無料ブログはココログ

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014/12/31

12/31 大晦日 今年を振り返って

朝から掃除の続きをして一段落した後はテレビ。
アメトーークの運動神経悪い芸人では腹の皮が痛くなるほど笑ったよ~
もうしばらくしたらお節を取りに出かけ、その後はみんなでステーキを食べて今年はおしまい。 今年はすき焼きではなくステーキにしたのでした。

さて、ここで毎年恒例のまとめ。

映画、17本見ました。ちょっと少な目かな?
『LIFE!』『ジャッジ!』『マレフィセント』『ホビット』が特に良かったかな。
それからテレビでの映画。これは飛行機で見た奴も含みます。2回海外に行ったので26本。
『BELLE』『なんちゃって家族』は飛行機で見たのですけど良かったです。
そして健さんがお亡くなりになったのでまとめて何本か見ましたがやっぱり最後が幸せな『幸福の黄色いハンカチ』が一番。遺作となった『あなたへ』もよかったー
DVDは16本。あんがい借りたんだー 『舟を編む』『マリー・ゴールドホテルで会いましょう』みたいな地味な映画がよかったよ。
そして本。 さすがに通勤時、昼休みと一日2時間近く読む時間があるので読んだ本は139冊。
いっぱいいい本ありましたが『ブラックアウト』『オール・クリア』はとても良かった。あとハンナシリーズ『特捜部Q』シリーズも良かったし読むのが遅くなったけど『インフェルノ』はやっぱり面白かったです。

1月は昼休みは勉強しようと思うので(!)ちょっとペースは落ちるでしょうが、2015年もいい本、いい映画にいっぱい出会えますように!!
今年は手術したり、モルディブで晴れた海に出会えたり、なんやかんやとあったけど、無事に過ごせました。よかった、よかった。
来年、まずは健康第一、そして9月の旅行の成功。いい年になりますように!

良いお年を

じゃあね

2014/12/30

12/.30 整体・マッサージと大掃除

昨晩寝る時にことも首も肩も痛くてなかなか寝付けなかったので朝からマッサージに行くことに。10時から予約が取れたので今回はめっちゃ奮発して90分3900円+税のコースへ。
いやー、途中まで腰が痛くてうつ伏せから仰向けに変わる時にうまく動けないくらいだったけど、その後の施術で終わった頃は軽く起きれるようになってました。 よかった、よかった。
90分はやっぱよか~ マッサージする人も40分とか60分だとどうしてもやり足りなくてもう少ししてあげたいって思うけど90分あれば満足行くマッサージが出来ますって言ってたもんなぁ。とにかく満足。

帰ってきて昼ごはんを食べてから台所の掃除。
換気扇、レンジ周りを頑張りました。でも洗剤の進歩ってありがたいねー 最初に、そう25年位前?(そーとー前たい)レンジ周り用のルックで油がどろーっと溶けて流れて綺麗になったのを見たときにはそーとー感動しました。それまで油汚れってものすごく苦労して掃除していたから。
今回はマイペット使用。 バンバン使って手袋無しだったので手がバリバリなっちったー ま、いいけどね。
朝、おきてすぐ階段は軽く掃除したから・・あとはいつもより念入りに掃除機かけて終わりにしよう。
ベランダ、駐車場、風呂場洗面台、トイレは他の人がしてくれたしね。窓は今年はパス(笑)

しかし今日は本当に天気が良くて、暖かめな一日でよかったー

じゃあね

2014/12/29

12/29 「カウントダウン・シティ」

カウントダウン・シティ 』(ベン・H・ウィンタース著 ハヤカワ・ポケット・ミステリ) を読みました。
Photo


「地上最後の刑事」の続編です。
でも前回のをあんまり覚えていなかった。妹のニコについては覚えていたけどね。
今回は昔ベビーシッターをしてくれた女性から夫がいなくなったので探して欲しいといわれ、探すのだけどもう刑事でもなんでもないんだなー
みんなあと80日もすれば地球は壊滅するのでやりたいことをやるために好き勝手する人が増えてきて、でもだんだん食料というかガソリンとかそんなものが無くなっていく世界。
結局見つけるけど見た桁だけでは終わらなかった。腕を撃たれて重症。妹はヘリコプターに乗ってどっかいっちゃうし、なんだかよくわからないまま3巻に続くのだな。
よくわからないまま3巻まで読めば何とかなるかな?
                     
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「失踪した夫を捜してくれないか―元刑事のパレスは、知人女性にそう頼まれる。小惑星が地球に衝突して人類が壊滅すると予測されている日まで、あと七十七日。社会が崩壊していくなか、人ひとりを捜し出せる可能性は低い。しかし、できるだけのことをすると約束したパレスは手がかりをたどりはじめる。奇妙な店、学生たちが支配する大学、難民が流れつく海辺…捜索を始めたパレスは、混迷する終末の世界を目にする。『地上最後の刑事』に続き、世界の終わりの探偵行を描いたフィリップ・K・ディック賞受賞作!」となっていました。


今日で仕事納め。
風邪の具合は大丈夫。少し鼻水。でもみーーんな気にしていたよ。「インフルにならんか心配~」って。

明日は大掃除。天気は良さそうね。

じゃあね

2014/12/28

12/28 風邪?

