« 1/7 眠くて | トップページ | 1/9 「のぼうの城」 »

2014/01/08

1/8 「アップルターンオーバーは忘れない」

今日はアップルターンオーバーは忘れない』 (ジョアン・フルーク著 ヴィレッジブックス)を読み終わりました。
61faclptyl__sl500_aa300_


なんじゃーこのラストは! ひどい、次の本は借りてないのに~
前巻まではノーマンがめっちゃいい奴だったのに、この本ではえーって感じ。マイクはやっぱり好きじゃない。ノーマン、どうする気なんだーーーー
アンドリアのところのビルも結局誰に騙されたのか、何が目的だったのかわからず仕舞い。くー、続きが読みて~
今回舞台は6月。死んだのはハンナに大学を辞めされた張本人。しかしクリスマスディナーにミッシェルが連れてきたときになんでハンナはすぐこいつはクソだ、って教えてあげなかったんだろう? 何をさておいても忠告すべきだったと私は思うけどなー
そして犯人は可愛そう もともと殺されても仕方ないようなゲスな男だったんだから!犯人に同情するなー
今回もいっぱいいっぱいお菓子が出てきた。でもレシピ見ると量が多いのと材料がリッチすぎて手が出なーーーい! 厚手のしっとりしたクッキーが食べたいよーー
あとすごーくコーヒー飲むけどコーヒーですっきり目が覚めるって経験はあんまりないな。もともと目覚めはいいほうだから。ただコーヒーの香りはいいよねー 実際に飲んだときの味より香りのほうが好きだな、コーヒーって。 ハンナもリサも毎日早起きだねー 彼女らに比べたら私の気象時間はすごーく遅いぞ、と思うと勇気出るわー
 【「BOOK」データベースの商品解説】では
「「クッキー・ジャー」の6月はとにもかくにも忙しい。それでも頼まれるとイヤとはいえないのがハンナ。町長夫人主催のチャリティーパーティ用に大量のお菓子を焼いて、出張中のノーマンの愛猫を預かり、隠し芸大会に出るハーブのマジックショーの助手も引き受けて、さすがにへとへと。でもハンナには他にも気になることが。あの女たらし、レイク・エデンの客員教授になった元恋人ラムジーが末妹ミシェルと関係を深めているようなのだ。昔のことを妹に話すが悩んでいた矢先、死体となったラムジーを発見し…。犯人探しも私にまかせて!意外な展開が次々と、大好評お菓子探偵シリーズ第13弾。」
となっていました。

昨晩から徐々に頭が痛くなり、一日中頭が重くて痛くて大変でした。 頭と言うか首と肩凝りからきている感じ。
もーーーしかしたら昨日久しぶりにテレビ体操をした後遺症?
朝、昼と薬の無も良くならず、本も普通だったら出勤時に読み終わるところを昼休みまでかかって読みました。
帰ってきても良くならず晩御飯後に薬飲んだけど、お風呂にゆっくり入ってやっと楽になりました。
天気のせいだと思ったけど、やっぱ体操かなぁ(笑)
疲れたので早仕舞いしようかな? ベッドに入って録画した映画でもみよーーーーっと!

明日は寒くなりそう!

じゃあね

« 1/7 眠くて | トップページ | 1/9 「のぼうの城」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/58909171

この記事へのトラックバック一覧です: 1/8 「アップルターンオーバーは忘れない」:

« 1/7 眠くて | トップページ | 1/9 「のぼうの城」 »

無料ブログはココログ