無料ブログはココログ

« 5/11 にちよーび | トップページ | 5/13 「日本語スケッチ帳」 »

2014/05/12

5/12 「誰の死体?」

誰の死体?  』(ドロシー・L・セイヤーズ著 創元推理文庫)を昼休みに読み終わりました。
61gpg17endl__sl500_aa300_


セイヤーズの名前はよく図書館で見たので1冊借りてみて面白そうだったら続きも借りてみよう、と思って手に取ったのがこのピーター・ウィムジイ卿の第1作目。
その割には話の中で以前扱った事件、なんてのが頻繁に出てくるのでついつい「あれ?これって1作目だったよね?」と確認してしまいした。
そして勝手にピーター卿って初老、もしくは老人をイメージしていたのですがあれれ、実はとっても若いんだねえ。
ミステリはまぁまぁ。ついテレビドラマを思い浮かべちゃうなぁ。ほら、アガサ・クリスティのドラマと似た時代でしょ。
そうそう、執事、いや従僕って表現になってるけどバンダーっていいねぇ。こんな人がそばにいて欲しいよ。
やっぱ次も借りてこよう。
内容(「BOOK」データベースより)では
「実直な建築家が住むフラットの浴室に、ある朝見知らぬ男の死体が出現した。場所柄男は素っ裸で、身につけているものといえば、金縁の鼻眼鏡と金鎖のみ。いったいこれは誰の死体なのか?卓抜した謎の魅力とウイットに富む会話、そして、この一作が初登場となる貴族探偵ピーター・ウィムジイ卿。クリスティと並ぶミステリの女王がモダンなセンスを駆使して贈る会心の長編第一作。 」となっていました。


今日は雨の予報。 昨晩の予報では帰る頃は「強雨」となっていたので覚悟して行ったのですが、朝は降ったけど昨日までの強風が無くてあまり濡れずに済みました。 そしてなんと帰りは止んでた!!
うれし~ 明日は休みだし 嬉しいなぁ。
嬉しいといえばサッカー
うちの家一押しのパシリこと清武がちゃんと入っていたし、ブログを読んでる麻也も入ってたので嬉かったっす。うっちーも入っていたということは怪我も治ったんだよね?
あー、楽しみ。 是非決勝トーナメントに勝ち残って欲しいな。

じゃあね

« 5/11 にちよーび | トップページ | 5/13 「日本語スケッチ帳」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/59631982

この記事へのトラックバック一覧です: 5/12 「誰の死体?」:

« 5/11 にちよーび | トップページ | 5/13 「日本語スケッチ帳」 »