« 4/18 ぬっかったー | トップページ | 4/20 クレアへ »

2013/04/19

4/19 「夜の底は柔らかな幻 上」

夜の底は柔らかな幻 上』(恩田陸著 文藝春秋)を読み終わりました。
51yvnbvmpl__bo2204203200_pisitbstic


久しぶりに恩田さんの本。新刊コーナーで見つけて借りて来ました。
のっけから謎だらけ。
途鎖国とか、在色者とか・・・ 主人公の実邦(みくに)が途鎖国に入国する電車の中から始まるのだけど、途鎖国っていわゆる土佐だよねー なんか高知ときくと親近感。
在色者ってのはいわゆるエスパー? 「スワン」とか、「アトムの子ら」とか一時期はやったよねー 最古視ねキスやテレパシー、予知とかそういう能力を持ったものがいて、それが忌み嫌われていてそれが対立している? でも闇月とか山とかまだまだ謎は多いねぇ。
実邦が追っているのが元ご主人で、実は神山博士の息子なのかな?
葛城、ひどいやつーーー 片目を多分実邦をてごめにしようとして返り討ちに会い失ったんだと思うなぁ。 黒塚の存在も不気味。青柳はクレイジーだし、ものすごい潜在能力を持つあの子供もこれからどうなっていくか、下巻も目が離せないなぁ。
みつきは死んで欲しくないのだけど。。。

amazonの内容紹介には
恩田陸が贈る、日本版・地獄の黙示録
犯罪者や暗殺者たちが住み、国家権力さえ及ばぬ無法地帯である〈途鎖国〉。特殊能力を持つ〈在色者〉たちがこの地の山深く集うとき、創造と破壊、歓喜と惨劇の幕が切って落とされる――極悪人たちの狂乱の宴、壮大なダーク・ファンタジーをお楽しみください。
とありました。


今日は熊本市内へ会議に。
駅から街中までは歩き。いい季節だねぇ。
昼は本屋でみっちり立ち読みした後、はなまるうどん。
帰りは市電に乗って帰って来ました。
明日、雨なのかなぁ? それとも立ち読みと伝社で本の読みすぎなのかなぁ? 頭が痛いです。
ゆっくりお風呂に浸かって寝なくちゃな。

じゃあね

« 4/18 ぬっかったー | トップページ | 4/20 クレアへ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/57205850

この記事へのトラックバック一覧です: 4/19 「夜の底は柔らかな幻 上」:

« 4/18 ぬっかったー | トップページ | 4/20 クレアへ »

無料ブログはココログ