« 1/24 そーだったかー | トップページ | 1/26 「ライフ・オブ・パイ」 »

2013/01/25

1/25 「アラミタマ奇譚」

アラミタマ奇譚』(梶尾真治著 祥伝社)を読み終わりました。
25269935_1_3

有休をとって図書館に行きじーーーっくり見ていたらカジシンの読んでいない本に出会いました。去年の夏に出た本でした。
もちろん舞台は熊本。阿蘇メインの話でした。
今はやりのパワースポット、それを人々の邪悪な気持ちや暗い気持ちを吸取ってくれるって定義しているのね。だからパワースポットに行くとすっきりした気分に「人」はなるけどパワースポットにはその邪悪な思いが溜まっていき、それが「邪魔」という怪物になって定期的に噴出す、みたいな設定で話が出来てました。
阿蘇、以降と思えば日帰りで行ける場所。ただ休みの日はやっぱり観光客が多いので混みそうでなかなか行かないのだなぁ。
でもこの本読んで気候が良くなったら押戸石や穿戸の穴(うがとのあな)とかも見に行ってみたいなー と思いました。
熊本の伝説とかは小学校のときの「夏休みの友」とかに載っていて寝観音の話とかは知っていたけど、鬼八伝説は知らなかったなぁ。
千穂ちゃんもよみがえればよかったのになぁ・・・あと戦いに3年もかかっていたとは・・・
阿蘇はまともに噴火しちゃったらそうなるのかねぇ。
外輪山を麓とした山を想像すると・・・本当にでっかいだろうね~

【「BOOK」データベースの商品解説】では
「羽田発熊本行の旅客機が阿蘇外輪山に墜落した―。それは不思議な事故だった。乗客乗員62名が消失し、ただ一人生還した男は記憶の大半を失っていたのだ。同乗していた恋人を捜すため、収容先の病院を脱け出した男を見知らぬ土地で待っていたのは、世にも奇妙な体験の数々だった。阿蘇を代々護ってきた人たちの存在、いにしえから語り継がれる鬼伝説の謎、そして人外の魔物の跳梁。やがて、強大な敵が牙をむき、未曽有の危機が迫る。火の国熊本の異界で闘う男の運命は!?カジシン・ワールドの魅力全開ファンタジー。 」
となっていました。

今日は予報では雪ってなってたけどいい天気でした。
ただ冷えてきたよーー 明日は映画だけど、寒いのは嫌だなぁ。

じゃあね

« 1/24 そーだったかー | トップページ | 1/26 「ライフ・オブ・パイ」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/56625610

この記事へのトラックバック一覧です: 1/25 「アラミタマ奇譚」:

« 1/24 そーだったかー | トップページ | 1/26 「ライフ・オブ・パイ」 »

無料ブログはココログ