無料ブログはココログ

« 7/15 「机の上の仙人」 | トップページ | 7/17 へたこいた~ »

2014/07/16

7/16 「「ななつ星」物語」

昨日読み終えたのが『「ななつ星」物語: めぐり逢う旅と「豪華列車」誕生の秘話』です。
51lsalhdyql__sl500_aa300_


いやーー すごいなぁ。
「ななつ星」走っているのは知っているけどまだ見たこと無い。見てみたい! 乗ってみたいけどそれはちょっと難しい。なんてったって海外旅行より高いのだから! でもこれを読む限りその価値はあるね。金婚式の旅にどうだろう? なーんてね。
しかしすごいなぁ。唐池社長と水戸岡さんの夢。それをかなえるためにすごい人数の人々がものすごーーーーーーくきつい思いをしてそして仕上げたんだね。 最初のほう、もうちょっとうまく動いていたら最後あそこまでシビアな工程にならなかったんじゃ?とかつい思っちゃった。 この仕事で体や心を壊した人って本当にいなかったのかな? つい心配してしまうよ。
最初のほうで豪華列車の視察に韓国とか行ってたけどなんで?って思っちゃったよ。行くだけ無駄じゃん。最初からオリエントとか南アフリカのあの豪華列車とか見に行くべきだよねースペインに行ってたけどとにかく「ななつ星」が世界に誇れる豪華列車であり続けて欲しいな。いつまでもいつまでも質が落ちず、更にさらさら良くなっていけばいいなぁ。
「ななつ星」の誕生秘話、プロジェクトXで見たいよ。
hontoの商品解説には0
「2013年10月15日、豪華寝台列車『ななつ星in九州』が運行を開始した。定員30人、14室すべてがスイートという7両編成の列車にかけられた製造費はおよそ30億円。豪華客船が寄港地を巡るように、列車の旅と観光を組み合わせた日本で初めてのクルーズトレインである。九州7県を周遊する3泊4日のコースと九州北部を周遊する1泊2日のコースで運行され、ひとり約18万円~70万円という破格の料金にも関わらず、半年先まで予約が完売。この夢の列車はどのように開発されたのか。四半世紀に渡ってJR九州の観光列車を手がけてきたデザイナーの水戸岡鋭治とJR九州社長・唐池恒二が目指した「九州を元気にする」列車は、その豪華さからは想像もできないような苦難の末に誕生した。「手間こそが感動」と妥協を許さない唐池と水戸岡の斬新なアイディアによって設計と仕様は何度も変わり、その度に現場は大混乱に陥った。車両製造の技術者、内装の職人、サービスクルー、宿泊と食を任された沿線の人々が、「犠牲を伴わないものに感動はない」と言い切る水戸岡の情熱に挑んだ熱き魂の物語。豪華な車内と食事、沿線の絶景が凝縮された16ページの口絵付き。」となっていました。

じゃあね

« 7/15 「机の上の仙人」 | トップページ | 7/17 へたこいた~ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/59994786

この記事へのトラックバック一覧です: 7/16 「「ななつ星」物語」:

« 7/15 「机の上の仙人」 | トップページ | 7/17 へたこいた~ »