« 3/5 レッドすげー | トップページ | 3/7「祝もものき事務所2」 »

2012/03/06

3/6「グリフィンとお茶を」

グリフィンとお茶を ~ファンタジーに見る動物たち~』(荻原規子著 徳間書店)を読みました。
51lphtgc4gl__sl500_aa300_


このエッセイ、「本とも」に連載していたのは知ってましたが、PR誌だったのでなかなか手にして読むことが出来ず、月遅れでネットに載っていたけどネットではなかなか読む気になれず、まぁいつか時間があるときに読めばいいやーと思っていたら本になったの。
そしてたまたま図書館の新刊コーナーで見つけたのでぱっと借りてきました。
20のエッセイが載っていたのですが、クマに始まり、途中にはドラゴンやグリフィン(グリフォンはフランス語だったのね。初めて知ったーこの違い)そしてダイモンまで出てきました。
取り上げてある本、読んだものが多かったのでになだかうれしくなったり、もうちょっと日本の昔の話、神話に近いものというか古事記とかも読んでみるべきかなぁと思いつつ、私には難しすぎるので子供向けに易しくした「少年少女世界の名作文学」みたいので読みたいな。
そういえばこどもの頃は本当にそういうのが流行っていた気がする。今もそうなのかもしれないが単に触れる機会がないだけかも。
マメイヌの章を読んだらまたコロボックルを読み返したくなっちゃった。私も外国のお話が大好きだったけど、コロボックルを読んで佐藤さとるさんを知り、日本にもいいのがあるじやない、なんて思ったんだよね。最近は日本の本もたくさん読むようになったけど、社会人になるまではほとんど読んでいなかったもん。それがもったいなかったのか、それとも今読めるだけでも幸せなのか、どっちなんだろうね。
bk1の内容説明では「子どもの本だけでなく、古典や神話でも重要な役割を担っている幻獣や様々な動物たち。日本のファンタジーの旗手が、ファンタジーとは何か、物語が人の心にもたらすものは何かを掘り下げる。『本とも』連載に書き下ろしを追加。」となっていました。

じゃあね

« 3/5 レッドすげー | トップページ | 3/7「祝もものき事務所2」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/54156894

この記事へのトラックバック一覧です: 3/6「グリフィンとお茶を」:

« 3/5 レッドすげー | トップページ | 3/7「祝もものき事務所2」 »

無料ブログはココログ