今日はランチにお出かけ。
一度行ってみたいビストロBonsai。電話してみたけど年末は夜の営業だけだったよ。残念。
それで魚座に行ってきました。
牛フィレステーキ、美味しかったー ここのパンも本当に美味しいの。 お代わりしたいよー(笑)

しかし食べ終わる頃には体調不良。
内臓ではなく首肩腰、関節とかが具合悪くて・・・
コジマとマルエイと小川のイオンに寄ったけどあまりうろうろすることなく帰ってきました。
まさかインフル!とその恐怖が。
帰ってから首の後ろに湿布を貼って温かくしてしばらく寝ました。
なんとかいい感じ。熱も無いのでインフルでは無いようです。
もしインフルになったら・・・と思って寝ていたので会社に行って近所の病院に行って受付して待っている、という夢を見てました。
晩御飯はカレー しっかり食べて、みかんをいーっぱい食べてビタミンを摂取。
風呂に入ったら今日は早めに寝ます。
明日、仕事に行ったら休みだー
明日は電車も少ないはず1

じゃあね

2014/12/27

12/27 一日お出かけ

午前中は食料品の買物に、昼は家で鍋をして食べ、午後からはゆめタウン光の森とイオンモール熊本へ行って来ました。
ついついセーターとスカートを買ってしまったよ。
タリーズで途中コーヒーブレイク、晩御飯はスシロー
あーあ、散在しちゃった!
昨日正月用にと思って下ろしてきたお金、ばんばん使ってるよ。正月からドビンボーにならんごてまたおならんどかろさにゃ?(笑)
家に帰ってきたのは9時半ごろ?
車の中ではスケート見てきたのに家に着いてからは見損ねた。結果はどうだったのかな?あら、テレビつけたけどもう終わってたよ(^-^ゞ
ヤフーニュースでチェックしよう(笑)

明日もまたうろうろする予定。 ま、よかたい。

じゃあね

お、小塚くん3位だったんだー くー、やっぱ見ればよかった~~

2014/12/26

12/26 大掃除

といっても大掃除は会社での話。
いつも仕事しててほとんど掃除に参加しないのだけど今日はなかなか掃除に参加した。
でも「もーよかたい、てきとーで」の心が抜け切らずエヘヘ
でもまぁ終わった終わった。
終わったのは掃除だけ。
仕事は29日月曜までです。
上司はもちろん休み。というか出てきてもらった困るっす。
今のところインフルの気配なし。
この調子で元気に年末年始をのりきるぞー

明日は休み。天気もいいようだし嬉しいな。
今から洗濯しとこーーっと

じゃあね

2014/12/25

12/25 「ピーナツバター作戦」

今日はピーナツバター作戦 (Seishinsha SF Series)』(ロバート・F・ヤング著 青心社)を読みました。
Photo


ヤングの短編集。 私はヤングの作品を読んだことがあったでしょうか?「たんぽぽ娘」とか「ジョナサンと宇宙クジラ」といったタイトルは知っているけどね。っていうか読みたいな。
この本に載っている作品、結構宗教、キリスト教が入ってました。
最初の「星に願いを」が久しぶりにSFしていてちょっと頭がついていかず、読むのに時間がかかってしまいました。でもタイトルになっている「ピーナツバター作戦」はわかりやすくて良かったよ。森下さんの「シナモンドロップ」だったっけ?あれを思い出しました。
「種の起源」もなかなかよかった。クロマニョン人とネアンデルタール人を上手に使ってるなぁと思いました。 まぁ時代もあって女性に対しての考えはなんだかなぁ、だったけど仕方ないか~
「神の御子」もなかなかの話。私、技術尼はアンドロイドかロボットかと思っていたのだけど、そうではなかったかな?
「われらが栄光の星」もなかなかでした。ただやっぱり対女性に対しての感覚が古いかなぁ? イアゴ・イアゴの星ってなんか茅田砂胡さんの惑星ボンジュイを思い出しちゃった。
この本、うすいピンクで表紙のイラストもふわっとしてて児童書みたい。SFっぽくはないよね。でもいい感じ。
【「BOOK」データベースの商品解説】には
「妖精を思わせる異性人と純朴な少年との心暖まる交流を描いた表題作「ピーナツバター作戦」。さまよえるオランダ人の伝説をモチーフに、宇宙をさまようパイロットと流転の美少女との、結ばれるべき愛の運命を描いた「われらが栄光の星」。未来の軍事国家で許されぬ恋に落ちた男女を描く「星に願いを」など。抒情性で根強い人気を誇るヤングが、心優しき愛をうたいあげたSF短編集。」となっていました。


昼休みいつものように弁当を食べ本を読んでいたら電話。 なんと上司からで「インフルエンザだった」
えー、朝から別になんも言ってなかったじゃん。 いつもは「腰痛い」「お腹痛い」「きつい」・・ぐずぐずぐず愚痴ばかりなのに特に熱があるとか寒いとか言ってなくていきなり病院に行ってその電話。
おいおいだよー
うつさないで~ それが一番の願いだわ。
すぐ事務所の窓を開け暖房切って空気の入れ替え。
4時頃片付けのため上司が事務所に戻ってきて1時間半居た。 うーー、うつらんよねー
戸締りして帰って手洗い、うがいしたけど 結局年末年始の長い休みを病床で過ごすなんて事になったら恨んでやる~(笑)

じゃあね

2014/12/24

12/24 クリスマスプレゼント?

