無料ブログはココログ

« 10/6 入院 | トップページ | 10/7 手術 »

2014/10/06

10/6 「比類なき翠玉 時間旅行者の系譜」

JRで熊本へ行くまで、新幹線で博多に行くまで、そして病室で読んだのが比類なき翠玉 (時間旅行者の系譜)』(ケルスティン・ギア著 東京創元社)です。
Photo_2


なんとまぁサンジェルマン伯爵は既に○○になっていたのね。だからグウェンドリンを駆除したかったんだ。
で、なんと整形してになってたんだー これにはびっくり。全く気づかなかった。 ロバートのお父さんホワイト医師にもーちょっと秘密があると思っていたよ。あと結局ギデオンは悪い奴ではなかったんだね。 それもなんだかなぁ?
まぁレスリーとギデオンの弟が仲良くなったりハッピーエンドだったから良しとしよう。
っていうか読み終わったのが入院初日で退院後に感想書こうとしたらもう忘れてる。 この記憶力がかなしい。
シリーズ的には面白かったな。
 【「BOOK」データベースの商品解説】では
「「時間消化」の最中に出会った若き日の祖父と協力し、クロノグラフとサンジェルマン伯爵の秘密を探るグウェンドリン。「監視団」やいとこの厳しい追及をかわしつつ真相に迫るのだが、ハンサムな相棒ギデオンの不可解な言動のせいで、乙女心はジェットコースター状態に。サンジェルマン伯爵の目的は?ギデオンの本当の気持ちは?謎、冒険、ロマンスがぎゅっと詰まったタイムトラベル・ファンタジー、ついに完結!」となっていました。

じゃあね

« 10/6 入院 | トップページ | 10/7 手術 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/60470487

この記事へのトラックバック一覧です: 10/6 「比類なき翠玉 時間旅行者の系譜」:

« 10/6 入院 | トップページ | 10/7 手術 »