« 6/3 今日もお出かけ | トップページ | 6/5 紅茶いっぱい飲んだら »

2012/06/04

6/4「日の名残り」

日の名残り 』を見ました。
実は先日見た『いつか晴れた日に』よりこちらの方を楽しみに録画していたのですが、アンハッピーな感じだったのでこの前の映画の方が好みだな。
41piyecshl__sl500_aa300_


Amazonの内容紹介では
「このまま、何も言わずに 愛し続けたいー。
【ストーリー】
1958年。ダーリントン邸の老執事スティーブンスのもとに、以前共に屋敷で働いていた女性ミス・ケントンから一通の手紙が届く。懐かしさに駆られる彼の胸に20年前の思い出が蘇るーー。
当時、主人に対して常に忠実なスティーブンスと勝ち気なケントンは仕事上の対立を繰り返していた。
二人には互いへの思慕の情が少しずつ芽生えていたが、仕事を最優先するスティーブンスがそれに気づくはずもなかった。
そんな中、ケントンに結婚話が持ち上がる。それを知ったスティーブンスは激しく動揺するが…。」となっていました。
執事って昔から憧れの職業。 といってもなりたいという意味ではなく持ちたいっていう憧れ。
主人公のスティーブンスはアンソニー・ホプキンス。上手だねぇ。ミス・ケントンはエマ・トンプソン。そういえばこの前の映画で恋していたヒュー・グランドもでていました。今回の役はあんまり好きじゃないかな。
でもさ、やっぱりミス・ケントンはあの時辞めて結婚せずしっかり言葉で伝えるべきだったのよ、スティーブンスに。好きなの、一緒になってって。というか結婚したまま夫婦でお屋敷を切り盛りしちやえばよかったのよね。
仕えていた卿がもっと違う立場の、つまりヒトラー主義者じゃなければもっと仕えやすくてミス・ケントンも残りやすくて変わっていたかもいれないのにね。
そして最後もさ、米国人のルイスに仕える相手が代わったその時、ベン夫人がメイド頭になったなら離婚してそしてスティーブンとともに老後を過ごせたろうに。  なんというタイミングで孫が出来るんだ!
とことん縁が無い二人だったのね。 さみしか~
やっぱハッピーエンドが好きです、私は。

じゃあね

« 6/3 今日もお出かけ | トップページ | 6/5 紅茶いっぱい飲んだら »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/54877591

この記事へのトラックバック一覧です: 6/4「日の名残り」:

« 6/3 今日もお出かけ | トップページ | 6/5 紅茶いっぱい飲んだら »

無料ブログはココログ