今日BOSSオリジナルペアプレートが届いたっす。
P1120292


ちょーーーどクリスマスイブ。 サントリーさんからのクリスマスプレゼントってとこでしょうか?
今年はいつも以上にクリスマス感無しです。
ケーキもなし。 モロゾフのチョコ&クッキー缶を買ったのでそれを食後に食べたくらいかな?
くー、デブってきてるのにやーっぱり食後のお菓子が止められない。ダメ人間だなぁ・・・

じゃあね

2014/12/23

12/23 TV三昧

朝はいつも通り目が覚めた。でも8時前まではしぶとくベッドの中。
その後ミス・マープルの21日の放送を録画し損ねているのに気づきショック。
台所のWOOで録っていたので毎週録画ってのをし損ねてたよ。残念。

ミス・マープルは後で見るとして今日は昨日の晩見ていた「世界行ってみたらホントはこんなところだった」だっけ?あの続きから見た。
その後も「信長協奏曲」の最終回や「内村さまーず」、「月曜なのに夜ふかし」それから「ゴッドタン」に中居くんのスポーツ番組なんかずーっと見てた。
さっき有吉のバカでもわかるなんたらを見て「イッテQ」を見て今は追っかけ再生で「ロンドンハーツ」を見ているところ。
天気、午後からは良くなったみたいだけど、洗濯だけはしたので乾いてよかった。
昼ごはんの後お出かけしようかとも思ったけど、まずはTVの消化から、と取りやめ。(着替えと化粧が面倒だったというのが真の理由)
これから年末にかけて特番の嵐。 マンガや読みたい本もあるのだけど、簿記の勉強もせにゃならんのだけどやっぱまずはテレビからかなぁ・・・(笑)

じゃあね

2014/12/22

12/22 「ヒットの教科書」

今日はプロジェクトを成功させた「挑戦者」に学ぶ ヒットの教科書 (NIKKEI TRENDY BOOKS)』(奥井真紀子著 日経BP社)を読みました。
Photo


面白かったー こういうの、好きなんだよね、私。
「日経トレンディ」に連載されている「ヒットの軌跡」から選ばれた18商品が載っていました。
さすがに「ヒット」の教科書だけあって知っているのばっかり。唯一カセットボンベで動かす耕運機ピアンタFV200くらいかな?知らなかったのは。まぁこれは仕方ない。だって畑にもガーデニングにも全く興味ないんだもの。 読んでいて試したくなったのが味の素の冷凍餃子。水も油も要らない奴。 桜井くんのCMは見ていたけどギョウザはチルドが主で冷凍は買わないからね、普段。でも本当にただ焼くだけでうまく作れるのか試してみたくなったよ。それからロッテの軟いガム、フィッツ。CMはめっちゃ知ってたけど商品名が「フィッツ」ってのは知らなかったー(笑) よく聞き取れていなかったのだ。私ってガムあまり食べないの。ただここでの調査で言われた「硬いガムは顎が疲れる」って理由ではなく、ずっと噛んでいると胃の中に何も無いのに胃液が出てきてムカムカしてきちゃうから。脳が騙されちゃうんだろね、きっと。
ヒット商品を作った人々、すごい充実感があるだうなぁ。打ち込める仕事ってなんか羨ましいです。 あたしには無理だねぇ。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「ギョーザ、伊右衛門特茶、やさしいお酢…。企画、開発からデザイン、販促まで、成功者の「軌跡」を辿り、ヒット商品作りの仕組みと成功の秘密を解き明かす。『日経トレンディ』連載からのセレクト集。 」となっていました。

今日は傘を持って行ったのがバカみたいにいい天気でした。
明日は休み。明日もいい天気だって。

何しようかなぁ~ たぶんテレビ見て1日終わるのだ(笑)

じゃあね

2014/12/21

12/21 テレビ消化

今日は溜まった録画を見まくる日、でした。
朝からずっと見るつもりだったけど、9時半ごろ朝食をとりにパン屋まで。 この前1000円分の券をもらってたいたから使っちゃおーって。
んでもってスーパーで買物して帰ってき、すぐツタヤへ行って溜まったマンガを受け取り、coco壱番屋へ。
ランチまで済ませやっと家に帰ってテレビ見ました。
まずサッカー
オークランドシティ頑張ったね!
そいでレアル。やっぱ強いねぇ。
その後ドラマの最終回を・・・
「今日会社休みます」「ドクターX」そして「ディアシスター」今、「選タクシー」
その間にぷっすまとペケポンと笑神。
もう夜だーーーー(笑)

