« 12/2 「トースト ~幸せになるためのレシピ~」 | トップページ | 12/4 「ピーチコブラーは嘘をつく」 »

2013/12/03

12/3 「シュガー・クッキーが凍えている」

昨日読み終わったのがシュガークッキーが凍えている』 (ジョアン・フルーク著 ヴィレッジブックス)です。
51nblcgkyl__sl500_aa300_


金曜に読み出して、土日読まずに今日月曜日。あと3分の一以上あるから2冊目の本を持っていくかどうか迷ったけど盛っていくことに。大正解!なんと最後の100ページ近くはレシピだったの!
今回の舞台はクリスマス。レイク・エデンの人々が料理やお菓子を持ち寄ってクリスマスパーティするのだけどそのレシピが載ってました。ハンナが出す料理本に載せる形でね。
今回死んだのは派手な女の人。あまり身近ではなかったのでどーってことなかったけど、犯人がパーティ会場から出られない状態、つまりすごーくふぶいていてね。でも事件の真相は誰も傷つかなかったからよかったー しかしマイクは本当に嫌な感じ。ショーナ・リーとかにうつつを抜かしやがってさー やっぱりノーマンとくっついちゃえ!
ノーマン、カメラはデジカメも持ってるんだね。
アンドリアがとうとう出産。男の子だと99%言われていたのになんと女の子だったの。 両母親のミドルネームをとってベサニーと名づけられました。アメリカでは普通の名前なの?私が読んだ漢字では変な名前! ハラペーニョ入りのブラウニーはどうかと思うけど、チリペッパー入りくらいだったらきっと美味しいと思うよ。
【「BOOK」データベースの商品解説】では
「もうじきクリスマス・レイク・エデンの町はいつになくうきうきしていた。ハンナが出版する町のとっておき料理集のために、クリスマス・パーティ兼大試食会が開催されるのだ。ハンナの母ドロレスも大張り切り。美しく高価なケーキナイフを貸してくれるという。だが、宴が始まってしばらくして、ハンナは真っ青になった。あのケーキナイフがない!慌てて探すハンナの目に飛び込んできたのは、ナイフを胸に刺した死体だった…。外は猛吹雪で参加者は会場に軟禁状態だから、絶対この中に犯人がいるはず!今にも産気づきそうなアンドリアを助手に、ハンナが見つけた真相は?大好評シリーズ第6弾。」
となっていました。

今日もいつも通り仕事をしてとっとと帰ってきました。
明日もこの調子でがんばろーーっと
明日からはハードカバーを持って行くのさ。重いぞ~

じゃあね

« 12/2 「トースト ~幸せになるためのレシピ~」 | トップページ | 12/4 「ピーチコブラーは嘘をつく」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/58691897

この記事へのトラックバック一覧です: 12/3 「シュガー・クッキーが凍えている」:

« 12/2 「トースト ~幸せになるためのレシピ~」 | トップページ | 12/4 「ピーチコブラーは嘘をつく」 »

無料ブログはココログ