無料ブログはココログ

« 5/26 蚊帳 | トップページ | 5/28 「吉祥の誘惑 採薬使佐平次」 »

2015/05/27

5/27 「将軍の象 採薬使佐平次」

昨日、今日で『将軍の象 採薬使佐平次』(平谷美樹著 角川書店)を詠みました。
Photo


何故江戸時代に象? と思ってちょっと調べてみましたが、どうも実話らしい。それも結構な実話だね。象使いの名前とか女象使いもいたとか史実と同じ。なぜ平谷さんはこの話を佐平次と絡めて書こうと思ったのかなぁ?まぁでも書いてくれてよかったよ。じゃないと知ることも無かったろうから。
最後が悲しかったー 老中たちが飢死にすればよかったったい。勝手に象を手配して、勝手に何人もの人が死んで、勝手に象ば殺して、最後は放り出して飢死にさせるなんて、悲しくてたまらんです。聖天はなんも悪い事しとらんとにたい。
象道中、長崎から江戸まで、大変だったろうなぁ。ずっと歩きなんて昔の人はすごいや。
ただ、将軍が象の薀蓄を語っただけで将軍に認めてもらおうと勝手に動いた奴、質素倹約を掲げているのに、象のためにものすごいお金を使うことになってしまう大名達の不満、それを阻止しようとする鯨方の動き、それだけを見るとそーーんなに間違ったことじゃないのかも知れないけど、結局は浅はかな考えがみんなを巻き込んでぐじゃぐじゃにしちゃったんだね。 ホント、切ないわ。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「長崎港に象が2頭到着した。輸入する直前に白紙になったはずの契約。誰が何の目的で象を輸入したのか。吉宗は不信感を覚える。世話係を命じられた佐平次たちは、江戸へ、象を送り届けることに…。採薬使佐平次シリーズ第2弾。」となっていました。

今日は蒸し暑かった。
明日は雨なのかなぁ?

じゃあね

« 5/26 蚊帳 | トップページ | 5/28 「吉祥の誘惑 採薬使佐平次」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/61654101

この記事へのトラックバック一覧です: 5/27 「将軍の象 採薬使佐平次」:

« 5/26 蚊帳 | トップページ | 5/28 「吉祥の誘惑 採薬使佐平次」 »