« 2/14 がっかり | トップページ | 2/16 始めたばい »

2012/02/15

2/15「白薔薇と鎖」

やっと白薔薇と鎖 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)』(ポール・ドハティ著 早川書房)を読み終わりました。
51qb1fztmql__sl500_aa300_


イギリスの歴史に詳しければもっと楽しめたと思いました。ただヘンリー8世の時代なので映画で「ブーリン家の姉妹」と「エリザベス」をみていただけでもましかな?アン・ブーリンとか出てきても「あー、はいはい」って感じになれました。
最初のほうはとてもつまんなかったけどさ、後のほうではまあまあてした。語り部はロジャー・シャーロットという90才のほら吹き爺さん。結構下品なことを話すのが好きでさ。色事も大好きなじいさん。
ロンドン塔内の密室で殺人が起き、その後も連続殺人が起こるの。それをロジャーとその主人のベンジャミンが解決していくのだけど、まぁすんなりとはいかないわなぁ。
しっかし中世のロンドンやパリって汚いよねー。不潔で臭くて非衛生的気でぎゃーって感じだよ。子供の頃は押しでドレス姿のお姫様や王子様が活躍している時代がここまで汚いとは思ってなかったなー その点日本はすごいよね。とても衛生的だったと思うよ。
とは言いつつも、その時代のヨーロッパの建物はやっぱ見てみたい。ヨーロッパに行きたいねぇ。
bk1の内容説明では「スコットランド王室をめぐる密室毒殺事件は、海峡を越えた大事件へと発展した?。齢90でもあらゆる欲を失わない怪翁ロジャー・シャロットが若き日の初めての冒険を語る。乱世を痛快に生き抜いた、古今無双の探偵譚が開幕。」となっていました。

今日は会社でいっぱいシュレッダーをかけたら肩と首と腕が痛くて痛くて。凝りまくってしまいました。
だめだなぁ。やっぱりちっとも体力ついてないよ。トホホだねぇ。

じゃあね

« 2/14 がっかり | トップページ | 2/16 始めたばい »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/53992015

この記事へのトラックバック一覧です: 2/15「白薔薇と鎖」:

« 2/14 がっかり | トップページ | 2/16 始めたばい »

無料ブログはココログ