無料ブログはココログ

« 3/31 早起き | トップページ | 4/2 「宰相の二番目の娘」 »

2015/04/01

4/1 「えどさがし」

えどさがし  』(畠中恵著 新潮文庫)を読みました。
Photo


先日読んだ江戸の図鑑、あれやっぱよかったねぇ。この本読むと色々と出てくる江戸のetc.が身近に感じられたよ。
「五百年の判じ絵」佐助が長崎屋にたどり着くまでの話。
太朗君、東へ」利根川が今の流れに変わった時の話。河童の禰々子姉さんが活躍する話。
「たちまちづき」広徳寺に持ち込まれた相談の話。
「親分のおかみさん」は日限の親分清七の病弱なおかみさんのところに赤子が捨てられててそれにまつわるお話。でも江戸のころはすごいね。捨て子があったらみんなで育て、丁稚奉公に出せる年までちゃんと面倒見るシステムができているなんて。
「えどさがし」これは明治の代になった後の話。仁吉が出てくる話。みんなで若だんなの生まれ変わりを待っている話でした。
やっぱり面白いよ、このシリーズ。

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「時は流れて江戸から明治へ。夜の銀座で、とんびを羽織った男が人捜しをしていた。男の名は、仁吉。今は京橋と名乗っている。そして捜しているのは、若だんな!?手がかりを求めて訪ねた新聞社で突如鳴り響く銃声!事件に巻き込まれた仁吉の運命は―表題作「えどさがし」のほか、お馴染みの登場人物が大活躍する全五編。「しゃばけ」シリーズ初の外伝、文庫オリジナルで登場。」となっていました。

今日はぬくかった~
雨が降った後、蒸し暑い蒸し暑い。
明日は夏日になるみたい。 桜が~
今日も6時20分頃まで残業。疲れた。明日の午後は営業所のみんなは花見。
その時間にがんばって色々と片付けよう!

じゃあね

« 3/31 早起き | トップページ | 4/2 「宰相の二番目の娘」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/61373296

この記事へのトラックバック一覧です: 4/1 「えどさがし」:

« 3/31 早起き | トップページ | 4/2 「宰相の二番目の娘」 »