は、縛り上げられて「大蛇の洞窟」に投げこまれ…?土地神である神竜と対峙し、伊豆の地に根を下ろしていく少年頼朝の姿を描く、日本のファンタジーの旗手・荻原規子の最新刊。」となっていました。


久しぶりだったよ、彩雲国物語以外は。
で、今日の昼からはハヤカワポケットミステテリーっす。

じゃあね

2015/05/12

5/12 前歯とテレビ体操

今日は久しぶりに歯医者に行きました。
前歯、はめてきた~ これで色んなものにかぶりつけるぞーー
保険が利いて21320円。ひーーです。
これでもう終わり! と思ったら虫歯がいっぱいだからまだ続けてくださいって。
もうお金無いばい(笑)ちょっと間おいてもらって6/9に次の予約を取って来ました。
やっぱこの際一気に片付けよう。

帰ってきてお風呂の前に昨日録画していたテレビ体操をひっさしぶりやってみました。
くーー、太ももがつりそう~ こりゃダメじゃ。ばばぁまっしぐらの体。
このままでは生きて行くのが難しい体になりそうじゃ。 なんとか時間みつけて毎日続けなければ・・・・

そーそー、台風はやっぱ大丈夫でした。夜中、結構な風が吹いていたようで開けていたサッシは閉めたのですが、通勤時は雨だったけどそれ程ひどくもなく、帰りはというか歯医者に座っている時はめっちゃ青空。
でも気温は低かったー 朝が一番高かったのよね。 ちゃんと知っていたから七部袖のシャツを持っていって正解。帰りは着込んで帰ってきました。
でもまた明日は気温が上がりそう。天気もいいしね。 あ、午前中はみんな組合でいないや!ばりばり仕事して5時ダッシュだーーー

じゃあね

2015/05/11

5/11 「彩雲国物語 紫闇の玉座(下)」

とうとうシリーズを読み終えました。 彩雲国物語 紫闇の玉座(下)』 (雪乃紗衣著 角川ビーンズ文庫)です。
Photo_10


終わったよ~
いやー、マジでハッピーエンド。 全てにおいてハッピーエンド。
秀麗すら死ななかったし、官吏の道を突っ走り、でも劉輝と結婚したし、何やかんやで子供も作ったし。あれ?できない体だったのでは?
リオウが養子って言うのはいい案だと思ったけど結局は娘が女王になったんだねぇ。
この巻は劉輝がいっぱいいっぱい頑張ったよ。 最後まで戦わず、そしてユウシュンを最後まで信じて王の座を守ったんだよね。
よいよい、安易でもよいよい。
繋がっていくんだね、人って。

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「残り時間は、一日足らず。それ以上は生きられぬ。縹家の大巫女・瑠花の力を借りて蝗害を鎮めた秀麗。しかしその決断は秀麗に残された時間を侵食し、生命を蝕んでいく。同じ頃、勢いを増す旺季を前に、国王・劉輝は苦悩していた。強力な後ろ盾も、官の信頼をも失った自分が、果たして玉座にふさわしい者なのか。そして、彩雲国最大の危機が訪れる?。シリーズ第18弾、怒涛の最終巻「紫闇の玉座」(下)、ここに完結。」となっていました。


今日は打ち合わせで仕事終わった後支社へ。
色々と話し合い終わったのは9時前10分。
電車がなかなか来ず駅に着いたら9時40分の電車しかなくてさ、おうちに着いたのは10時半前でした。
それからお風呂に入ってDVD返しに行ってついスーパーでアイス買って食べてしまった・・・・・・
だけんが太っとたい! ふ~ わかっちゃいるけど止められないってね。

明日、台風どうなんだろう?
歯医者なんだよねー 時間掛かったら電車と待ったりして・・・・・

じゃあね

2015/05/10

5/10 「少年H」

先日借りてきた『少年H』を見ました。
Photo


水谷豊って上手だねぇ。ストーリーはほぼ原作どおり。
この前から『永遠の0』とか戦争時代の物をちょっと続けてみています。
やっぱり何度考えても戦争は狂ってるね。 やっちゃダメだよ。 ちゃんとそう言える世界で無いとダメだよね。Hの家はただ回りに流されることなく、自分で見て聞いてそして考えるってことをしっかり教えていた素晴らしい父親のいる家だったんだな。 それぞれの立場で色々な考え方があるだろうけど、マスコミとか政府とかにころっとだまされることの無いよう、しっかりと活きなきゃダメだね。


