無料ブログはココログ

« 4/2 「宰相の二番目の娘」 | トップページ | 4/4 「カラスの親指」 »

2015/04/03

4/3 「言葉屋」

言葉屋 言箱と言珠のひみつ 』(久米絵実里著 朝日学生新聞社)を読みました。
Photo


詠子という小5の女の子が主人公。彼女のおばあさんがファンシーショップをやってるのだけど、じつは本業は言葉屋。言葉を口にする勇気、口にしない勇気を扱っているというもの。
しぃちゃんとの友情や「一言惚れ」となった綺麗な字で書かれた読みかけの本に挟まれたメッセージ。「古都村さんが、組みひもをあんでみんなをつなげたこと、すごいと思いました」いいねぇ。
勘違いして違う男の子に好意を持ってその子と本を貸すことによる文通?もすごくいい感じ。 やっぱり言葉ってすごいよね。
詠子みたいにしっかり考えてしゃべれたらいいのにな、私も。あまり考えず思ったことをぽんぽん言っちゃうたちだもんねぇ、私。
イラストもかわいくなかなかいい本でした。
【「BOOK」データベースの商品解説】には
「小学5年生の詠子のおばあちゃんのお仕事は、町の小さな雑貨屋さん。…と思いきや、本業は、「言葉を口にする勇気」と「言葉を口にしない勇気」を提供するお店、言葉屋だった!言葉屋の成り立ちと使命を知ることとなった詠子は、その夏、言珠職人の見習いとして、おばあちゃんの工房に入門する―。朝日学生新聞社児童文学賞第5回受賞作。」となっていました。

今日も暑かったね。 朝から長袖Tシャツにデニムシャツで行こうと思ったけどデニムシャツ、暑くて着れなかった。正解。 着ていったら汗まみれだったよ。
夕方はJRで帰らず迎えに来てもらってそのままごはん食べて、食べ過ぎて腹ごなしのためにクレアでうろうろしなきゃなんないほどでした(笑)
雨、良く降ったねーー 雷まで鳴ってたよ。
明日はもう桜、だめかなぁ?

じゃあね

« 4/2 「宰相の二番目の娘」 | トップページ | 4/4 「カラスの親指」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/61383615

この記事へのトラックバック一覧です: 4/3 「言葉屋」:

« 4/2 「宰相の二番目の娘」 | トップページ | 4/4 「カラスの親指」 »