« 4/26 サンジ | トップページ | 4/28 雨かと思っていたけれど »

2014/04/27

4/27 「雲の王」

昨日雲の王』(川端 裕人著 集英社)を読み終わりました。
61ci46tpwwl__sl500_aa300_


久しぶりに川端さんの本を読みました。
いやー面白かった。こんな風に何かに題材をとって書き上げてある小説、面白かー うまかねー
今回は気象。あめの匂いがわかったり、水蒸気が見えたりと謎の能力を持った美晴っていう女性が主人公。
出生の秘密というか両親の郷の秘密が解き明かされる過程とかも面白かった。
美晴が子供の頃感じていた台風に対するワクワクした気持ち、わかるーーー 災害は起こってほしくないけど台風自体はやっぱり未だにわくわくするんだよぉ、大人としては不謹慎だよね。でも吹き荒れる風や雨を窓越しに見たり安全な家の中で感じるのって好きなんだよー
天気予報は毎日気にしているけれど、雲を見て「あぁこれは積乱雲だな」とかぜーんぜんわかんないのさ。でもね、朝真っ青な空だったのに昼過ぎには雨とか、昨日までめっちゃ暖かくていい天気だったのにいきなり雨がひどく風がひどく、とかふつーにあるでしょ。天気って本当に不思議だね。 カオスだねぇ。
【「TRC MARC」の商品解説】では
「気象台に勤務する美晴は、息子とふたり暮らし。放浪中の兄からの手紙で、母子はある郷を訪れる。そこで、自分たち一族には、天気を「よむ」不思議な能力があることを知り…。『小説すばる』掲載に書き下ろしを加えて書籍化。」
となっていました。


朝から耕運機の音で目が覚めました。
く~~田舎ぁ~(笑)

じゃあね 

« 4/26 サンジ | トップページ | 4/28 雨かと思っていたけれど »

」カテゴリの記事

コメント

この本もなかなか面白そうですね。連休の読書候補に挙げておきます。
私は高野和明の『ジェノサイド』を一気読みして久しぶりに満足しています。

この本はお勧めできるとおもいます。
是非連休本に加えてください。
じゃあね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/59537449

この記事へのトラックバック一覧です: 4/27 「雲の王」:

« 4/26 サンジ | トップページ | 4/28 雨かと思っていたけれど »

無料ブログはココログ