« 9/12 有休 | トップページ | 9/14 「風の海迷宮の岸 上 十二国記」 »

2013/09/13

9/13 「華胥の幽夢 十二国記」

結局『華胥の幽夢 十二国記』を読みました。
51hsrym2kcl__sl500_aa300_


もう十二国記は読まない、って思ったけどやっぱり読んでしまいました。 陽子が出てくるところだけ、と思ってまず「書簡」を読み、延王と利広見たさに「帰山」を読み、ちょっとでも陽子に関係するところとして「乗月」を読み、泰麒の話は・・・・と思いつつ「冬栄」を読み、なら全部読もう、と「華胥」を読みました。
「冬栄」は読んでよかった。やっぱり残りの十二国記も読んでしまおうと思います。 しかしこの時代の漣の王様はいいねぇ 私は住むとしたらやっぱり暖かい漣がいいなぁ。王様もおおらかだし。
「華胥」だけが違う時代の話なのかな?だって才の国の王は陽子の時代はばあちゃん王だったよね? 奏は600年の国だからほぼいつでも王様たちは変わんないしね。

内容(「BOOK」データベースより)
「戴国王驍宗の命で漣国へ赴いた泰麒を待っていたのは。芳国王仲韃への大逆の張本人月渓に慶国王陽子から届けられた親書とは。才国の宝重華胥華朶に託された理想の王国への憧憬の行方は。そして、陽子、楽俊、十二国はいま―。あなたの心をふるわせ胸を熱くする十二国記珠玉の短編集。 」
となっていました。


昨日休んで、今日会社に行ったら上司がなかなか出勤してこない、と思ったら内線電話。「今日は人吉に朝礼に来ています」はぁーーー 何それ? 聞いてないよー
まぁいいけどね。
で、そのあとまたすぐ内線電話。支社の総務部長より。「10月の人事異動が今日発表になります。10月から熊本南です」ひゃ~ ですかー あちゃ~ めんどー
JR通勤かな?
今から調べてみます。

じゃあね


« 9/12 有休 | トップページ | 9/14 「風の海迷宮の岸 上 十二国記」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/58186347

この記事へのトラックバック一覧です: 9/13 「華胥の幽夢 十二国記」:

« 9/12 有休 | トップページ | 9/14 「風の海迷宮の岸 上 十二国記」 »

無料ブログはココログ