« 9/5 どしゃぶり | トップページ | 9/7 涼しくなった »

2012/09/06

9/6 「007 白紙委任状」

007 白紙委任状』(ジェフリー・ディーヴァー著 文藝春秋)を読み終わりました。


51sxhpyi5zl__bo2204203200_pisitbsti


いやー面白かった!
私が007を読むなんてびっくりだけどさ、なんてったってジェフリー・ディーヴァーだよ! 本屋の本棚で見かけたとき目を疑ったね!
図書館に入ったので早速借りてきたのさ。
もともとジェームズ・ボンドって好きではないの。女ったらしのイメージが強すぎて。でも考えると最近の007の映画は全て見に行ってるんだよね。
今回も二転三転。 ディーヴァーの物語でどんでん返しが無いなんて考えられないもの! 面白かったよ。
たださすがに最終章で事件が最初に終わった、と思われるシーンのあとを読むとこりゃーこの女はくさかばい、と思ったね。 大当たりでした。それでもラムが裏切り者だったんだーって一度は思い込まされちゃったけどね。 とにかくディーヴァーだから素直に行かないよって知っててもやっぱ信じちゃう、馬鹿な私なのか、ディーヴァーの筆の力がすごいのか!!
楽しめましたー
ボンドの両親についての話も色々と出てきたけど最終結果はでなかったってことはこれからこのシリーズ、続けていくつもりなのかなぁ?
私はライムをもっと読みたいんだけどさ!
【「BOOK」データベースの商品解説】
50年以上にわたって冒険小説のヒーローであり続けたジェームズ・ボンド、暗号名007。その新たな冒険行を、リンカーン・ライム・シリーズなどで知られるサスペンスの巨匠ディーヴァーが手がけたのが本書です。舞台を現在に移し、秘密兵器を開発するQ課が製作した特殊スマートフォンとワルサーPPSを手に、9.11後の世界を駆け回るボンド。スタイリッシュなボンドの言動に彩られたスピーディな展開というボンドものらしいストーリーに、“ドンデン返しの魔術師”ディーヴァーらしい巧妙なプロットが仕掛けられています。

となってましたー

じゃあね

« 9/5 どしゃぶり | トップページ | 9/7 涼しくなった »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/55594737

この記事へのトラックバック一覧です: 9/6 「007 白紙委任状」:

« 9/5 どしゃぶり | トップページ | 9/7 涼しくなった »

無料ブログはココログ