じゃあね

2015/05/09

5/9 福田農場ワイナリー&バラ園

母の日のプレゼントとして両親とランチへ。
福田農場ワイナリーに行ってこれ食べました。
P11203981


実物はこれ
P1120400


美味しかったです。でもミートソースがしょっぱかったー からかったのでミートソース大好きなのに残してしまったよ。
で、本当は景色もいいところだったのに窓の外は真っ白。 雲?霧? 台湾の台北101だっけ、思い出してしまいました。

その後水光社に行って母の誕生プレゼントと父の日のプレゼントをちょっと早いですけど買いました。本人希望のものが買えてよかったです。悩むこともなくてよかったっす。

その後小雨の中バラ園へ。 秋に1度行ったことがあり、次は春に、と思っていたのですが天気が残念。晴れてたらもっと綺麗でもっといい香りだったでしょう。ただ駐車場が空いててよかったー
特に入園料はなし。寄付金入れる箱はあったけど天気悪いからパスしちゃった(^^ゞ
P11204081


P11204431


P11204501


綺麗だったよ、やっぱり。

で、家に戻って少し話した後4時ごろ帰路につきました。

夜は竹乃香までお風呂に。 ポイントが貯まっていたので一番高い2200円のオフロニゆーーーーっくり入って来ました。気持ちよかった!

じゃあね

2015/05/08

5/8 ついたなぁ・・・・

ついたなぁ、身が。実が・・・?
体が重いです。 足がつらい。しゃがむのがしんどい。 今、和式便所だとひーかも。最近は洋式ばっかだしねぇ。今朝、ストッキングをはこうとしたら左足首に青アザ発見。 心当たりは・・・・先日守護陣温泉に行ったとき湯船から出ようとして体重支えきれずぐきっとしたきがした・・・・ことくらいかなぁ。 ちょーばぁちゃん化してるよ。危ないなぁ。
やっぱりテレビ体操、重要だったんだなぁ。時間が取れないんだよね くー

明日は休み。 嬉しいねぇ

じゃあね

2015/05/07

5/7 「彩雲国物語 紫闇の玉座(上)」

彩雲国物語   紫闇の玉座(上) 』 (雪乃紗衣著 角川ビーンズ文庫)を読みました。
Photo

いよいよ最終巻です。
この上巻は秀麗と瑠花姫がメインかな。そう、それに旺季。
旺季もなかなかの王の器なんだけどねぇ。なんで覇王は旺季を殺さず生かしたんだろう?しかし瑠花もすげー嫌な奴だったけど最後はあっぱれだったねぇ。羽羽様もよかったー
迅もいいけど残念、旺季に会う前に秀麗に会っていたらってまぁ時代が違うから仕方ないけどいい仲間になってたのにねぇ。 そういえばこの巻の静蘭は情けない。リオウとかもすごく頑張ったのにさ。
しかし秀麗、死んじゃうんだね・・・
いつ残された1日を使うんだろう?

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「彩雲国を脅かす蝗害の回避策を求め、官吏として奔走する秀麗は、ついに異能の一族・縹家の全面的な支援を取り付ける。一方国王・劉輝は、全権を門下省長官の旺季に委任し、未だ沈黙を守っていた。飛蝗の大群が迫る紅州へ馬を飛ばす旺季。そして瑠花と珠翠に後押しされ縹家を出た秀麗も、僅かに残されたおのれの命の刻限を自覚しながら、同じく紅州へと向かうが?。シリーズ第17弾、緊迫の最終巻「紫闇の玉座」(上)、ついに登場。」となっていました。


久しぶりに出勤。
なんとか時間無いに仕事をやり上げ、定刻で帰宅。
読書疲れの首肩背中はまだ変なままなので今日も湿布を貼って寝ます。 
あと1日行けば休みだー

じゃあね

2015/05/06

5/6 「彩雲国物語 蒼き迷宮の巫女」

彩雲国物語 蒼き迷宮の巫女』 (雪乃紗衣著 角川ビーンズ文庫)を読みました。
Photo


これはなかなか面白かったよ。
蝗害に対決すべく中央でも、漂家に囚われた秀麗たちも駆けずり回るの。オウキってすごいなぁ。ルカも嫌な奴って感じはこの巻だけでは思い出せないくらい。
珠翠も頑張ったし、シュウエイも頑張ったじゃん。 この巻ではみんな、みんな頑張ったよ。 劉輝だけがまだ結果、出してないんだよねぇ。どう化けるのかなぁ? 化けて欲しいけどドどう化けるかが問題よね。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「異能の一族・縹家の宮で目覚めた秀麗。外界と隔絶された宮から出るには、大巫女・瑠花に会わねばならない。けれど彼女の居場所は分からず、異能「千里眼」を持つ珠翠を探すことに。一方王都では、史上最悪の大災害、蝗害に対し、重臣たちが協議を重ねていた。しかし対処の全権を委任した国王の劉輝は、ただ見守るだけ。珠翠探しと並行し、蝗害の対処法も探る秀麗は、劉輝の救いとなれるのか!?クライマックス直前の第16弾。 」となっていました。

