« 2/5 ベビーフット | トップページ | 2/7 冷えてきた »

2013/02/06

2/6 「51番目の密室」

51番目の密室』(早川書房編集部・編 早川書房)を読み終わりました。
51otrm8dqfl__sl500_aa300_


短編集。
あまり私の好みではない短篇が多かった。唯一名前を知っている作家、エドガー・アラン・ポー、やっぱ私にはこの人の良さはわかんない。「燈台」って作品。なんじゃこりゃ?って感じ。ミステリーなの?やっぱり推理によって謎解きがされる、みたいなのとかが面白いよね。
この本の中では「51番目の密室」と「ジェミニイ・クリケット事件」は面白かった。そうそう、「アスコット・タイ事件」もホームズのパロディなんだけど、ホームズが依頼人のことを推理してことごとく外れるシーンなんて笑った~
全体的にちょっと古かったね。
最近は警察の捜査のやつが最近はお気に入りなのかも。

【「TRC MARC」の商品解説】では
ミステリ作家ワゴナーの他殺死体が発見された現場は完全な密室で、しかも首がなかった…。ミステリ業界をネタにした表題作をはじめ、「魔の森の家」「一滴の血」「選ばれた者」など全12篇を収録。  
となっていました。

昨日、パールもどきのピアスを片方なくしてしまったのさ。 この前も無くして翌日会社の机の下で見つけたので今日も期待していたのですが、残念。 くーー300円もしたのにーーー(笑)
またチャンスがあったら買おう。

じゃあね
                   

« 2/5 ベビーフット | トップページ | 2/7 冷えてきた »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/56711470

この記事へのトラックバック一覧です: 2/6 「51番目の密室」:

« 2/5 ベビーフット | トップページ | 2/7 冷えてきた »

無料ブログはココログ