無料ブログはココログ

« 11/3 水俣ローズフェスタ | トップページ | 11/5 「天使たちの課外活動 4 アンヌの野兎」 »

2014/11/04

11/4 「インフェルノ 下」

インフェルノ (下) 』(ダン・ブラウン著 角川書店)を昼休みに読み終わりました。
Photo


いやー、面白かった!
まさかFS-2080の正体が!!
ゾブリストとの最初の夜のシーン、3回くらい戻って読み直してしまったよ。すっかり騙された~ 絶対違う日とだと思っていたから。 とにかくとにかく全て騙されていたよ!
この本、前半はヴェネチア、後半はイスタンブール。 アヤソフィア、行ってみたくなったーもともとトルコに興味はあったしね。
とにかく色々と色々と、物語の作り方が本当にうまいね。 もう一回読み直したい~
映画化は「ロスト・シンボル」より先になるらしい。そうだろう、だって「ロスト・シンボル」はめっちゃ映像にしにくいだろうなぁと心配していたんだよ。 この本が映画になったら絶対見に行く! きっとその時は結末忘れているだろうと思うから楽しめると思うよ。
今すぐなら覚えてるけど。
とにかく面白かった。もう一回読み直したらもっと面白いと思う。いつかダヴィンチ・コードから再読しよーっと。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「医師シエナとともに、ヴェッキオ宮殿に向かったラングドンは、監視カメラにダンテのデスマスクを盗み出す自分の姿を見いだし、驚愕する。昨夜自分はいったい、何をしでかしたのだ?マスクの所有者であるスイスの大富豪ベルトラン・ゾブリストには、壮大な野望があった。生触細胞操作の分野を一から築いたゾブリストは、人類が人口爆発のせいで滅亡するという説を唱え、黒死病(ラ・ペステ・ネーラ)に着想を得た過激な方程式を提唱し、危険視されていた。デスマスクに残されたメッセージ、仕組まれた世界の破滅。ラングドンは医師シエナとともに、ヴェネツィアに飛ぶ。次々現れる追っ手をかわし、巨大な野望を食い止められるのか―!?」となっていました。

マジ次回図書館に行ったら借りて読み直そうかなぁ・・・・


今朝、寒かった。 一応ニットとかヒートテックとか着ていったのに歩いて行く時寒かったよ。 帰りはニット帽かぶっちゃった。
明日はマフラー?プラスしよう。
もう11月だもんね。 でもいきなり寒くなったよ。

じゃあね

« 11/3 水俣ローズフェスタ | トップページ | 11/5 「天使たちの課外活動 4 アンヌの野兎」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/60599307

この記事へのトラックバック一覧です: 11/4 「インフェルノ 下」:

« 11/3 水俣ローズフェスタ | トップページ | 11/5 「天使たちの課外活動 4 アンヌの野兎」 »