あらーとうとう連休最終日だねぇ。
朝から天気良かったけどい昼過ぎるとどん曇り。 せめて洗濯物は乾いて欲しいわぁ。

今日も結局は読書三昧。
肩凝る~

ま、いいかー 明日からまた2日間、頑張ろう。でも電車で立っていけるのかしら?

じゃあね

2015/05/05

5/5 「彩雲国物語 暗き黄昏の宮」

彩雲国物語 暗き黄昏の宮』 (雪乃紗衣著 角川ビーンズ文庫) です。
Photo


うーん・・・ なんか面白かったのがちょっとブレーキ気味。なので2日に分けて読むことに。
当主になっショウカは全く出てこず、秀麗もぶっ倒れ、劉輝もダメダメでちょっとねー テイユウシュンの打った手がことごとく当たっていってなんか嬉しいより寂しい。 漂家のルカの過去の話を知るとルカのことも単純に憎めなくなって・・・
なんかスカッとしないよー 終わりがけ、秀麗が秀麗らしくなってきたから次の巻ではまた面白くなるのかな?

【「BOOK」データベースの商品解】では
「監察御史・紅秀麗が、任務半ばで姿を消した!その報は瞬く間に朝廷を駆け巡り、国王の紫劉輝は心を痛める。秀麗の安否は気になるが、一官吏の彼女を特別扱いできない。そんな王の心を汲み、側近の藍楸瑛は、密かに秀麗を捜すことを決意する。一方、秀麗と同行していた榛蘇芳が帰還。彼が語った驚きの事実に劉輝は絶句する。秀麗の身に危険が、劉輝の治世には暗雲が立ち込める!?人気シリーズ第15弾、怒涛の最終章開始。」となっていました。

じゃあね 

5/5 「永遠の0」

先日テレビで(熊本ではこの前だったのよ)ドラマで見たのでブルーレイを借りてきてみたのが映画の『永遠の0 DVD通常版』です。
616ckgjozl__sl1040_


うーん・・
最初にドラマのほうを先に見たせいか、ドラマのほうがよかったかな? やっぱりドラマのほうが時間掛けて描くことが出来るからね。色々と肉付けできるしね。原作はどうなんだろう? 原作も読むべきなんだろうな。
見れば見るほど日本ってなんて馬鹿な戦争をしたんだろうって思ってしまう。 戦ってる最前線の人たちではなく、上のほうのやつらがダメすぎでしょ。この前読んだ本にも特攻の人たちの遺書の話とか載っていたけど、うー
今の人たちは命が一番って声を大にして言えるけど、あの時代にそれを言えたっていうのがすごいし、さいご何故彼は特攻に・・・というのはドラマより映画のほうがわかりやすかったかも。
壊れかかっている自分が生きて戻るより、未来を見ることが出来ている大石君が戻ったほうが妻と娘のためになる、そう思って宮部は機を取り替えたのでは、と思ってしまいました。合っているのかな?
いやー、やっぱり戦争が絡む物語は強烈ですね。 辛いです。


今日は台所をちょっと掃除。 今から車を洗おう。それで終わり。
いやーしかし車は悲惨。 昨日阿蘇に行ったからガラスが灰まみれ?と思ったら隣に停めているヴィッツもガラスはホコリまみれ。 ということは黄砂かね。
今日はいい天気なのに山も霞んでるもんな。黄砂プラスPM2.5だろうね。

ま、仕方ない。

じゃあね

2015/05/04

5/4 守護陣温泉

今日は急に阿蘇の温泉に行こう、ということになりお出かけ。天気は曇り。
まず昼ごはんを。ネットで見て行ってみたかった華乃家(かのや)へ。
しばらく待った後カウンターなら空いたのでそこに。
頼んだものは華乃家御膳1890円と
P11203781