明日1日行ったらまた休み。
がんばろー
明日は終わったら弟の見舞いに行こう。 帰りが遅くなるけど仕方ない。

じゃあね

2014/12/20

12/20 「ホビット 決戦のゆくえ」

今日は朝から病院に薬もらいに行った後、『ホビット 決戦のゆくえ』を見に行って来ました。
343731_004


とうとうホビットもこの映画でおしまいです。 寂しいなぁ。
でもビルボってほんといい奴。 素朴さがたまんないね。
ビルボ役だとなんとなくまるっこい顔に見えるからそう思ってみていても「シャーロック」のワトソンと同じ役者さんに思えないや。 
表門の前にエルフの軍団とドワーフの軍団が勢ぞろいしたときはぞわぞわしました。 そしてオークの軍団に向かっていく時のドワーフとエルフの連携。 ひゃーひゃーひゃー 格好いぃぃぃぃぃぃ
しびれちゃったよ! ただ戦いは悲惨だね。戦わずに済んだらそれが一番なのに。
そうそう、前回竜が町にやってきて大ピンチ!ってところで終わったのでもちろん今回はそのシーンから。
でも結構早めに竜が倒れたので あらま、って感じでした。 とは言え、格好よかったっす。
戦いが終わった後、ビルボとガンダルフが並んで座ってるシーン、よかったな。 ガンダルフがパイプをいじってるところとかその隣にいるビルボとか。 
ビルボ、頑張っていたけどやっぱり自分の家に戻ってゆっくり過ごすのが一番あっているんでしょうね。まさか家に帰ったらあんなことになってるとは思わなかったでしょうけど(笑)
ニュージーランドに行けばあの村はテーマパークになってるんだよね。 行けたら楽しいだろうなぁ・・・

じゃあね

2014/12/19

12/19 「スタートレック指揮官の条件」

スタートレック指揮官の条件』(ウェス・ロバーツ/ビル・ロス著 ダイヤモンド社)を読みました。
Photo


こんな本があったとは!
ダイヤモンド社から出てるってことでこれはきっとビジネス書だよね。 リーダーの条件って感じで。
「MAKE IT SO」ってピカードが言ってる言葉なんだって。私は「エンゲージ」のイメージが強すぎてこの台詞、日本語では「発進」って訳されてる言葉のイメージは全くなかったよ。
TNGはスタートレックシリーズで一番好きなシリーズ。9つの章があってエピソードを取り上げてあるのが読んでいて懐かしかったー
最近見直したやつは結構「あーあれね」って思うし、まだ見直してないのは「そんなのもあったばい」くらい。 うー早く見直したくなったよ。
仕事に生かさなくっちゃ・・・って へへ、そこまで仕事に打ち込んでないのだな、私。 いかん、いかん。でもピカードの下だったら頑張って働くよね、うん。
amazonの商品説明では
「 トレッカー(トレッキー)と呼ばれる熱狂的ファンを持つテレビSFシリーズ「スター・トレック」。日本にもファンは多く、最も知名度の高いアメリカのテレビシリーズの一つと言えるだろう。本書は、87年から放映されたシリーズ「新スター・トレック」を取り上げており、スタートレックの舞台となる宇宙船エンタープライズ号の艦長、ジャン=リュック・ピカードが、宇宙艦隊アカデミーに学ぶ士官候補生に向けて、自らの経験から指導者としての心得をまとめた書物の形をとっている。
ピカード艦長の手記として書かれているため、紹介される内容は「艦長の視点から見た」エピソードとなっている。そしてそこから指導者の資質として9つの能力を挙げ、それぞれについてエピソードを交えながら、指揮官としての判断基準を指し示していく。予備知識がなくとも興味深く読めるが、該当するエピソードを知っていれば、さらに楽しめることは間違いない。各章末には訳者によって、どのエピソードがもとになっているかが丁寧に解説されている。

それぞれのエピソードから示される教訓は特別なことを語っているわけではなく、うっかりビジネス書として読むと肩透かしを食らってしまうかもしれないが、著者らがピカード艦長になりきって自らの経験を述懐する姿は微笑ましい。ピカード艦長のキャラクターを知るファンであれば、いかにも彼が語りそうなその内容にニヤリとすることだろう。ファンにはマストアイテムと言える。(大脇太一)」となっていました。

今日は営業所の忘年会でした。
6時から7時50分まで。
飲めない分たっぷり食べました。 ステーキも出たけど硬い硬い!
でもお腹いっぱいになって帰ってきました。
家に着いたのは9時10分ごろ。
早く帰れてよかったー

明日は休みだ。うれしいな。

じゃあね

2014/12/18

12/18 うまーいサッカートタオルウォーマー

今、クラブワールドカップがあってるでしょ。 録画してみているのだけど昨日はヨーロッパ王者レアル・マドリードと中南米カリブ王者のクルスアスル?の試合でした。
いやーーー やっぱ上手! うまい人のサッカー見ているのは気持ちいいねぇ
パスは正確だし、ドリブルは素晴らしいしシュートは鋭いし。 点も入ってみてて面白かったです。
今、5位決定戦見ているけどやっぱちょっと落ちちゃうね。
それでもやっぱ上手なの見るのはおもしろーーーい!

そうそう、急に思いついてタオルウォーマーを買ってみたの。
奮発して13000円位する奴。                                                    バスタオル、使うときにほんのり暖かいの。 うれしいねぇ。壊さないようにしなきゃ。

今日も寒かったー
明日は忘年会。 あまり寒くなければいいなぁ。

じゃあね                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

2014/12/17

12/17 「ちょんまげ、ばさら」

ちょんまげ、ばさら ぽんぽこ もののけ江戸語り』 (高橋由太著 角川文庫)を読みました。
Photo


なんとぽんぽこは四神のひとつ青竜だったよ。 そいで白猫の白額虎は白虎、朱雀は
お鶴ちゃんという元人間。そして富士山にいるのが玄武くそまじめな修験者のような男、真武玄だって。なんじゃそりゃ?
そして戦国の武将達がよみがえってきて江戸に迫ってくるの。それが敵。1巻のときに出てきた人たちやその親とかが出てきておどろおどろしてました。 次は白狐。安部晴明とか出てきそうよ。
でもなんだろ、どこかで読んだものの寄せ集めのような・・・
それにしても「ばさら」って何だ?
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「「偽ちょんまげ、ちょうだい」騒動が落ち着いたのもつかの間、戦国の世から蘇った亡霊が、江戸湾に現れた。家康が築いた四神の結界が破られれば、町は悪霊や鬼に占領されてしまう。小次郎とぽんぽこは、江戸を護る四神の一角「お鶴ちゃん」を助けるため江戸湾に向かうが、そこには見たこともない大量の亡霊が!次々に現れる戦国の亡者たち。それらを現世に呼び寄せた者は誰なのか、そして江戸の運命は!?小次郎の剣が冴え渡る。」となっていました。

今朝、駅から営業所まで歩く間小雪が舞い散っていました。全く積もる気配はなかったけどね。
その後はお日様出てたみたい。

明日も寒そうですねー 帽子、変えていこうかな。

じゃあね

2014/12/16

12/16 「ちょんまげ、ちょうだい」

ちょんまげ、ちょうだい ぽんぽこ もののけ江戸語り』 (高橋由太著 角川文庫)を読みました。丁度帰りの駅前で読み終わりました。
Photo_3


ぽんぽこという妖狸と家康に仕えていた相馬の子孫、相馬小次郎の話。でも妖怪メインの話ではなかった。
いつも貧乏でまともに仕事してないってのはいかがなものかと。
柳生十兵衛の子供とか出てきたけど、それがメインって訳ではなかったです。人を切らずにちょんまげだけをスパッスパッと落としていき、武士の面子をボロボロにするってなかなかいいなぁ。
口入れ屋のおっちゃんとかそのお上さんとかこれからも出てくるんだろうな。 楽しみ。
続き何巻も出ているようですが、どんな話かわからなかったのであと1冊しか借りてこなかったけど、続も借りて読んでいいと思いました。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「時は江戸。下町神田では、腹を空かせた美貌の剣士と、可愛らしい町娘姿の狸の妖かしが、口入れ屋を訪ねていた。2人の名は小次郎とぽんぽこ。生活の糧を得るため、妙な仕事を請け負うはめになるが…。一方巷は、大太刀で侍どもの髷を斬り落とす謎の辻斬り「ちょんまげ、ちょうだい」の噂でもちきりに。小次郎も騒動に巻き込まれ…!?美貌の剣士と天然妖かし娘のコンビが大活躍の、お江戸もののけ大活劇。シリーズ開宴。 」となっていました。

今日は支社で研修。
朝から雨で、寒くて行くまでが大変でした。
支社に行く前にみおちゃんとランチ。
鶴屋の東館にあるビブリオテークって言う店で。
本日のスープに加え、パスタとパンケーキを2人でシェアする奴を頼んでみました。
パスタはベーコンとなすのトマトソース味 定番だけど好きなんだよ。麺は細め。
そいでもってパンケーキは12月限定の奴。ふわっふわのパンケーキにアイスとかショコラ?なんだろフォンダンショコラみたいなのと生クリームが乗っていてチェリーソースをかけて食べるの。
2014121612080000

おいしかったー ホットコーヒーもエスプレッソ風で美味しかったです。
全体的に満足。ただ今日はリッチに行こうつて決めていたからいいけど、普通のランチにするにはちょっとお高いかなぁ(笑)
支社ではケーキとかももらって食べ、家に帰ったらもらったラスクを食べ・・・
カロリー取り過ぎだ~~(笑)
でもとっても幸せです。

じゃあね

2014/12/15

12/15 「イラン人このフシギな人々」

イラン人 このフシギな人々』(遠藤健太郎著 彩流社)を読みました。
Photo


作者がイラクのテヘランに2年間留学した時の思い出を綴った50のエッセイ。
そうかー、イランってごりごりのイスラム教国家になったのって革命の後なんだ。 それまでは政治的自由は無くても文化的自由はあったんだ。 イラン革命って私が生まれた後の話だよね?
革命ってすっきり成功し、その後いい世の中になるってのは難しいのかなぁ? 単に時間がかかるだけなのかなぁ?
ペルシャ=イランってピンとこないんだよなー
イラン=危険って印象しかないの。 ペルシャは異国情緒溢れ、なんか優雅な感じがするんだけどね。
日本人とは考え方も価値観も全然違うイラン人。
いつかすごーく安全な世の中になってテヘランやペルシャ時代の文化を見に旅行できたらいいだろうな。 生きているうちには無理かな?
【「TRC MARC」の商品解説】には
「イラン・イスラム共和国の首都テヘランの下町で暮らした2年間の回想録。個性あふれる人々との思い出のみならず、イラン人の習慣や国民性、様々な文化、現代イラン社会の諸問題など、あらゆる角度から等身大のイランを描く。」となっていました。


