« 5/21 去年の今日 | トップページ | 5/23 こまった天気 »

2013/05/22

5/22 「文学刑事サーズデイ・ネクスト 1 ジェイン・エアを探せ!」

文学刑事サーズデイ・ネクスト〈1〉ジェイン・エアを探せ!』(ジャスパー・フォード著 ソニー・マガジンズ)を読みました。・
51d3hdgwmyl__sl500_aa300_


最初はなかなかノリが悪かったけど、ちょっと我慢するとなかなか面白くなった。この時間軸とは違う地球のイギリスの話。そうわかると賀千゛面白くなった。あぁこれでわたしがジエイン・エアやシェークすぴうをちゃんと知ってたらもっともっと面白かったと思うよ。残念。でもナカジマさんというオオサカのおばちゃんがなかなかいい役で出てくるのがちょっとうれしかったよ。
シリーズ物で少なくとも図書館には3巻まであったみたい。
サーズディがタイヤのそばにピストルを隠したあの場面が出てこなかったので、あれが2巻に出てくるんでしょうね。
ドードーがクローンで作られてペットとして出回っているみたいだけど、私もドードーがほしいなぁ。
クリミア戦争とかが130年くらい続いてるなんて、嫌な世界だねぇ。
でも最後は停戦できてよかったー
ジェイン・エアのラストってどんなんだ?多分サーズデイが介入した後の結末が私たちの世界の本の結末と同じなんだろうな、きっと。読んだことがないのでなんとも言えないけど。
amazonの内容紹介には
「主人公を見つけなければ、物語は終わらない……
文学史上最大の捜査が、はじまった。
事件のはじまりはディケンズだった……
わたしはサーズデイ・ネクスト、27課所属の<文学刑事>だ。元<時間警備隊>の父は、いまは時空のなかを逃げまわる身の上、最愛の兄はクリミア戦争で疑惑の死を遂げた。
わたしはといえば、昔の恋をひきずったまま、地道な捜査ひとすじ。ふだんは原稿紛失や盗作など冴えない時間ばかりで殺しとは無縁のリテラテック(文学刑事)のわたしが、いくつもの顔を持つ凶悪犯アシュロン・ヘイディーズを追うことになった。特別捜査機関の同僚の心配をよそに、わたしは単身<現場>へ向かった。
英米でベストセラーの<文学刑事シリーズ>第一弾!」
となっていました。

じゃあね

« 5/21 去年の今日 | トップページ | 5/23 こまった天気 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/57438671

この記事へのトラックバック一覧です: 5/22 「文学刑事サーズデイ・ネクスト 1 ジェイン・エアを探せ!」:

« 5/21 去年の今日 | トップページ | 5/23 こまった天気 »

無料ブログはココログ