ハンバーグ定食(デミグラソース)830円。
P11203791


うーん、ぼちぼちかな。期待が大きかった分「わあすごーい」にはならなかった、ってとこ。
朝、珍しくサンドイッチ作って食べたので、そのうえこの休みではじめて9時半ごろ起きたののでおなかいーーーっぱい。
こなすためにゆめタウン光の森に寄り道。
やっぱり休みだから人が多いね。
うろうろして何も買わず2時半ごろ?いよいよ温泉を目指します。
阿蘇のミルクロードを通っていったけど、途中車がストップ。渋滞?事故?何?と思っていたのですが、路上駐車の車のおかげでなかなか進まなくてねー なんだったんだろう? イベントがあってるの? わからん。
そしていつもの場所でいったん休憩。
P11203821

 いつもの焼きとうもろこしを買って食べました。
P11203811


写真に載ってるけど1本250円。安くていいよねー ただまだ冷凍モノ。6月の第1週頃になると新しいとうもろこしが出てくるらしいよ。

守護陣温泉は2回くらい行ったかな?なんとまぁ11年ぶり!
折角小国まで行くのにここには蒸釜が無いので行かなくなったんだよね。ちょっと行けばくぬぎ湯があるからさ。
結構登ったのにどんどん下っていってもったいなーい(なにが!)といいつつ、着きました。途中の道が狭くて車の離合が嫌。私は運転したくない道でした。
15分くらい待ちとのことで待ってました。 回ってきたお風呂は「西の一」                         
P11203871

ここも全部お湯、入れ替え式。50分で1500円でした。
お湯、熱かった~
でも気持ちよかったです。 もっと近ければなぁ。

お風呂のあとはコンビニでアイス買って帰ったのですが、行き違い車はほぼなし。 いやー、これが私らの阿蘇のイメージだよねぇと言ってたら途中でそれこそ「ザ・阿蘇」という霧!
いっきなり雲の中に突っ込んだように数メートル前が見えない。 中央線がぼんやり見えるくらい。
P11203931

写真は適当に撮ったのでイマイチよくわかんないかな? 右側の黄色いのが中央線です。
下るに伴って徐々に霧が晴れてきてほっ。
大津まで降りたら晩御飯食べるところを探し・・・ 「めし高」? 定食屋で食べました。
私はメンチカツ定食500円。 相方はチキン南蛮とチキンカツの定食750円。
安かったけど量もありお腹いっぱい。 味噌汁とキャベツの千切りつき。 油がちょっと古かったけど美味しくいただけました。 お店の人、女の人2人で調理に皿洗い、レジに料理運びをやってて すごーくさばけてました。でも大変そうだったわぁ。

家に帰り着く前にマックで最近お気に入りのサクランボシェークを買って飲みながら帰ってきました。
21時40分ごろ? よく遊んだよ。
明日は天気も回復。 大掃除パート2っす。

じゃあね
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        

2015/05/03

5/3 「彩雲国物語 黄粱の夢」

彩雲国物語 黄粱の夢』(雪乃紗衣著 角川ビーンズ文庫)を読みました。
Photo


さぁ、続き、続!と思って読み出したら外伝。短編集だった。くっ!
「鈴蘭の咲く頃に」静蘭の子供の頃の話。まだ公子時代の話ね。静蘭のお母さんや劉輝のお母さんも出てくるし、お父さん(覇王)も。 隆起のお母さんを殺したのは誰か、覇王が何故死に至る病に罹ることになったのか、そんな話。
「空の青、風の呼ぶ声」燕青の子供の頃、親を惨殺された後どうやって生き延び、静蘭と出会い、どうやって殺刃賊を壊滅させたかの話。なんと燕青のお兄ちゃんが一人生きていたの。そして生きているの。燕青って賢い素質はあったのね、兄ちゃん見てて判ったわ。
「千一夜」ショウカがどうやって黒狼となったのか、薔薇姫が誰のことでどうやってショウカは結婚したかの話。そうか、秀麗のかーちゃんは仙だったのかー これがこれからの話に生きてくるだろうなぁ。
「千一夜のそのあとに」短い短い話。結婚後秀麗が生まれ、つかの間紅家の屋敷で弟達とまったりするショウカの話。
知りたいみんなの過去の話、ほぼ出揃ったか?
丁寧に対応してくれて嬉しいけど、さぁ本編、本編って気持ちです。

