« 11/13「エリザベス女王のお針子」 | トップページ | 11/16「二番目のフローラ 下」 »

2011/11/15

11/15「二番目のフローラ 上」

二番目のフローラ 上 (一万一千の部屋を持つ屋敷と魔法の執事)』(イザボー・S・ウィルス著 東京創元社)を読みました。
51zl21s8gsl__sl500_aa300_


何か不思議な世界が舞台。 ダイアナ・ウィン・ジョーンズの描く世界みたい。
主人公のフローラの母親は陸軍大将。ものすごく偉く権力もあるみたい。そしてすごく忙しいの。元は一万一千の部屋を持つ屋敷に住んでいたのだけど、魔法の執事を母親が追放したため荒れ果てた屋敷の片隅に狂った父親と普段は二人と犬、馬とともに住んでいるのがフローラ。
ある日たまたま魔法の執事が閉じ込められていた図書室に迷い込みそれから執事バレフォールの力を借りれるようになったのだけど・・
友達のウードとともに彼の英雄であるおしゃれ海賊、フローラが憧れている秘密部隊のボーイ・ハンセンを絞首刑から助けようと動き出すのだけど・・・・ってところで下巻に続きます。
母親が何故執事を追放したのか、そこがこの話の核になりそうねぇ。
最初のフローラもどこかに生きていそうだけどなぁ。
bk1の内容説明では「一万一千の部屋を持つクラックポット屋敷に住む少女フローラは、ひょんなことから屋敷内の図書室に迷いこむ。そこで、とうの昔にママから追放されたはずの魔法執事に出会い…。愛と冒険に満ちた摩訶不思議なファンタジー。」となっていました。

寒くなったねー
会社で寒くて手が冷たくて、足が冷えて・・・ でも室温は20度以上あるのよ。不思議ねーー
こっそりレッグウォーマー吐いてようかと思ったくらい。昼休み、ご飯食べる間はスカーフを首に巻いていました。午後はダウンのジャンバーをひざ掛け代わりにしていたのだ。なんかまだ暖房のスイッチ入れるには早いかなぁと思い、我慢していたけど、これで風邪ひいてもなぁ・・・・
ま、でも着たり掛けたりで我慢できる間は頑張ろう。

じゃあね


« 11/13「エリザベス女王のお針子」 | トップページ | 11/16「二番目のフローラ 下」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82222/53254667

この記事へのトラックバック一覧です: 11/15「二番目のフローラ 上」:

« 11/13「エリザベス女王のお針子」 | トップページ | 11/16「二番目のフローラ 下」 »

無料ブログはココログ