« 3/13「マルタのやさしい刺繍」 | トップページ | 3/16「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」 »

2012/03/14

3/14「炎路を行く者」

炎路を行く者 —守り人作品集—』(上橋菜穂子著 偕成社)を読みました。
61kmliinmjl__sl500_aa300_


発売を知りすぐ買ったにもかかわらずヒュウゴのことを思い出せずいままで読まずにいたのですが、やっぱり読み出したら一気に読んでしまいました。 守人の外伝です。
でもやっぱりヒュウゴがどんな役割りをしたか思い出せない~ 悲しい私。 読み返したいけど、天と地の守人の2巻だけ手元に無いとよねー
しかし武人ってすごいなー もちんヒュウゴみたいなのばっかりではないだろうけど帝の盾と呼ばれるほど上位の武人たちの心意気はすごいと思います。 その武人の心を持ちつつ平民のならず者に落ちていくのは辛かったろうな。というかヒュウゴはすべてを落としてしまわなかったから生き方を変えることが出来たんだろうけど。
いつも思うけど上橋さんの描く世界はすごいね。生き生きとして細部まで書き込まれていて、とてもいい。ただ私のバカ頭だけが途中で迷子になって「王獣が現われたと?」なんて獣の奏者とごっちちゃにしちゃうのよねー。悲しいことです。
もう一遍短編も入っていたのですがそれは「十五の我には」
バルサが15才でジグロと旅を続けていたこの話です。
ジグロのバルサへの想い、バルサのジグロへの想いがとてもよく描けていました。やっぱりまた読み直さなくっちゃな!
bk1の内容説明は「「天と地の守り人」の物語の狭間で語られることのなかった、アラユタン・ヒュウゴとバルサの物語。題名のみ知られていた「炎路の旅人」と、バルサの少女時代の断片「十五の我には」の2編を収録。」となっていました。

今日は事務研修でした。熊本へ行って久しぶりにランチしました。カフェ・スイッチってところで。
うーん、値段と料理がどうだろう?お高い気がしました。あと種類が少なすぎ?
でも食べた焼肉マヨサンドは美味しかったよ~
事務研修の後は送別会だったけど京は参加しませんでした。代わりにコンタクトレンズの定期健診に行き見えにくくなっていたレンズを換えてもらいました。度数、上げちゃったけどよく見えるようになったからいいかー

さー、明日からは本腰入れて事務所の引越し準備で荷造り開始ですよ。引越しは土曜日。しばらく忙しくなるよーー

じゃあね

« 3/13「マルタのやさしい刺繍」 | トップページ | 3/16「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/54222435

この記事へのトラックバック一覧です: 3/14「炎路を行く者」:

« 3/13「マルタのやさしい刺繍」 | トップページ | 3/16「ファンタスティック・フォー 銀河の危機」 »

無料ブログはココログ