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「劉輝の父、覇王・〓(せん)華の時代。愛憎渦巻く朝廷で、必死に生き抜く第二公子・清苑を搦め捕った陰謀とは!?(「鈴蘭の咲く頃に」)秀麗を支える天下無敵の二人組、燕青と静蘭。交わるはずのなかった彼らの運命が交錯した夏を描く鮮烈な中編(「空の青、風の呼ぶ声」)ほか、秀麗の父・邵可と母・薔君の宿命の出会いと命がけの求婚を描く、著者渾身の書き下ろしを収録!!すべての物語が現在につながる、究極&珠玉の外伝集。」となっていました。


昨日のあのいい天気はどこ?って言いたいような天気。
朝の7時半ごろから雨。 あーあ。
今日もまったり。ちょっと小川のイオンモールまで出かけ食料買出ししたり昼ごはんを外食で済ませた後は帰りにコスモスでお菓子買い込んでお家に戻りテレビ、読書、そして昼寝(笑)

いやー、この調子だとGW明けはまた体重が増加しているよ。困った、困った。お菓子買わなきゃいいのにねぇ(笑)

じゃあね

2015/05/02

5/2 「彩雲国物語 黒蝶は檻にとらわれる」

彩雲国物語 黒蝶は檻にとらわれる 』(雪乃紗衣著 角川ビーンズ文庫)を読みました。
Photo_2


今日はネタバレバレ。

家で読んでよかった~ ショウカが劉輝と最後の方で話している部分を読んでいて涙がちょちょぎれちゃったから。
そうかー、最初に出てきた少年はユウシュンだったんだー アンジュかと思っていたよ。鳳麟もユウシュンかー
とうとう秀麗は官吏を辞め王の后になることを承諾したけど、本当にそうなるのかな? ユウシュンや迅の親玉って結局オウキなの? オウキが次の王を狙って戦の準備をしている訳か・・・・
でも彼らも秀麗の体の変化、人ではなくなってきていることには気づいていないのかな? ショウカはどうなんだろう。知ってるのかなぁ? 色々と色々と話が進んでいくねぇ。楽しみ、楽しみ。

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「吏部尚書・紅黎深解任の報で朝廷が騒然とする中、吏部侍郎・李絳〓(ゆう)の処分を検討するため、御史大獄が開かれることに!絳〓(ゆう)を護ろうと必死な秀麗だけど、紅家の名に泥を塗られたと怒る紅姓官吏が、なんと一斉に出仕を拒否!!しかも、紅家の力で経済封鎖が行われ、王都の物価も高騰寸前!!大変な事態に、犬猿の仲の同僚・陸清雅と対応に追われる秀麗は!?王の官吏・秀麗の活躍は止まらない!!人気シリーズ第14弾。」となっていました。

朝から洗濯した後はテレビと読書。
いい天気で洗濯物は良く乾いたよ。 うー、布団干せばよかった~

のんびりと休める一日でした。

じゃあね

2015/05/01

5/1 「彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく」

彩雲国物語 黎明に琥珀はきらめく』 (雪乃紗衣著 角川ビーンズ文庫)を読みました。
Photo


怒涛のごとく話が進み、とうとうレイシンは罷免されコウユウもついでにエイシュウも偉くなくなっちゃった。
コウユウの子供の頃が出てきて、秀麗がやっと紅尚書が叔父さんってのに気づいた、って話。
しかし大人の人たち、オウキやリョウオウ、キコウキにアンジュらは何をもくろんでるのか?間違いなく劉輝を王の座から引き摺り下ろそうとは思っているようだけど・・・・
で、秀麗ってもしかして子供が産めない体なの?
もう劉輝は十三姫と結婚しちゃいなよ。
これから紅家はどうなる? レイシンは何をしに戻ったんだ?
今後が楽しみ。
そうか、アニメはここからは無いのか。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「藍州から帰還した監察御史の秀麗に届いた、驚きの報せ。なんと、吏部侍郎の絳攸が投獄されたというのだ!罪状は、侍郎として、尚書・紅黎深の職務怠慢を止められなかったというもの。そして絳攸を追い詰めたのは、秀麗の天敵である御史・陸清雅。このままでは絳攸が辞めさせられてしまう!!この危機に、彼を弁護するため、立ち上がった秀麗だけど!?いよいよ絳攸の過去も明らかに!?国民的人気シリーズ待望の第13弾。」となっていました。

終わったー! 仕事。明日から休み。GWです。
朝からバリバリ仕事をするぞーーーと張り切れなかったため結構ずるずると残業。6時半まで残ってました。
やっぱり気合が足りないとダメなんだなぁ。
ま、いいや。 とにかく仕事、終わったよ。

じゃあね

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »