無料ブログはココログ

« 6/5 キャラメル | トップページ | 6/7 朝から歓声 »

2014/06/06

6/6 「天下統一」

天下統一 - 信長と秀吉が成し遂げた「革命」 (中公新書)』(藤田達生著 中央新書)をになんとか読み終わりました。
41zky0khyl__sl500_aa300_


うーん・・あまり興味が無い本読もうとしても時間ばかり掛かって内容が頭に入んないね。 歴史は好き。でも戦国時代が特に好きなわけではないのよね。まあ近代よりもいいけど。
「信長協奏曲」や「SENGOKU」くらいが私には合ってるかー
ところどころ転寝しながら呼んだけど、鉢植大名という名称にはへへーっと思っちゃった。そうか、昔からずっと過ごした土地の頭になるのではなくうえの命令でいつでも土地変えされるっていうそういう仕組み。士農分裂ってここからだったのかー
それから中国銭を使っていたけど銀が新大陸から流れ込んできたことにより貨幣制度が不安定になってきたため日本ではなんと「米」えーっと思ったけどよく考えたら大名の格(?)とか「何万石」って言うよねー 給料も江戸時代は米だったし。
最初のほうで「清須会議」って出てきたときは「あ、映画になってたね。しってるー この言葉」って思ったのさ。中身は知らなかったし、実はあんまり意味無かったみたいね。あと、織田信長は西洋かぶれかと思っていたけど頭の中身は中国思想だったのかー がっかり
でも何やかんやで勉強になった。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「集権化や実力主義を推進した信長と秀吉の政策はまさに「革命」であり、他の武将と一線を画していた。足利と織田、織田と豊臣の各政権が併存したことを指摘しつつ、世界史的視野からも戦国日本を捉え直し、革命の本質に迫る。」となっていました。

一週間が終わった~
明日は何をしようかな? 蛍、見に行くか?

じゃあね

« 6/5 キャラメル | トップページ | 6/7 朝から歓声 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/59770708

この記事へのトラックバック一覧です: 6/6 「天下統一」:

« 6/5 キャラメル | トップページ | 6/7 朝から歓声 »