家に帰ってから23時までネットが繋がらなかった。 参った~
天気とか調べることも出来ず・・ 洗濯物は部屋干ししてみました。
明日は支社で研修。 天気はどうかしら? 寒さは?
そーそー、明日着ていこうと思っていた服、スカート入らなかったーーーーー!
ショック、あーショック!!
何着ていこう? 困ったもんだ

じゃあね

2014/12/14

12/14 晴れないで~

今は夜。外は星だらけ。晴れてる。
夜の晴れって流星群とか月食とか以外は不要だよ~
だって明日の朝の冷え込み、半端ないっしょ。
休みの日なら寝て過ごすのに明日からまた仕事。
朝の気温はマイナス2度?
うー、ぶるぶる。
昼間、晴れて欲しいのよね。 青空好きだから。

じゃあね

2014/12/13

12/13 「日本はこうして世界から信頼される国となった」

[親子で読めるジュニア版]日本はこうして世界から信頼される国となった』(佐藤芳直著 プレジデント社)を読みました。
Photo


「親子で読める ジュニア版」とあるように子供に向けて書いてある本。でも知らない日本のことがいっぱい載っていたし、読みやすかったしとにかくこの本、小中学校で取り上げてもらって授業でやって欲しいなぁとマジで思いました。
吉田松陰と明治維新や戦争のこと、人種差別撤廃法案の提案とそれを認めない欧米。 いやー本当に知らない事だらけで恥ずかしくなります。 建物とか景色とかは欧米ってとってもいいけど、やってきたことってやっぱりねぇ。 日本人ももっと自分たちの事知らないとダメになっていく気がするね。
いつか知覧に行ってみなければ、と思った1冊でした。 借りて、読んでよかったです。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「世界から信頼される、いまの日本をつくった先祖たちはどのような生き方をしてきたのか。開国、アメリカとの戦争、東京五輪など12の歴史に秘められたジャパニーズ・スピリットの物語を紹介。ジャケット裏に世界地図を掲載。〔2013年刊を大幅に改稿し再構成〕」となっていました。

じゃあね

2014/12/12

12/12 冷えたね~

冬だよ。
でもダウン着ていくから結構あったか。
ただ朝は帽子を忘れてしまって、ひーーでした。
会社に置き帽子してるから帰りはOKだったけどね(笑)

じゃあね

2014/12/11

12/11 「タイムトラベラーズ・ワイフ 下」

今日は弟の誕生日。 おめでとー
で、昨日から今日にかけてタイムトラベラーズ・ワイフ 下』(オードリー・ニッフエネガー著 ランダムハウス講談社)を読みました。
Photo


色々書きたいけどネタバレなしじゃ書けんなぁ。
SFとはいえないと思う。でもいい話でした。最後は厳しすぎる気がするけど。
この本のタイムトラベルの設定、服から何から過去や未来に持っていけないけど本人と会って話したり遊んだりすることはOKなんだよねー それが厳しいけどそれで助かってもいるんだよね。
ラスト付近は結構厳しくて辛かった。ただ最後の最後はハッピー・・・なのかな? ハッピーなんだろうね。
内容(「BOOK」データベースより)では
「愛する人は未来からやってきた。やがてくる別れの日を知っていた。その時はいずれやって来る、きっと来る。クレア、わたしたちはいずれ再会するだろう。そのときまで思う存分生きて、このとても美しい世界を味わってほしい。永遠にきみを愛している。時は問題ではないのだ。あまりに切ない、究極のラブストーリー。
なんだかしっちゃかめっちゃかな文になったけど、面白かったです。」となっていました。

じゃあね

2014/12/10

12/10 「タイムトラベラーズ・ワイフ 上」

タイムトラベラーズ・ワイフ 上』(オードリー・ニッフエネガー著 ランダムハウス講談社)を読みました。
61nbftkdpal__sl500_sy344_bo12042032


自分の意思とは関係なくタイムトラベルしてしまうヘンリーとその彼に6才であって後に妻となるクレアの話です。
竹宮恵子の「私を月まで連れてって」を思い出すねぇ。
ただヘンリーがタイムトラベルするときには何も持っていけないの。だからいつも素っ裸で一文無しなんだー。その代り過去や未来の自分と会って話すことも可能なの。
クレアは普通に時を生きるからリアルタイムのヘンリーと出会うまでに年上のヘンリーと何度も何度も会っているのよね。なんかそれが色々と大変だけどいいねー
ヘンリーがとても疲れていた頃ってヘンリーの現実では何が起こっていたんだろうね。いきなり裸で放り出されるからスリやピッキングが出るようになったってなんか大変!
そういえば最初にタイムトラベルしたのが母親の首が吹っ飛んだ時っていうのが本当に辛いね。
下巻はとうなる? 
内容(「BOOK」データベースより)
「愛する人は未来からやってきた。やがてくる別れの日を知っていた。「いっしょにコーヒーでも、それともディナーか何かをどうかしら…」もちろん、彼はイエスというにちがいない。過去と未来にあたしを愛したこのヘンリーは、時代のこだまの中で、今こそあたしを愛するにちがいないのだから。愛する者の過去を救い、未来を抱きしめる男の、哀しいほどに優しい物語。 」となっていました。

