無料ブログはココログ

« 11/30 またご馳走 | トップページ | 12/2 さむっ »

2014/12/01

12/1 「呪文の織り手」

呪文の織り手 <デイルマーク王国史3>』 (ダイアナ・ウィン・ジョーンズ著 創元著推理文庫)を読みました。
Photo


1巻2巻は同じ時代の話だったけどこれはずーーーーーーっと昔の話でした。まず載っていた地図が違ったのであれ?と思ったの。
タナクイという機織の少女とその兄弟(姉ロビン、兄ガル、ハーン、ダック(マラード)の話。
まだ神様(に人間がしてしまった不死なる者)と人々が近しい時代の話。 北部と南部の人間の外見の違いとかの元になってるのかな?
ハーンが偉大なる王になり、ダックがタナモリルにもなるのか?
とにかく昔の物語でした。4巻は全員集合?らしいよ。
楽しみ。

内容(「BOOK」データベースより)
「機織りの少女タナクィが綴る、デイルマークが<川の国>と呼ばれていたころの物語。異教徒との戦争に出征した父は戦死、長兄ガルは心を病んで帰ってきた。だが、その陰で、邪悪な魔術師カンクリーディンが<川>に呪いをかけ、全土を洪水が襲う。ガルのきれぎれの言葉を道標に、タナクィたちは魔術師が待ち受ける下流へと旅立つ。デイルマーク先史を描く大河ファンタジィ第三部。 」となっていました。

朝が一日で一番気温が高く、どんどん下がっていきました。
12月になったこともあり今日はブーツで行きました。 ブーツにダウン、もちろん手袋に帽子。 ネックウォーマーを今年はマスク替わりに口元を覆って防寒。
今からフル装備してて今後大丈夫か?(笑)

じゃあね

« 11/30 またご馳走 | トップページ | 12/2 さむっ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/60745429

この記事へのトラックバック一覧です: 12/1 「呪文の織り手」:

« 11/30 またご馳走 | トップページ | 12/2 さむっ »