« 12/9「リアル・スティール」 | トップページ | 12/11 いつの間に »

2011/12/10

12/10「クラーケンの島」

クラーケンの島』(エヴァ・イボットソン著 偕成社)を読みました。
51zdn9r55bl__sl500_aa300_


クラーケンと聞くとやっぱり思い浮かぶのはイカの化け物。でもこの本の中のクラーケンはあらゆる動物や植物たちを癒し、海の自然を回復する「海の魂」だったの。おまけに子供もいるんだー
そのクラーケンがやって来る島といわれるところに住んでいるのが年取った船長とその年取った娘たち。まぁおばさんね。おばさんたちはそこで海の伝説といわれている人魚とか、人間とアザラシの合わさったようなセルキーとかストールワームとかでっかい鳥、ブーブリィの世話をしているの。もちろん他の色々な生き物もね。でも後継者を探すために思い切って子供を誘拐することにして、つれてきたのがミネットという少女とファビオという少年。この二人だけならよかったけど、ランバートという嫌なガキまでさらってきちゃってね。
まぁでもなんやかんやでハッピーエンド。よかったーーーー
きっとミネットとファビオはいい後継者になるよ。
でもさ、子供たちの誘拐がわかってからの世間やマスコミの反応が皮肉たっぷりというか、全くもって「そうだよなー」って感じに書かれていてさ。陳腐だよねー世間ってさ。
bk1の内容説明では「あやしい「おばさん」たちにさらわれた子どもたちが連れてこられたのは、伝説の生きものたちのすむ島だった…。ウィットあふれるストーリーテリングが魅力のファンタジー長編。」となっていました。

昨日の晩、ステーキを食べたけどなんだか肉の味がしなくて、今日の昼は焼肉に行きました。といっても「なべしま」のランチなので安く済みましたが。
しっかり「肉」の味を堪能しました。
その前にリゾート温泉古保山に温泉に行って気持ちよかったー
ランチの後は宇土シティに行ってスカートを探したのに、気付いたら皮のジャケットを買ってました。
ま、いいか。いつもチープな服ばっかなのでたまにはまともな服を買っちゃっても。
次の事務研に着ていこーーっと(笑)

そーそー、パソコンの調子がおかしくなってさ。なんかまたクラッシュしたら嫌だから早めに修理に出そうかな。で、その間に使う分として思い切ってノートパソコンをDELLで注文してしまいました。
初めてのノートパソコンだよ。今まではずーーっとデスクトップばっかだったからね。
今日はお金、いっぱい使ったなぁ。
まぁいいかー

じゃあね

« 12/9「リアル・スティール」 | トップページ | 12/11 いつの間に »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/53450459

この記事へのトラックバック一覧です: 12/10「クラーケンの島」:

« 12/9「リアル・スティール」 | トップページ | 12/11 いつの間に »

無料ブログはココログ