« 11/5「マンボウ夢草紙」 | トップページ | 11/7 ベーコン »

2011/11/06

11/6「もいちどあなたにあいたいな」

ありゃーついついもいちどあなたにあいたいな』(新井素子著 新潮社)を読んでしまいました。
51kl1j844hl__sl500_aa300_


久し振りに新井素子を読みました。
んでもって1日で読んでしまっちゃいました。
途中でこれは精神症の話になるのか?ってちょっと警戒したのですが、SFしてるっていい話だったのでよかったーと思いました。
陽湖の章はいったのかなぁ? 父親の妹の和(やまと)こと「やまとばちゃん」が大好きで本当の母親陽湖が嫌いな澪湖がまぁ一番主人公に近い立場。 やまとばちゃんが結婚して10年以上経ってやっとやっと出来た子供が生後5ヶ月で死んでしまってその後の態度が微妙におかしいと気付いた澪湖が高校自体の同級生でオタクだった木塚くんに相談しそして導かれた結果が・・。
なんかね、陽湖の告白の章はあまり好きではない。菅原家の男どもがあまりに家事に無能すぎて私には信じがたいため特に「陽湖2」の章は読んでいて不愉快になってしまった。 澪湖が陽湖を好きになれないって感覚はとてもわかるので、母親の方からの立場のあの章はいらんかったなーと思ってしまった。
しかしオープニングのあの犬に追いかけられ、にいちゃんに助けてもらい、にいちゃんをヒーローとあがめ、そして最終的に「もいちじあなたにあいたいな」の「あなた」がにいちゃんってのもなんか感覚的には解かり辛かったな。
やっぱ新井素子と私の人に関する、家事に関する家族に関する感覚って決定的にずれていると思うので、仕方ないのかも。
ただ、なぞが解け、事実が判明した後澪湖がやまとばちゃんの立場になって考えるところ、あそこはすごくよかった。 そだよね、もし自分そうで、やまとばちゃんの立場となったら・・恐いよね。不幸から逃げたくて、でもそれが本当の不幸を呼んでいるのかもしれない・・・そう考えると辛くて恐いなぁ。
新井素子の本ってホント感覚が私とずれてるーーと思いながら、やっぱり手にとってしまうのよねー なんなんだろうね。(笑)
bk1の内容説明では「なんだか変! いったい何が起きてるの? 大好きな和おばさんは、愛娘を亡くして大きなショックを受けているはずだから、あたしが力づけなくちゃ。でも、それにしても、何かがおかしい。澪湖はその謎を探り始めるが…。」となっていました。

今日はどこにもお出かけしなかったのでした。まぁ1日で本を1冊読んでしまうくらいだから、何もしないぼーっとした日だったんだろうねぇ。
肩は凝っちゃったのでテレビ体操くらいはサボらずにやんなきゃな。

じゃあね


« 11/5「マンボウ夢草紙」 | トップページ | 11/7 ベーコン »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/53177961

この記事へのトラックバック一覧です: 11/6「もいちどあなたにあいたいな」:

« 11/5「マンボウ夢草紙」 | トップページ | 11/7 ベーコン »

無料ブログはココログ