夜から雨と言ったので傘を持たずに行ったら帰り濡れました。
とても不快。

じゃあね

2014/12/09

12/9 「清須会議」

テレビで放送された『清須会議』を見ました。
Photo

とにかく最近は織田信長してるなぁ。
もともとは漫画の「信長協奏曲」そしてテレビアニメ、月9ドラマ。
なんでこの「清須会議」に出てくる人たちもなんとなーく知っていた。 っていうか高校の時は日本史選択してたんだからそんくらい知っとけって感じだけど、戦国時代とか苦手だったのよねー
しかしこうやって見てみるとどこまで史実に忠実なのかはわかんないけど秀吉って・・・・ なんかすざましいなぁ。
秀吉ってさ、太閤になってさ検地したり刀狩りしたりしたけどそれって何時代だっけ?
安土桃山になっちゃうの?
なんで家康くんに滅ぼされたっけ? なんかこのへんどろどろしてたよね?だか嫌いなのだこの時代。
そういえば三谷映画にしては笑いは少なかったな。
でも面白かった。

じゃあね

2014/12/08

12/8 「クレアモントホテル」

ちょつと前に録画していてその後健さんが亡くなったため追悼映画がいっぱい放送されちゃったんでなかなか見る時間が取れなかった『クレアモントホテル』をやっと見ました。
Photo


いやーいい映画でした。 最後がちょっとわかんなかったけど。
あれはハッピーエンドなのか?
ルードが書いた小説はあの後売れて彼はちゃんと作家になれたんだろうか? サラはあの後どうなったんだう?
サラのように年をとっても小綺麗にして上品でいたいなあ。 でも今がガサツなんで年取ってから上品になるなんて無理か(笑)
老婦人と青年の友情。いいねぇ。孫って嘘ついちゃったのはうれは成り行きで仕方ないよなぁ。
でもなんやかんやでホテルの人たち、家族だったね。 あの白髪のおばあちゃん、残念だったわぁ。
ラストシーンの風景、来年行って見てみなくっちゃ、生で と思いました。
amazonの内容紹介では
「ロンドンの古い街角で孤独な老婦人と青年が出会う。
ふたりのむつまじい交流の日々──。
あわただしい時代から取り残されたようなホテル、クレアモント。人生の終着点が近づいた人たちが集うこのホテルに、パルフリー夫人がやってきた。寂しい住人たちはいずれやってくるという夫人の孫を心待ちにしているが、なかなかその気配がない。困った夫人は、路上で助けてくれた小説家志望の青年に孫のふりをしてもらうことに……。
英国の女性作家エリザベス・テイラーが晩年の1971年に発表した原作を、トニー賞女優ジョーン・プロウライト、『わたしの可愛い人―シェリ』(09)などに出演した若手実力派ルパート・フレンドを主演に迎えて、爽やかに映画化。年老いた女性と美しい青年の心温まる交流が、英国の美しい風景の中で、優しく描かれていく。 」となっていました。

じゃあね

2014/12/07

12/7 やかん

やっぱ冬だねぇ。 寒いよ。
夜、ストーブつけてみました。
その前にイオンに行って安い薬缶を買ってきたの。698円! でも今は10%引きなので628円でゲット。
そういえば今台所で使っている薬缶、ほぼ麦茶やウーロン茶。八代時代にパートの人からお下がりをもらった奴でした。役に立ってるよ~
ストーブの上の薬缶はすぐ沸くよ。
飲み過ぎないようにしないとまた夜中にとテレにばっかり起きちゃうな(笑)

じゃあね

2014/12/06

12/ あめとーく

録画していたアメトークの「ドラクエ芸人」を見ました。
うーーー懐かしい!!
そうそう、あの呪文を書き間違った時の絶望感と言ったら(笑)
またやりたいなぁ。 でもそんな時間も体力も無いのよね。残念

今日は寒いねぇ。
とうとうストーブつけましたよ。
あったかーーい!
部屋の温度が土間で上がった(笑)

じゃあね

2014/12/05

12/5 「丹生都比売」

丹生都比売 梨木香歩作品集』(梨木香歩著 新潮社)を読みました。
Photo


なかなか変わった作品がいっぱい。なんだかよくわかんなかったのが「旅行鞄のなかから」 やっぱりわかりにくかったのが「月と潮騒」「本棚にならぶ」。「トウネンの耳」もちょっとね。
好きだなぁと思ったのは「コート」と「夏の朝」かなぁ二つともちょっと涙ぐんでしまいましたよ。 「夏の朝」はラストが明るくてよかった。
本のタイトルになっている「丹生都比売」もなかなか良かったけど壬申の乱自体がううっとなってしまうので・・・ それとマンガの「天智と天武」と重ねて読んでおりました。兄弟や親子で争うのって悲しいよねー
hontoの 【商品解説】では
「胸奥の深い森へと還って行く。見失っていた自分に立ち返るために……。蘇りの水と水銀を司る神霊に守られて吉野の地に生きる草壁皇子の物語――歴史に材をとった中篇「丹生都比売」と、「月と潮騒」「トウネンの耳」「カコの話」「本棚にならぶ」「旅行鞄のなかから」「コート」「夏の朝」「ハクガン異聞」、1994年から2011年の8篇の作品を収録する、初めての作品集。しずかに澄みわたる、梨木香歩の小説世界。」となっていました。


