« 5/11 眠い時間 | トップページ | 5/13 チケット購入 »

2012/05/12

5/12「きつねのつき」

きつねのつき』(北野勇作著 河出書房新社)を読みました。
41ingom1bll__aa300_


表紙の絵とほのぼの感がとてもマッチしていたと思います。
北野さんワールド全開って感じ。
普通の世界ではないのだろう、と思いつつ読んでいたのですが、生物兵器の開発で暴走した兵器に巻き込まれてしまった街に暮らす男が主人公。人間とはいえない体になって天井にへばりついている妻と、実は男もやっぱり人間とは言えないような物になっているらしいのだけど、生まれてきた娘の春子ちゃんの成長がとてもとてもほのぼの。
北野さんが結婚して娘さんが出来てそれで書かれた本なのかなぁと思ってしまいました。本当はどうなんでしょう?
「ふにゅう」を思い出しちゃった。「ふにゅう」のSF版?
でも世界はこことは違っても、父親が娘に向ける愛情は全く変わらなくて、とてもとても優しくて素敵でした。春子ちゃんがホントかわいいの。小さな子供が色々な物を吸収してどんどん大きくなっていく感じが本当にうまく出ているなぁと思いました。
最後は妻がみんなを守ってくれて、そしてちょっと変わった形だけど
お花見が出来てよかったね。とても切なくて、でもとっても暖かくて・・・とてもいいお話でした。
bk1の内容説明では「悪夢の事故が町を呑み込み、その直後、春子は生まれた。私は人の面を身につけながら、私と妻と娘、3人の家を守る。そう決めたのだ…。震災後の世界に贈る、切ない感動に満ちた物語。」となっていました。
そうか、子供が出来たから書いた本ではなく、3.11があったから書かれた本だったのか・・・・


今日は母の日を1日早めて母とランチに行ってきました。 はぁ疲れた。

じゃあね

« 5/11 眠い時間 | トップページ | 5/13 チケット購入 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/54695173

この記事へのトラックバック一覧です: 5/12「きつねのつき」:

« 5/11 眠い時間 | トップページ | 5/13 チケット購入 »

無料ブログはココログ