無料ブログはココログ

« 5/13 「あまねく神竜住まう国」 | トップページ | 5/15 「天使はモップを持って」 »

2015/05/14

5/14 「バニー・レークは行方不明」

バニー・レークは行方不明 』(イヴリン・パイパー著 早川書房)を読みました。
Photo


ニューヨークに出てきたばかりでまだ友だちもいないブランチが始めて娘のバニーを保育園へ連れて行き、夕方迎えに行ったら娘がいなくて大騒ぎする話でした。
最初はもしかしたら果物屋の男の子がさらって行ったのでは?なんて思わせといて、途中からバニーという子は元々いなくてブランチの空想上の出来事、ってにおわせ始めるの。それにはへーって感じでした。途中、ダメな保母を首にした話があったからこいつが犯人か?なんて思ったけど、ブランチの空想ってのがほんとなのか?なんても思いつつ物語は進んでいくんだよね。一回ブランチは精神的にやられてるのか?って思うとすることなすことまともに思えなくなっちゃうのが怖いところだね。
終わり方がまた微妙。 彼はどっちを選ぶのだろう?
しかしブランチのかーちゃんは嫌な奴。まぁ昔人だから仕方ないのか? そういえばこの本、最近のと思っていたら1957年のだったよ。びっくり!

【「TRC MARC」の商品解説】では
「保育園から幼い娘が消え、母親は狂気の淵に。特異なムードのサスペンス。オットー・プレミンジャー監督の名作映画の原作を本邦初訳で贈る「ポケミス名画座」第2弾。 」となっていました。

今日は夕方から雨。 でも最寄り駅に着くまでは降らなかったので傘ささずにすみました。
明日は無理かな? 傘がいるだろうなぁ。でも1日行けば休みだもん。がんばろーっと!

じゃあね

« 5/13 「あまねく神竜住まう国」 | トップページ | 5/15 「天使はモップを持って」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/61589101

この記事へのトラックバック一覧です: 5/14 「バニー・レークは行方不明」:

« 5/13 「あまねく神竜住まう国」 | トップページ | 5/15 「天使はモップを持って」 »