今日は仕事の後支社で打ち合わせ。9時まで侃々諤々とやっておりました。
しかしうちの営業所はトホホな成績なので肩身が狭い~ というかもっともっと努力せにゃならんとばいなぁ。
うーん。。。。 よし、月曜から考えよう(笑)

と言うわけで家に帰り着いたのは10時半よりちょっと前でした。
そういえば支社まで歩いたので今日の歩数計は・・・・なーんだそれでも7千歩くらいかー

じゃあね

2014/12/04

12/4 「時の彼方の王冠」

時の彼方の王冠―デイルマーク王国史4 』(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 創元推理文庫)を読みました。
Photo


最終巻です。
しかしこの本、本国では3巻が出て14年経って出たんですって! 良かったーリアルタイムで読んでいなくて! 絶対覚えてないよねー よかった、続けて読めて。
ボロワーズやゲトも完結したと思った後すごーーーーく経ってから次の巻が出たけどさ、やっぱ読者は嬉しい気持ちはあってもとまどうよねー まぁまた読み返せばいいだけですけどね。
この本はね、とってもダイアナ・ウィン・ジョーンズっぽかったと感じました。物語の持っていきかたとか登場人物とかが。
でもまさか現在(といってもどのくらいなの?形態電話やスマートフォンはない感じ。電車は走ってるのよね。女性も普通に働いているし離婚もめずらしくないのかな?)が出てくるとは思わなかったね。女の子がタイムスリップしてミットやモリルと一緒に冒険するんだよね。ちょっといい子になったかな?と思っていたヒルディは嫌な女の子に戻っていてキアランとイネンはいい奴のままでよかったー
14年間が空いていたからあとがきに書かれているように最初から全ての見取り図が出来ていて書かれたとは思いにくいけどうまく出来ているストーリーだとは思います。巻末の用語集、1巻2巻は途中までしか読まなかったんだよね。失敗したー もう図書館に返しちゃったので読めない。 今度行ったら立ち読みしたほうが良いかも。

内容(「BOOK」データベースより)
「<唯一の者>の娘ノレスを殺せ―女伯爵の命を受け旅立った親衛隊員ミットは、ノレスこそがデイルマークの真の女王となるべきことを知る。一方、現代の少女メイウェンは二百年前の世界に送り込まれ、ノレスとなってミットや詩人モリルらとともに王冠を探す旅に。が、彼女にしか聞こえない不思議な声が、何かを目論みメイウェンにささやく…。ファンタジイ四部作、ここに完結。 」となっていました。


朝からまともな雨。
去年までだったらブーツの中まで水が入ってきて気持ち悪かったと思うのですが、さすがに2100円の防水スプレー! 百均の防水スプレーとは月とすっぽんですばい。 ちっとも濡れませんでした。

じゃあね

2014/12/03

12/3 最近のテレビ

バラエティ番組が好きでよく見るのだけど、最近の番組の構成?よくないのが多いよねー
コマーシャルまたぎの重ねっちゅーもの好きではないけど、まぁそれはほとんど録画して見ている~早送りとかスキップとかするのだけど、我慢できないのがいいシーンとかを番組の冒頭や途中で先に流し、その場面が近づいてきた時のCMの前とかには気になる部分を隠してその場面を放送する、とか。
もー本当にむっかつくわぁ。
そう思わない?

じゃあね

2014/12/02

12/2 さむっ

天気予報の通り、今日は冷えました。
会社でもセーター着用に。
風も冷たくなったねー
まぁ12月だからねぇ
明日は今日よりは最高気温は高くなるようだけど、最低気温も更新かな?
何を着ていこうかしら?

じゃあね

2014/12/01

12/1 「呪文の織り手」

呪文の織り手 <デイルマーク王国史3>』 (ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 創元著推理文庫)を読みました。
Photo


1巻2巻は同じ時代の話だったけどこれはずーーーーーーっと昔の話でした。まず載っていた地図が違ったのであれ?と思ったの。
タナクイという機織の少女とその兄弟(姉ロビン、兄ガル、ハーン、ダック(マラード)の話。
まだ神様(に人間がしてしまった不死なる者)と人々が近しい時代の話。 北部と南部の人間の外見の違いとかの元になってるのかな?
ハーンが偉大なる王になり、ダックがタナモリルにもなるのか?
とにかく昔の物語でした。4巻は全員集合?らしいよ。
楽しみ。

内容(「BOOK」データベースより)
「機織りの少女タナクィが綴る、デイルマークが<川の国>と呼ばれていたころの物語。異教徒との戦争に出征した父は戦死、長兄ガルは心を病んで帰ってきた。だが、その陰で、邪悪な魔術師カンクリーディンが<川>に呪いをかけ、全土を洪水が襲う。ガルのきれぎれの言葉を道標に、タナクィたちは魔術師が待ち受ける下流へと旅立つ。デイルマーク先史を描く大河ファンタジィ第三部。 」となっていました。

朝が一日で一番気温が高く、どんどん下がっていきました。
12月になったこともあり今日はブーツで行きました。 ブーツにダウン、もちろん手袋に帽子。 ネックウォーマーを今年はマスク替わりに口元を覆って防寒。
今からフル装備してて今後大丈夫か?(笑)

じゃあね

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »