« 11/21 夕暮 | トップページ | 11/23 磯鷸之庄 »

2011/11/22

11/22「トビー・ロルネス 1 空に浮かんだ世界」

昨日トビー・ロルネス〈1〉空に浮かんだ世界』(ティモテ・ド・フォンベル著 岩崎書店)を読みました。
51g4kjr2ul__bo2204203200_pisitbstic


主人公は1.5ミリの13歳の少年トビー。
舞台はでっかい木。トビーたちの地球と言っていいその木。
人間たちはやっぱり金に目がくらみ、恐怖政治に恐れるの。
親友と思っていた友達すら金に目がくらみトビーを追いかける奴らに混じってるしさ。でもニルスは偉かった。最初はうっかりだったけど、その後は命をかけてトビーを庇うの。そしてその勇気に父親が気付いて・・・あのシーンは泣いちゃったな。
家族に見栄はって家に戻れなくなってる少年とか、ホント人間世界そのものって感じ。
トビーの家族、きっと最後には幸せになれるよね?
頼むよ。
bk1の内容説明では「【サン・テグジュペリ賞】トビー・ロルネスは身長1.5ミリの少年。両親と親友に囲まれ、大きな木で幸せに暮らしていた彼の生活は、ある事件をきっかけに一変した。両親は投獄され、何千人もの狩人に追われる身となったのだ…。」となっていました。

朝は昨日より冷えていたけど、夕方は雲が厚かったせいか14度くらいでした。
なのにヒートテックに長袖Tシャツ、半そでTシャツにジャンバー着て歩いたので途中から暑くなっちゃったよ。

明日は休み。 ゆっくり寝たいなぁ

じゃあね


« 11/21 夕暮 | トップページ | 11/23 磯鷸之庄 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/53307525

この記事へのトラックバック一覧です: 11/22「トビー・ロルネス 1 空に浮かんだ世界」:

« 11/21 夕暮 | トップページ | 11/23 磯鷸之庄 »

無料ブログはココログ