« 12/28 「狐笛のかなた」 | トップページ | 12/30 「フリーダム・ライターズ」 »

2012/12/29

12/29 「コーチ・カーター」

BSプレミアムで放送されていた『コーチ・カーター 』の録画していたのを見終わりました。時間が無くて2日に分けて見てしまった。ちょっともったいなかったかも。
51ht6e4ttql__sl500_aa300_


実話を元にした映画らしいです。とってもよかったーーーー 見て正解。ちゃんと続けてみたらもっとよかったかも。
低所得者が集まり、犯罪も頻発しているアメリカの町の高校バスケ部のコーチになったカーターが連勝のチームに育て、州大会にまで出場できるチームにする話。
でもすごいのはただ勝つだけのチームではないの。 今、輝ければいいのではなく、学生としてやるべきことをやり、バスケの力を使って奨学金とかを勝ち取って大学進学し、しっかりとして人生を送らせるってことがカーターの目標なの。だから練習はめっちゃしごきまくるけど最初に成績のことや授業は最前列で聞くこと、試合の日にはネクタイにジャケット着用、なんていう契約書を交わさせ、チームが破竹の連勝街道まっしぐらを進んでいるときにその約束が果たされていないことを知り、体育館を閉鎖して試合も放棄しちゃうのね。 驚いたのが成績表を提出させるように学校に頼んでもすんなり渡してくれないこと。 これが個人情報のなんたらっていう訳ではなく教師の負担が増えるからやりたくなーーいって漢字の理由。ぶったまげたわー
子供達にバスケをさせないことで府警や町の人たちが怒り、記者が集まり、なんかしらんけど裁判みたいな委員会まで開かれカーターはコーチを辞める、なんてことになるんだけど、子供たちがさー いいんだよねー いい子達だよ。 ただアメリカの高校生ってやってることはもう大人なんだよなー 酒飲んでパーティして、付き合った彼女が妊娠して・・・とかさ。 薬の売人や銃が日常に溢れていて怖いよーーー 格好も制服とかは無いから女の子なんてまセクシー(笑) 日本とは全く違うんだねー 私にはいいこととは思えないけどさ。 こんなんも日本に入ってくるのかなぁ?  もう入ってきてて知らないだけなのかなぁ?
とにかく、いい子達だった。 途中ひやひやは何度もしたけどね。
州大会に出るってそんなに凄いこととはピンと来ず・・・日本の軒大会と比べてはダメなのかな? 甲子園に出るくらいの感覚なのかもね。
州大会ではなんと優勝候補に最初から当たってしまってさー でもその中にいたすごーーくバスケがうまくてNBAだっけ?そこにスカウトされるとかそんな目立ってる子もいいこだったよー
見た目は大人と変わんなく見えてもやっぱり高校生、いい子達だなーーって思っちゃいました。
ロッカールームでのカーターの演説もよかったー
そうそう、体育館でのクルーズの詩の暗唱(なのか?)もすごーーくじんときちゃいました。
はー、ほんによかったです。

じゃあね

« 12/28 「狐笛のかなた」 | トップページ | 12/30 「フリーダム・ライターズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/56416578

この記事へのトラックバック一覧です: 12/29 「コーチ・カーター」:

« 12/28 「狐笛のかなた」 | トップページ | 12/30 「フリーダム・ライターズ」 »

無料ブログはココログ